とくとくbbでwimaxのキャッシュバックを忘れず確実に受け取る方法【体験談】

我が家は転勤で頻繁に引越しがあるため、自宅では固定回線ではなくポケットwi-fiでインターネットを繋いでいます。

今回、Y!mobileからWimaxに乗り換えるに当たり、キャッシュバックが一番高額だったGMOのとくとくBB経由で申し込みをしました。

2年間の総支払額で一番特になった今回のとくとくBBでの契約ですが、キャッシュバックの受け取り方法がわかりずらく、理解していなかったり忘れていたために、残念ながら受け取れないという方がたくさんいるようです。

契約後にたった1つの「あること」をしておくだけで、キャッシュバックを貰い忘れる可能性がグッと低くなります。ぜひやっていただきたい、その方法をご紹介します。

スポンサーリンク

とくとくbbでwimax契約後のキャッシュバックの受け取り方法は?

とくとくbbでwimaxを申込んだ理由

私が申し込んだ時、GMOのとくとくBBというプロバイダーのキャンペーンでは、最大30,300円がキャッシュバックでした。

プロバイダの中には、とくとくBBのようにキャッシュバック額が高額なものもあれば、Broad Wimaxのように月額使用料が安いところ、キャッシュバックをすぐに受け取れるところなど、それぞれ特徴と違いがあります。

しかし、私が申し込みを考えたときに実施されていた各種キャンペーンで、2年間の総支払額(キャッシュバック受け取り後)で比較したところ、とくとくBBが一番安くなりました。

とくとくBBでWimaxを購入した場合

・契約1か月目~2か月目 3,609円
・契約3か月目~24か月目 4,263円
・キャッシュバック額 27,500円

(3,609円×2月)+(4,263円×22月) ー 27,500円 = 73,504円

キャッシュバックが最大の30,300円ではなく27,500円になった理由は、TryWimaxでお試しした結果、家の位置は電波があまり良くないため、クレードルに通信性能を向上させるアンテナが埋め込まれているWX03という機種とクレードルのセットを選んだからです。

TryWimaxについて詳しくは、トライワイマックスの感想レビュー 速度確認とワイモバイルとの比較をお読みください。

とくとくbbでのキャッシュバックの受け取り方法

とくとくBBでwimaxを申込んだ後のキャッシュバックは、すぐに受け取ることはできません。

申込み前のページの「ご注意事項」や、申込後に発行される「ご契約内容のご案内」にもこのように書かれています。

キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。

キャッシュバックのお受け取りに関してはキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールをご確認ください。

なお、振込時期までに解約した場合や、指定口座確認の案内メールの送信日より翌月の末日までに受取口座を連絡しなかった場合も、キャッシュバック特典は受け取れなくなります。

キャッシュバックを受け取り損ねてしまった人の一番のうっかりポイントは、指定口座確認のメールは基本メールアドレス宛に届くという部分です。

基本メールアドレス宛とはどういうこと?

基本メールアドレスというのは、あなたがwimaxを契約するときに「お客さま情報の入力」で、この赤い枠内に自分で希望した英数字を使ったアドレスになります。

その下の「登録受付確認メールアドレス」ではありませんよ。

この基本メールアドレスは、GメールやYahooメールと同じようなフリー(無料)メールアドレスで、とくとくBBの運営元のGMOからプレゼントされるようなものです。もちろん、メールマガジン購読や通常のやり取りで使用することもできます。

しかし、ほとんどの方が登録はしたものの基本メールアドレスは使わずに放置するでしょう。

端末発送月から11か月後にキャッシュバックのメールが届いたとしても、アドレスの存在を忘れていて受け取り損ねるというのが失敗するパターンです。

Wimax申込みからキャッシュバック受け取りまでの流れ

端末の発送日についは、機種や申し込み状況により異なります。

①申し込みを完了させる(5月10日)
②端末が発送される(5月11日)= 端末発送月は5月
③指定口座確認の案内メールが「基本メールアドレス」に届く(4月中)
④入金口座をWimaxへ指定の方法で連絡する(5月末日まで)
⑤連絡した入金口座へ振込される(5月末もしくは6月末営業日)

