「 結婚・結婚式の悩み 」一覧

結婚式でブーツはマナー違反?冬は履き替えOK?クロークに預ける時の注意は?

結婚式でブーツはマナー違反?冬は履き替えOK?クロークに預ける時の注意は?

冬の結婚式や披露宴に出席するとき、雨や雪が降っていると寒さ対策のためにブーツを履いていきたくなりますよね。結婚式や披露宴にブーツで出席するのはマナー違反なのか、式場でブーツを靴に履き替えるのは問題ないのか、クロークに預けるときのポイントについてご紹介します。

北海道の会費制結婚式に出席する時の立場別ご祝儀相場と渡し方紹介

北海道の会費制結婚式に出席する時の立場別ご祝儀相場と渡し方紹介

北海道や青森県などの一部地域では、結婚式(披露宴)を会費制で行うのが一般的です。基本的にご祝儀は不要なのですが、相手との関係性によってはご祝儀を用意することもあります。兄弟・親戚・いとこ・友人など立場別のご祝儀相場や、ご祝儀の渡し方のマナーについてご紹介します。

結婚報告と喪中が重なったら年賀状や喪中はがきは?寒中見舞い文例紹介

結婚報告と喪中が重なったら年賀状や喪中はがきは?寒中見舞い文例紹介

入籍や結婚式を挙げた翌年の年賀状を、結婚報告を兼ねた内容で送ろうと考える人は多いのではないでしょうか。しかし、結婚報告と喪中が重なってしまった場合、年賀状はどのようにしたらよいのか悩みますよね。寒中見舞いに結婚報告を兼ねる場合の文例についてご紹介します。

結婚式が秋冬の場合タイツや黒ストッキングはあり?柄入りでも良い?

結婚式が秋冬の場合タイツや黒ストッキングはあり?柄入りでも良い?

秋から冬の時期に結婚式にお呼ばれした時、厚手のタイツを履きたいと考えたり、黒色のストッキングを選ぼうとする方も多いと思いますが、マナー違反ではないのでしょうか?秋冬の結婚式に出席する際のタイツやストッキングの色や柄など、足元についてのマナーをご紹介します。

結婚式にタイツはマナー違反?足にアトピーや傷ある時の服装おすすめは?

結婚式にタイツはマナー違反?足にアトピーや傷ある時の服装おすすめは?

結婚式にお呼ばれした時、足元にアトピー跡や火傷、怪我による傷などがあり、 タイツを履いて隠したい…と悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。結婚式の服装でタイツを履くのはマナー違反なのか、アトピーや傷を目立たなくしたい人に おすすめの足元アイテムや服装についてご紹介します。

結婚式が雨の場合の靴の履き替えや服装の注意点 折り畳み傘が良い?

結婚式が雨の場合の靴の履き替えや服装の注意点 折り畳み傘が良い?

結婚式を挙げる側だけでなく、参加する側も気になってしまうのが天気予報。雨や雪が降ったり、台風により強風に見舞われると、お気に入りの靴や服が汚れてしまうだけでなく、体調を崩す原因にもなりかねません。また、濡れた格好で結婚式や披露宴に参加するのは避けたいですよね。雨の日でも安心して結婚式に参列するために、準備した方が良い持ち物や注意点についてまとめました。

北海道の会費制結婚式はご祝儀不要?お祝いの相場と嬉しいプレゼントとは

北海道の会費制結婚式はご祝儀不要?お祝いの相場と嬉しいプレゼントとは

北海道は冠婚葬祭の習慣が本州と異なる部分があり、その中でも有名なのは、結婚式(披露宴)を会費制で行う人がほとんどだということです。本当にご祝儀は不要なのか?会費だけではなく、お祝いを渡したい場合の相場はどれくらいなのか? 招待制でご祝儀を渡す習慣のある人が北海道の会費制披露宴に参加する場合、戸惑うことが多いと思います。北海道で生まれ育った私が、北海道の結婚時のお祝い事情についてご説明します。

結婚式の招待状が届いたけど欠席する場合のマナーや書き方 お祝いは?

結婚式の招待状が届いたけど欠席する場合のマナーや書き方 お祝いは?

結婚式(披露宴)の招待状は、事前に出欠の確認をとった上で、出席できるという方にお送りするのが基本(マナー)になってます。というのも、結婚式の招待状に「欠席」欄があるのは建前上のことで、招待状に「欠席」で返信することは失礼にあたることとされていたようです。しかし、やむを得ない都合で出席予定だったけれど欠席せざるを得ないこともありますよね。招待状を頂いてから欠席で返事をする場合のマナーや返信ハガキの書き方、どのようにお祝いをすべきかをご紹介します。

北海道の会費制結婚式のマナーまとめ ご祝儀は不要?会費の出し方は?

北海道の会費制結婚式のマナーまとめ ご祝儀は不要?会費の出し方は?

本州で生まれ育った人が、北海道での会費制結婚式に参加することになると「会費制?招待制とどう違うの?」と戸惑うことが多いのではないのでしょうか。私は生まれも育ちも北海道ですが、社会人になるまで会費制が当たり前だと思っていたほど、北海道では会費制が主流です。独特の文化ですが、実はとてもわかりやすい仕組みで、参加される側にとっても負担の軽い面もある会費制。参加されるときに戸惑わないためのマナーをご紹介します。