トライワイマックスの感想レビュー 速度確認とワイモバイルとの比較

我が家は転勤族で、引越しなどで転居する際に手数料のとられる固定回線は引かずにポケットWi-fiでインターネットをしています。

現在使っているのはY!mobileの305ZTですが、月7Gまでという速度制限があります。

ちょうど2年間の契約更新が近づいてきたので、多少金額が上がっても使い放題のプランにしたいと考え、WiMAXの契約を考え始めました。

そして転勤により引越しをすることになり、転居前と転居後、ワイモバイルとワイマックスでどれくらい速度が変わるのかを試してみることにしました。

TryWiMAXの申込みから届くまでの流れや、速度確認の結果を残しておきます。

スポンサーリンク

トライワイマックスで15日間お試しした感想

Try WiMAXの申込みから届くまで

トライワイマックスというのは、登録料、通信料、レンタル料、配送費用などが一切かからずに、モバイルルーター(ポケットワイファイ)を15日間試せるというサービスです。

Try WiMAXレンタル
http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/

まずは「ピンポイント判定」というもので住所ごとの繋がりやすさを確認することができますが、転居前と転居後いずれの住所も結果は「○~△」でした。ちなみにどちらも北海道で、札幌や旭川ではない田舎です。

ご利用可能と思われます。
ただし、建物周辺の地形、建物形状、建物内の利用階数・窓からの距離・利用場所等により通信しにくい場合や、圏外となる場合があります。

一番最新かつ希望機種の「WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX03」をレンタルしたかったのですが、在庫状況が「×:在庫なし」だったので、そのひとつ前の「WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX02(クレードルセット)」を選びました。

申込みをしたのが土曜日の午後4時。「遅くても2日以内に出荷手続きをします。」と申込後に表示されていましたが、翌日の日曜日の午後1時に出荷完了メールが届きました。

神奈川県から北海道への郵便物等は2日かかるので、予定通り2日後の火曜日にゆうパックで到着。ちなみに受け取りは転居前の家で、15日間のうちに引っ越して、転居後の家でも試してみようという考えです。

気を付けなければいけないのは、発送日から返却日までが15日間だということです。発送日が1日としたら、3日に到着して13日に返送手続き、15日に返却完了となるので、実際に試せるのは10日間前後ということですね。

発送完了メールには返送期限がしっかりと記載されています。

同封されていたもの

DVDやCDをレンタルするときのような、布で出来たケースに入って送られてきました。

・機器本体&クレードル&ケーブル
・返却用のゆうパック伝票
・端末リセット(表面)と返却方法(裏面)が書かれた厚紙
・取扱説明書(つなぎかたガイド)
・お電話受付限定のキャンペーン案内

まずは、同封されている案内に沿って、端末のリセット(初期化)をしました。到着した時は【2.2GB/7GB】と表示されていたのが【0.0GB/7GB】となったので安心。

ネット上では「前にレンタルした人が7GB近くまで使っていると、すぐに速度制限がかかるので月初にレンタルすべき」と書いている人もいましたが、前にレンタルしていた人の使い方に関係なく、最大の7GBまで使えるということですね。

接続方法もガイドに書いてあり、端末裏面のパスワード暗号化キーを入力して簡単に接続できました。

ワイマックスを使用した場合の速度を確認

私がレンタルした「WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX02(クレードルセット)」は、下り最大220Mbps対応機種ということで、少し期待していました。

速度の確認は、無料で確認できる日本語のサイトの以下2つで試してみました。

*USENスピードテスト
http://www.usen.com/speedtest02/

*速度.jpスピードテスト
http://zx.sokudo.jp/

まずは、転居前の家での数値です。

USEN   5.22Mbps
速度.jp  11.50Mbps

そして、転居後の家での数値です。家の中で何か所か置いて試しましたが、場所による差はありませんでした。

USEN   5.34Mbps

速度.jp   9.30Mbps

どちらにせよ低いですね。220Mbpsどころか10Mbpsもなかなか超えられない…ちょっと残念です。住所によるピンポイント判定で「○~△」と表示されたのもわかるなという結果でした。

しかし、私のメインであるネットサーフィンやブログ作成をするという目的では、そこまでストレスを感じませんでした。ためしにYouTubeを開いてましたが、途中で止まるということなく動画を観ることができました。

時間帯や風向き、周辺での使用状況など、そのタイミングで接続速度は変わってくるようですね。

スポンサーリンク

ワイマックスとワイモバイルの速度の違いを比較

今まで2年近く使用しているY!mobileのポケットワイファイでも速度を測定してみました。使用している端末は305ZTです。

まずは、転居前の家での数値です。

USEN   31.00Mbps(WiMAXだと5.22Mbps)
速度.jp     69.98Mbps(WiMAXだと11.50Mbp)

そして、転居後の家での数値です。

USEN   12.13Mbps(WiMAXだと5.34Mbps)
速度.jp     26.97Mbps(WiMAXだと9.30Mbps)

どうやら前の家の方が接続環境は良かったようです。しかし、転居後の家での数値で比べると、差が大きいですね。

ちなみに両端末の比較は続けて行っているので、時間帯や天気はほぼ同じ環境です。

Y!mobileに比べて半分程度の速度しか出ない場合もあるようですが、「ネットサーフィンがメインで、短時間の動画閲覧」という我が家の使い方なら、WiMAXでも問題ないことがわかりました。

私はキャッシュバックが高額で、2年間での総支払額が一番安くなった、とくとくBBで申し込もうと思っています。

とくとくBBの高額キャッシュバックを忘れずに貰うための対策は、とくとくbbでwimaxのキャッシュバックを忘れず確実に受け取る方法【体験談】をお読みください。

まとめ

実家などで光回線にWi-Fiで繋ぐと、そのスピードや快適さに惹かれてしまいます。しかし、短期間での転勤が多い我が家にとっては、転居の手続きで1万円以上請求される固定回線を引く選択肢は選びにくいです。

スマートフォンのデータプランを家族2人とも下げ、ポケットWi-Fiの方を使い放題のプランにすることにより、今より固定費を2千円以上下げることができるのでWiMAXを本契約することに決めました。

スポンサーリンク

もし、次の転勤が発表になった時には、部屋探しにはポケットワイファイも一緒に持っていき、繋がりやすさを確認しようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする