楽天モバイルへmnpで乗り換え開通は電話で!受付時間は?土日祝も可能?

私は最近、電話番号がそのまま使えるナンバーポータビリティ(MNP)で、ドコモから楽天モバイルの通話SIMに乗り換えました。

docomoでMNP予約番号を取得し、楽天モバイルの申し込みの際にその予約番号を伝える(入力する)ことになるのですが、楽天モバイルでのMNP手続き方法には2通りあります!

元の携帯会社から楽天モバイルへの不通期間が少なく即日開通が可能な、電話でのMNP開始連絡についてご紹介します。

スポンサーリンク

楽天モバイルにmnpで乗り換えるなら開通は電話が便利!

今使っている電話番号を、そのまま新しい携帯電話会社で利用するためにはナンバーポータビリティ(MNP)の手続きが必要というのは有名な話ですね。

楽天モバイルの店舗がは少ないので、パソコンやスマホからインターネット上で新規申し込みを行う方が多いと思いますが、その新規申し込みの際にMNP予約番号を入力することになります。

ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルなどのMNP予約番号の予約受付窓口や受付時間は、楽天モバイルHPでも調べることができますよ。

MNP予約番号の有効期限は発行日を含め15日間ですが、楽天モバイルをWeb申し込みする場合は有効期間が【10日以上】残っていることが必要です!

楽天モバイル申込時に選択する開通方法2種類とは

楽天モバイルの申し込みで、契約プランや(機種も購入する場合は)購入端末などを入力し進めていくと、「MNP(携帯番号ポータビリティ)のご利用」という入力必須項目があります。

【今お使いの電話番号を引き継ぐ(MNP)】を選択し、必須項目となっている【MNP対象電話番号】【MNP予約番号】【MNP予約番号の有効期限】を入力します。

注意する部分は、緑色で囲った画像中央あたりの部分です。

自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する方法

こちらの方法だと、不通期間(電話やネットが使えない期間)がほぼ無い状態で、スムーズに乗り換えることができてオススメです。

自宅に新しい端末やSIMカードが届いたら、通話料無料の「楽天モバイル開通受付センター」に電話をすることで、MNPでの転入が完了するという流れになります。

「自宅から」となっていて紛らわしいですが、自宅の固定電話という意味ではなく「MNP対象の電話番号から」と説明した方がわかりやすいですね。

なので、家から出かけて職場や外出先でも、今まで使っていたスマホ・携帯電話から掛ければ問題ありません。

電話連絡後、所要時間15分~最大60分程度でMNP切り替えが完了しますので、説明書どおりに初期設定を行うと、新しい端末で電話やネットを利用できるようになります。

電話連絡なしでSIMカードが到着したら開通する方法

画像中央の緑色で囲った部分にチェックを付けなかった場合は、どのように開通となるのでしょうか?

この場合は、端末やSIMカードが到着し受け取った後、説明書どおりに初期設定を行うと、新しい端末で電話やネットが使えるようになります。

問題は到着後ではなく、楽天モバイルの申込後です。

申し込みと同時にMNP手続きが完了となるため、申込後から端末やSIMが届くまでの間、通話やネットが使用できなくなってしまいます。

配送日時を指定しない最短の場合でも2日かかりますし、在庫状況や郵便事情によっては更に長くなる場合も。

到着までの間、電話がまったく使えないというのは不便かつ心配ですよね?

特別な理由がない限り、こちらの方法を選ぶ人は少ないかな?と思いますが、電話をする手間を省くことができるのは確かです。

スポンサーリンク

楽天モバイルのmnp開通のための電話受付時間は?

「楽天モバイル開通受付センター」は、通話料無料で24時間対応となっています。

オペレーターへ繋がるタイプではなく自動音声による案内なので「なんて説明しよう?」と緊張する必要もありません。

ただし、24時間対応とはいえ掛ける時間によって、切り替え完了時刻には差が出てくるので気を付けましょう!

9時00分~20時59分までに開通受付が完了した場合
→当日中に切り替えが完了(所要時間は15分程度)

21時00分~翌8時59分までに受付が完了した場合
→9時00分以降に切り替えが完了(所要時間は60分程度)

【開通受付】というのは、開通受付センターに電話を掛けて手続きが終了した時刻ですが、20時59分直前だった場合は翌9時以降の切替になる可能性があるので、時間には余裕を持つことが必要となります。

開通受付センターに電話してから切替完了までにかかった時間は?

私が開通受付センターに電話したのは、平日の14時頃という特別混雑するような時間帯ではなかったので、電話はすぐ繋がりました。

自動音声案内の電話を切った後、すぐに初期設定を始めましたが、10分後くらいには電話を掛けることができたので所要時間は短くなることもあるようです。

開通受付センターに電話をしなかったらどうなる?

無いとは思いますが、もし何らかの事情で開通受付センターへ電話をしなかったらどうなるのでしょうか?

この場合は、MNP予約番号の有効期限最終日に開通処理が自動的に実施されるので、結果的に楽天モバイルへの乗り換えは完了することになります。

開通受付の電話をして、MNPの切り替えが完了したタイミングで元の携帯会社との解約が自動的に成立することになります。

そのため、開通手続きが完了するまでは前の携帯会社の料金が発生することになります。

楽天モバイルのmnp開通の電話は土日祝や正月でも繋がる?

24時間対応してくれる楽天モバイルの開通受付センターですが、1月1日の乗り換えを検討していたので、チャットでオペレーターの方に確認してみました。

すると、土曜日・日曜日・祝日はもちろんのこと、1月1日も開通センターへの電話は通じるとのことでした。

料金プランなどの関係で1日付けで切替したい場合や、土日祝しかSIMの受取ができない場合も安心ですね。

開通受付センターは日時によって繋がりにくいことも?

私は平日の昼間という混みあう時間帯とは言えないタイミングでしたが、「電話がつながるまで時間がかかった」という話も聞きます。

土日など週末が仕事・学校がお休みの方が多いので、時間によっては回線が混雑して繋がりにくいこともあるかと思います。

ただ、夜中の12時近くなど一般的に混雑しないと思われる時間でも「かなり待たされた」「繋がらない」というケースもあるようなので、その場合は、開通受付センター側の電話の不具合などがあるかもしれません。

「絶対にスマホが必要」などという急を要するタイミングを避けて、時間に余裕のある日を端末・SIMの配送予定日に設定することをお勧めします。

まとめ

楽天モバイルは、公式サイト上で「チャットサポート」が受けられるので、利用前や申込途中でわからない点があっても気軽に問い合わせることができます。

私もわからない点などを申込前にチャットで聞きましたが、とても丁寧に教えてもらえましたし、回答が文字で残るのでメモに残すことができるのも良いです。

この記事を参考にして、楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてくださいね。

docomoのiPhoneをお使いの方は、こちらもぜひチェック!
CHECK⇒ドコモ解約前にケータイ補償でiPhone交換した流れと注意☆ポイント利用可能?