結婚式が秋冬の場合タイツや黒ストッキングはあり?柄入りでも良い?

秋から冬にかけての時期に結婚式にお呼ばれした時、時季的に厚手のタイツの方が良いんじゃないか…防寒にもなるし…と考える方が多いようです。

また、秋冬のコーディネイトはシックな色合いが多いことから、あえてベージュではなく黒色のストッキングを履こうかなと考えている人もいらっしゃいます。

秋冬の結婚式に出席する際のタイツやストッキングの色や柄など、足元についてのマナーをご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式に秋や冬に出席するときにタイツを履くのはあり?

季節に限らず、フォーマルの場に出席する際のマナーとして、タイツを履くのはふさわしくないとされています。

タイツはあくまで普段着用のカジュアルな防寒アイテムという位置づけです。これは黒タイツに限ったことではなく、おしゃれなカラータイツや柄物のタイツも同様です。

足の傷やアトピー跡を隠すためにどうしても厚手のタイツを着用する場合は、遠くから見ても悪目立ちしにくい肌色を選ぶようにしましょう。

足にコンプレックスや隠したい部分がある方は、「結婚式にタイツはマナー違反?足にアトピーや傷ある時の服装おすすめは?」を参考にしていただければ幸いです。

会場までの行き帰りが寒い場合は…

秋や冬の結婚式は外の風が冷たく、雪が積もる地域ではなおさら、防寒としてタイツを履きたくなることもありますよね。

行き帰りだけタイツを履いていき、披露宴会場のお手洗いや更衣室で履き替える分には問題はありません。そのときは、ストッキングの上からタイツを履いていって、脱ぐだけの方が手間がかからないのでおすすめです。

また、人より寒がりで会場内での寒さが不安…という場合も、タイツを履くのではなく肌色ストッキングを2枚重ねばきしましょう。薄手のストッキングでも2枚重ねることで、保温効果がまったく違います。

スポンサーリンク

結婚式にお呼ばれしたときに履くストッキングは黒でも良い?

結婚式でタイツを履くのはマナー違反とわかったところで、ストッキングを選ぶ場合、ベージュではなくて黒色のストッキングでも良いのでしょうか?

これについても、正式なマナーとしてはNGです。黒のストッキングは通常お葬式などの弔事で使うもので「喪」を連想させるので、慶事である結婚式にはふさわしくありません。

実際のところ、結婚式や披露宴で黒や茶のストッキングを履いている人を見かけたことが私自身あります。私や周りの友人の間で、特別そのことが話題になることもありませんでした。

しかし、結婚式には老若男女様々な方が集まり、考え方も人それぞれです。中には「結婚式に黒いストッキングを履いてくるなんてなんて非常識!」と思う方もいるかもしれません。

また、「こんなマナーに疎い知り合いのいる新郎・新婦って…」と主役である新郎・新婦の印象を下げてしまう可能性もあります。

一般的なマナーとして、季節を問わず結婚式では肌色のストッキングを身に着けるようにしましょう。

1.5次会や2次会に参加する場合は?

友人だけが招待された結婚披露パーティーや、カジュアルな1.5次会や2次会から参加される場合は、服装も少しカジュアルダウンされる方もいるので、足元も黒ストッキングやカラータイツでコーディネートしても問題ないでしょう。

カジュアルダウンするとはいえ、あまりにも奇抜な格好全身黒づくめの格好は、華やかなお祝いの場でのマナーとして避けるべきです。

結婚式にお呼ばれしたときに履くストッキングは柄入りでも良い?

本来、結婚式などのフォーマルの場で履くストッキングは、肌色(ベージュ)の無地のストッキングと決められています。

しかし、足首などにワンポイント飾りが付いていたり、全体に軽くラメが施されたものであれば、華やかなパーティースタイルにも合いますし、身に着けても問題ありません。細かく格子柄が入ったものもオシャレですね。

全てではありませんが、デザインが施されたストッキングは強度に不安があるものが多い傾向にありますので、予備のストッキングも忘れずに持っていくようにしましょう。

全体に柄が入っているものや、遠くから見て悪目立ちするようなデザインはフォーマルドレスには合わないはずですので、避けておくべきです。あくまでも「シンプルで華美でないもの」という基準を守りましょう。

まとめ

マナーについては、インターネット上や友人との間でも、意見が二つに分かれている場合も多くあります。そういったとき、あくまで私の場合ですが「迷うくらいなら保守的(無難)な方を選ぶべき」と考えるようにしています。

「黒ストッキングは私だけかな?」「何か思われたらどうしよう?」と余計なことを心配しながら参加するよりも、無難に肌色ストッキングを身に着けたほうが、心の底から結婚式を楽しめるのではないでしょうか。

せっかくの華やかな場を心から楽しめるように、マナーを守った服装を準備していきましょう。

スポンサーリンク

⇒結婚式にお呼ばれした時についての記事一覧はこちら★