(カッコ)内は仮の日付ですが、このような流れになります。

スポンサーリンク

とくとくbbからのキャッシュバック案内メールを忘れずにチェックするための対策

GMOが作ってくれた基本メールアドレスを使うようにしたり、欠かさずチェックしていれば受け取り忘れることは無いのですが、やっぱり面倒ですよね。

そうならないための対策は、基本メールアドレスに転送設定をするということです。

普段使わないアドレスに送られてきてしまうから気づかずに埋もれていってしまうのであって、同じメールが欠かさずチェックするアドレスにも送られてくるのであれば、見落としの可能性は減ると思いませんか?

GMOの基本メールアドレスからの転送設定方法

Wimax購入後(とくとくBBに加入後)の契約や通信料の確認や、オプションサービスの解約、各種変更等の手続きは、BBnaviというページにログインして行うことになります

BBnaviのログインは、この会員サポートページからすることができます。

とくとくBB 会員サポートページ
http://gmobb.jp/support/

会員IDと会員パスワードは後日届く「GMOとくとくBB登録証」に書かれていますが、クレジットカード支払いで登録した方は申込完了画面に表示されるので、「登録証」が届く前にログインすることも可能です。

ログイン後、赤い丸で囲ってある「メールの転送設定」をクリックします。

基本メールアドレスが選択されていることを確認して次へ進み、転送先メールアドレスに普段自分が使っているメールアドレスを入力して、「追加」をクリックします。

これで終わりではありません。転送先メールアドレスに確認メールが送られているはずなので、その確認メールのリンクをクリックします。

携帯電話等の端末からはアクセスする事ができない場合があります。その場合は、この確認メールを他のパソコン等の端末へ転送し、その端末からアクセスしてください。

ページが開いて【設定完了】と表示されていたら、無事に転送設定できたということになります。

このように事前に転送設定しておくことにより、キャッシュバックの案内メールを普段使わない基本メールアドレスだけでなく、普段からチェックしているアドレスにも送られてくることになるので、見落とす可能性が減るはずです。

転送が上手くいっているか心配であれば、基本メールアドレス宛に自分の他のアドレスや家族や友人にお願いして、何でもいいのでメールを送ってみましょう。

私はクレジットカード支払いで登録したので、転送設定は申込後すぐに行いました。その後、機材の出荷手配完了メールや、出荷完了メールもきちんと転送されてきていたので、いちいちとくとくBBにログインして確認しなくて良いのは楽だなと感じています。

念には念を入れたいという慎重派の方は…

これはまさに私のことなのですが、11か月の間に「転送先のメールアドレスをうっかりアドレス変更しちゃった!」なんてミスをすると、当たり前ですが転送されなくなってしまいます。

とにかく大切なのは、11か月後に基本メールアドレスをチェックするということなので、GMOとくとくBB 会員サポートのWEBメールログイン画面を、パソコンのデスクトップやスマホのトップ画面に貼り付けておいてはいかがでしょうか?

毎日目に入るところに貼っておけば「あれ?これなんだっけ?」とたまに気になって、キャッシュバックの受け取りのために貼っているということを思い出すはずです。

これで安心して、キャッシュバックの高額なとくとくBBで申し込むことができますね。

まとめ

キャッシュバック額が高額なのに惹かれて申し込みをしたのに、そのキャッシュバックを受け取れないというのは本当に悔しいですよね。高額なので悔やんでも悔やみきれないと思います。

11か月後のカレンダーや手帳に書いておくという方法もありますが、ほぼ1年後のことですし、1月に申し込まない限りは「来年のスケジュール」という厄介なことになりますよね。

スポンサーリンク

今はSNSを使う人も多く、メールはあまり使っていないという人もいるかと思いますが、各種申し込みや設定に使う1つのアドレスだけは最低でも週に1回確認するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする