胸の谷間の汗対策と汗取りパッドを紹介 かゆみやあせもはどうする?

夏の間、胸の谷間にかく汗に悩まされる女性は少なくないと思います。

胸の大きい人はもちろんですが、小さめな人でも胸の間は空気の流れが起きにくいので、汗をかいたときにどうしても溜まりやすくなってしまいます。

肌が弱いと痒みや汗疹が出てきて悩まされることも…。汗による臭いも気になりますよね。

衣服の下の見えないところで女性が行っている汗対策や、便利な汗取りグッズについて紹介します。

スポンサーリンク

胸の谷間にかく汗の対策

胸の谷間に汗をなるべくかかなくする方法や、不快感をなくす方法をご紹介します。

殺菌効果のある制汗剤を使う

脇と同じように、消臭効果や殺菌効果のある制汗スプレーなどを出かける前に谷間に吹きかけておくと、汗をかきにくくなります。

たくさんのメーカーから香りも様々な制汗剤が販売されていますが、資生堂の「Ag+」が抗菌力が強くて、効果も高いと人気です。薬局などで購入することができます。

また、スプレーではなく肌に直接塗るロールオンタイプも増えてきており、ロールオンタイプの方が持続性があると感じる方が多いようです。

谷間にかいた汗をこまめに拭きとる

不快な臭いの原因や、かゆみや汗疹にならないためにも、かいた汗はこまめに拭きとることが大切です。

常に小さめのタオルやタオルハンカチを持ち歩き、休み時間やトイレなどでこまめに汗を拭きとります。摩擦はかえって肌荒れの原因になりますので、軽くおさえる感じで十分です。

もっとスッキリしたい人は、使い捨ての汗拭きシートがオススメです。「さらさらパウダー入り」などと書いてある商品を選ぶと、拭き取った後の肌がさらさらして気持ち良いです。

ベビーパウダーを使う

谷間がくっつくことの不快感や、汗のべたつきを解消するにはベビーパウダーがオススメです。薬局や赤ちゃん用品を売っているお店で購入できます。

薄くパタパタとするだけで、ベタつきを抑えてサラっとさせてくれるので、あせもが出来にくくなった、と言う方も多いです。

ベビーパウダーの塗りすぎは、毛穴づまりを起こしてトラブルになることもあるので気を付けつつ、異常がある場合は医師に相談するようにしましょう。

ブラジャーに吸水してくれるガーゼ類を挟む

谷間にかいた汗がブラジャーの中心部分で溜まってしまい、どこにも吸水されないのが臭いやかゆみの原因となります。

ブラジャーの谷間部分に、ガーゼやガーゼハンカチを挟むようにしましょう。タオルハンカチだとモコモコするので通気性の良い薄手のガーゼタイプがオススメです。

中心部分に挟むだけだと効果が少ないと感じる場合は、ブラジャーとバストの間にガーゼを挟むようにして、ブラジャーとガーゼでバスを全体を覆うようにするのも効果的です。

NGなのが、保湿性の高いコットンを使用することです。確かに汗は吸い取りますが、そのまま乾かず汗疹が発生する原因になってしまいます。手軽に手に入りますが、コットンを挟むのは止めておきましょう。

ブラジャーを夏仕様にする

ブラジャーは1年中同じタイプのものを使っていませんか?

各メーカーから、通気性の良い夏仕様のブラジャーが発売されています。具体的には、カップの内側やサイドベルト(アンダー)にメッシュ素材や速乾性のある素材を使っているものが主です。販売員さんに違いを聞いてみると良いでしょう。

スポーツブラや、下着専門店以外で自分で探す場合は、内側の肌に直接当たる部分が汗を吸水しやすい綿素材の物を選んでみるようにしてください。

また、いつものブラジャーと同じメーカーやブランドだったとしても、商品が違うとサイズ感がまったく違う可能性がありますので、必ず試着するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ブラジャーの谷間につけられる汗取りパッドを紹介

上で紹介したように、谷間部分にガーゼなどを当てるのはすぐ手軽にできる対策なのですが、それでも汗が吸いきれない!と悩まれる方もいるようです。

Tシャツの脇部分の汗ジミを防止する、汗わきパッドは有名なので知っている方も多いのではないでしょうか?それの胸バージョンが作られているんです。

それがこの「胸の谷間用 汗取りパッド」です。

吸湿吸汗に優れた生地の中に、不織布(ブラジャー内側の薄手クッション)が挟まっているようで、胸元の「つたい汗」を素早くキャッチしてくれます。使い方はブラジャーの中に差し込むだけです。

こまめに拭き取る手間も省けて便利ですね。形がハートみたいなのも可愛いなと思いました。

大2個と小1個の組み合わせなので、洗い替えの心配もありませんし、サッと手洗いでも、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っても、どちらでも問題ないそうです。

胸の谷間のかゆみやあせもはどうする?

谷間にかいた汗をこまめに拭くようにしたり、清潔にするよう気を付けていても、谷間や周辺がかゆくなってしまうことがあります。症状がひどくなったり、掻いてしまうと発疹や炎症を起こしたりしてしまいます。

まず一番にオススメなのは、皮膚科に行くということです。

少し恥ずかしいかもしれませんが、ブラジャーは少しずらしたりする程度で済みますし、どうしても気になる場合は女性の医師がいる皮膚科を探してみるのも良いかもしれません。

皮膚の表面に発疹などが出ていない状態(かゆみだけ)でも、症状を聞いて、痒み止めや保湿系のクリームなどを処方してくれます。

薬局で購入するよりも、保険が効くので結果的に安くなる可能性も十分にあります。

それでも忙しくて皮膚科に行けない…という場合は、薬剤師に症状を伝え、アドバイスを貰って薬局で軟膏などを購入してみましょう。

お肌は敏感なので、購入した薬や処方された薬が合わないと感じたら使用をやめて、医師に早めに相談するようにしましょう。皮膚に跡ができてしまうと消えるのには時間がかかってしまいます。

かゆくて仕方ないときの対処法

軟膏を塗っていても痒くて仕方ない…掻きたくないけど…という苦しいときもありますよね。私も日光湿疹やらあせもで何度も苦しめられました。

もちろん、むやみに掻いてしまうと逆効果ですし、傷や跡が残りやすくなってしまうので我慢しなくてはなりません。

冷えたタオルや保冷剤をタオルに包んだもので、押さえるように冷やしましょう。ケーキなどを買った時についてきた保冷剤を使うと便利です。持っていない場合はハンドタオルやおしぼりを濡らして、冷凍庫に入れて凍らしておきます。

ごしごしこすらないように冷やし続け、痒みのある部分の熱が下がっていくとずいぶん楽になると思いますよ。

まとめ

胸の谷間の汗は、場所が場所だけに授業中や人と会っている最中に拭き取るのは難しいものです。

休み時間やトイレに行った時にこまめに汗を拭きとるのが一番なのですが、不快感が気になる場合は汗取りパッドやガーゼハンカチなどを挟んでおくと気持ちが楽かもしれませんね。

お風呂やシャワーの時には、脇下や首回り、胸の下や谷間は汚れが残りやすい場所なので、泡立てたボディタオルなどでしっかり洗うようにして、清潔さを保つように心がけましょう。

スポンサーリンク

⇒汗や臭いについての記事一覧を見てみる★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする