洋服脇やシャツ襟の黄ばみや汗じみ予防法 落とし方で簡単なもの紹介

汗を大量にかく夏は特に、YシャツやTシャツの襟部分や脇部分が黄ばんだり、黒っぽく汗染みになってしまいやすい時期です。

学校の制服や仕事で着る衣類は白色が多いので、黄ばみや汗じみが目立ちやすく、周りの目も気になりますよね。

お気に入りの服やシャツなどを少しでも長い間着るために、簡単にできる黄ばみや汗染みの予防対策と、普通に洗っても取れない皮脂汚れを落とすアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

洋服の脇が普段から黄ばまないようにするには?

なぜ脇や背中部分、もしくは全体的に衣服は黄ばんでしまうのでしょうか。

人間は暑かったり運動したときに汗をかきますが、自分で汗をかいている自覚が無いときでも、体内からは皮脂が出てきています。

シャツに付いてしまう黄ばみや汗じみは、皮脂汚れや脂汚れが空気中に出てきて酸化したものです。

この汚れをしっかり落とすことができれば染みにはならないはずなのですが、皮脂汚れが特に付きやすい襟や脇、袖口など体に触れる部分は、洗濯機の洗濯だけでは汚れ落ちが不十分で、黄ばみや黒ずみとして残ってしまいやすいのです。

黄ばみは予防することが大事!

黄ばみがついてしまってから落とそうと頑張っても、素材によっては真っ白に戻すのが難しい場合もあります。

泣く泣く処分…とならないためにも、汚れが根を張って染み付いてしまう前に予防することが大切になります。

*洗濯をこまめに行い、汚れて時間が経つ前に洗う

汗や皮脂汚れは、時間が経てば経つほど黄ばみや黒ずみの原因となり、取りにくくなってしまいます。

一人暮らしや、いつもは数日に1回洗濯機を回す人でも、夏の間は洗濯を毎日行うようにするのが望ましいです。

*洗濯の時に、汚れの落ちやすい部分には別の対策を行う

洗濯洗剤や柔軟剤を入れて自動で洗っても、どうしても汚れが残ってしまう部分が出てきます。

洗濯機に入れる前に、汚れやすいとわかる衣服の場所に対策を行っておくことで、汚れが落ちやすくなります。詳しくは2章でご説明します。

*衣服に防水スプレーをあらかじめかけておく

アレルギーテスト済み、有機溶剤未使用で、室内小物や赤ちゃん・子どもの衣服にも安心して使うことができる撥水(防水)スプレーです。

制服やYシャツなどにあらかじめ吹きかけておくと、汗が染みこんでしまうのを防止するので、黄ばみになりにくくなります。変な匂いがしないので、周りにバレてしまうこともありません。

黄ばみだけでなく、スラックス足元の泥ハネ対策や、カバン・コート・靴などの防水対策にも活躍するので、家族みんなで使うことができますね。

スポンサーリンク

シャツの襟部分の黄ばみや汗じみ予防法

新品の状態で1日~数回着ただけのシャツは、目でみても黄ばみや黒ずみが気にならないことも多いです。

しかし、最初に書いたとおり、皮脂汚れは目に見えるものではないので、知らず知らずのうちに蓄積され、いつか表に出てくることになります。

そこで、汚れが気になってくる前から日常使いすると良いのが、セスキ水(セスキスプレー)を洗濯前に吹きかける方法です。

汗や皮脂汚れを落ちやすくするセスキスプレー

セスキスプレーは、「セスキ炭酸ソーダ」というアルカリ剤を水に溶かして作ります。汚れを落とす力は重曹の約10倍とも言われており、油性汚れや血液も落とすことができます。

