安産祈願のお礼参りいつ行く?仏滅や違う神社でもマナー違反じゃない?

安産祈願は戌の日に行こう!と前々から決めていたけど、出産後のお礼参りは「いつ行くんだっけ?」と産後に気がつく人も多いのでは?

私の地元ではお宮参りをする風習があまりなく、私もお宮参りはしない予定でした。

でも安産祈願のお礼参りには行くべきじゃないかと…

いつ行くものなのか、大安じゃなくて仏滅でも良いのか、別の神社にお礼をしに行っても良いのかをご紹介しますね。

スポンサーリンク

安産祈願のお礼参りはいつ行く?

安産祈願のお礼参りは、赤ちゃんのお宮参りの時に同時に済ませる人が多いです。

お宮参りは、生まれたのが男の子の場合生後31日目、女の子の場合生後32日目と言われていますが、これも前後することは大いにあります。

そのため、目安の時期としては出産してだいたい1か月経った頃となります。

この産後1か月は、出産を終えた母体を休めるためにも大切な期間なので、無理は禁物です。

産後の肥立ちが悪いなど、母子の体調が優れない場合は、期間をあけてからお礼参りに行っても全く問題ありません。

ただし、神社によっては「御礼は二年以内に…」などだいたいの期間を教えていただける場合もあるので、そのときはその教えに従うようにしましょう。


スポンサーリンク

安産祈願のお礼参りは仏滅でもいい?

安産祈願は、安産の象徴と言われる戌の日や、縁起の良い大安を選んで行く人が多いですよね。

では、お礼参りは「この日に行ったほうがいい!」という決まりはあるのでしょうか。

お礼参りは仏滅や大安とは関係ない?

仏滅や大安・友引などの六曜は、元々中国から伝わった思想であり、日本の神社やお寺とは何の関係もありません。

心をこめて「ありがとうございます」と伝えることができれば、神様や仏様は聞き入れてくれることでしょう。

ただ、両親・義両親と一緒にお礼参りに行く…などで、仏滅を気にするような人がいれば、別の日にするという選択もありかもしれませんね。

また、赤ちゃんと一緒にお礼参りに行く場合は、天気や気温を気にしておくことも大切です。

あらかじめ予定・予約していた日だとしても、赤ちゃんの愚図りがひどかったり、体調が優れない時もあるかもしれません。

赤ちゃん第一で、日にちを変更する可能性があることも頭に入れておきましょう。

安産祈願のお礼参りは違う神社でもマナー違反じゃない?

安産祈願で有名な神社へ祈願に行ったけれど、赤ちゃん連れて行くには遠い…。

こんなとき、安産祈願とは別の神社へお礼参りに行って良いのか、不安になりますね。

お礼参りの一般的な考え方

本来、祈願が成就したら(無事に出産を終えたら)安産祈願を行った神社にお礼参りに行くべきだと考えられます。

安産祈願を行ったのにお礼参りをしない、お礼参りはするけども別の神社、というのは、実際にバチがあたるわけではないと思いますが、一般的にはバチ当たりといえるでしょう。

安産のお守りや腹帯をお納めする(焚き上げてもらう)ことだけを考えれば、安産祈願とは別の神社でも可能です。

遠方で行くのが難しい…ということであれば、お守りなどのお納めはお宮参りや初詣の時に一緒にお願いしましょう。

そして、時間が経ってしまってからでも安産祈願を行った神社にお礼参りに伺うことができれば、心がすっきりすると思いますよ。

お宮参りは地元の神社へ行くのがマナー?

赤ちゃんの初宮参り(お宮参り)は、地域の氏神様へ【ご報告】を兼ねてお参りするものと言われています。

1章でお伝えしたとおり、赤ちゃんの初宮参り(100日のお宮参り)とお礼参りをまとめて行う方は多いので、安産祈願で行った神社と一緒にならないことが多々あります。

そのため、安産祈願で行った神社へお礼参りをして、お宮参りは地元の神社へ行って…というのが一般的なマナーと言われています。

しかし、生後3~4か月の赤ちゃんを連れての長距離移動は、赤ちゃんにとっても大人にとっても大変なこと。

私の場合は転勤族なので「地元の神社」という想いが弱く、里帰り先でもあった私の実家近くの神社にて、安産祈願とお礼参りを行いました。

お礼参りをすることも考えた上で、安産祈願をする神社を選ぶと安心ですね。


スポンサーリンク

まとめ

安産祈願をしたあとのお礼参りの日にちの決め方や、別の神社へお礼参りに伺うことについてご紹介しました。

同じ【神社】とはいえ、神様は別物。

一方的にお願いするだけでなく、無事に出産することができたとお礼を伝えるのも大切ですよね。

必ず1か月後にしなくてはいけない…というものではないので、タイミングを見計らって、安産祈願をした神社にご挨拶とお礼に伺えば、神様も喜んでいただけると思いますよ。

CHECK⇒安産祈願の祈祷で初穂料はいくらが相場?のし袋は必要?封筒の書き方は?