洗濯だけでなく台所の換気扇やコンロ周りやお風呂などの掃除にも大活躍なので、色々な洗剤を買い集めなくても、セスキスプレー1本で代用することができるのもいいですね。

簡単にできる、セスキスプレーの作り方をご紹介します。

セスキスプレー作りに必要なもの

・お水 500ml
・セスキ炭酸ソーダ(粉末) 小さじ1
・100均などの空スプレー容器

セスキ炭酸ソーダは薬局などでも購入できますが、衣類や台所ふきんなどの漬けおき洗いに使ったりと活用チャンスがたくさんあるので、ネットで購入している方も多いです。

↑レビューが417件、★4.63(2017.8.2現在)と高評価のセスキ炭酸ソーダです。

セスキスプレーの作り方と使い方

お水500mlに、セスキ炭酸ソーダ小さじ1を溶かします。スプレー容器が大きめであれば、その中で作ると楽ですね。

軽く振り混ぜたら完成です。スプレーに入りきらない場合は、空きペットボトルなどに入れておくと良いでしょう。作った後は直射日光や高温を避けて保管し、2~3ヶ月以内を目安に使い切ります。

完成したセスキスプレーを、毎日の洗濯のたびに襟元や袖口、脇部分など皮脂や汗が多い部分にスプレーして、数分置いてから他のものと一緒にいつもどおり洗濯機で洗います。

アルカリ性のスプレーなので、汗や皮脂などの酸性汚れを分解し、綺麗に落としてくれます。

汗じみや黄ばみの落とし方で簡単に使えるグッズ紹介

予防はしてたけど、それでも付いてしまった汗の黒ずみや黄ばみ…でも、落とせる可能性はまだあります!

頑固な汚れを落とすなら固形石鹸で!

今は手を洗う時にプッシュタイプのハンドソープを使う方が増え、固形石鹸が洗面所にないという家庭もすくなくないと思いますが、固形石鹸は意外と洗濯するときにも便利なんです。

今回悩んでいる汚れや汗や皮脂が染み付いてしまった頑固な汚れなので、普通の手洗い用石鹸ではなく、部分洗い用の石鹸を使います。

テレビでも話題!ウタマロ石けん

人気テレビ番組アメトークの「家事大好き芸人」の時にも紹介された、通常の洗濯では落ちなかった襟や袖の汚れを始め、泥汚れや食べこぼしの汚れもしっかり落としてくれる石鹸です。

汚れが目立つ部分を濡らし、ウタマロ石けんを直接塗りこんでぬるま湯で洗い流し、普段どおりに洗濯するだけです。

少し時間を置いたり、使い古した歯ブラシなどでゴシゴシ泡立てるようにこするのも簡単で効果的です。

無添加で安心!ミヨシ部分洗いせっけん

水とせっけんだけで出来ている無添加せっけんなので、敏感肌の人でも安心して使用・着用することができます。

手肌に優しいのでゴム手をしないでも手荒れせず、汚れにはしっかり効いてくれるので1つあると重宝しますよ。

使用方法は、ウタマロ石けんと一緒です。

全体的なくすみを落としたいときには?

部分的な汚れは落とせていても、白いシャツや制服・体操着などは自然と全体が黄ばんだり、くすんでしまうことも。

うっすら残る黄ばみや黒ずみを落として、白さを取り戻すために作られた商品です。クリーニング屋さんの業務用洗剤を、家庭用に安全で使いやすく、手に入れやすい価格に改良しています。

送料無料500円で5回お試しできるので、色々な洗剤や洗い方を試しても、なかなか落ちなかった汚れなどは、こちらを試してみてはいかがでしょうか。

シャツの黄ばみの原因となる汗の種類や、ここに載っていない別の商品を使った落とし方については、「服の脇につく黄ばみの原因と防止法は?簡単な落とし方も紹介」をお読みください。

スポンサーリンク

まとめ

洋服の脇や襟部分に付きやすい黄ばみや黒ずみを予防する方法と落とし方についてご紹介しました。

真っ白な衣服は清潔感や清涼感が自分も相手も感じられる一方、汚れが目立ってしまうので、そのまま放置するのは避けたいところです。

大切な衣服を長く使うためにも、着用前や洗濯前に一手間加えて、清潔な状態を保つようにしたいですね。

⇒汗や臭いについて書かれた記事一覧を見てみる★