旭川冬まつりの見どころや冬マルシェの内容 過去に来た有名芸能人は?

北海道の旭川市で毎年2月に行われる「旭川冬まつり」という冬の一大イベントには、北海道内や道外からもたくさんの来場客が訪れます。

旭川駅前の買物公園やメイン会場となる旭橋河畔会場には様々な雪像・氷像が作られ、見どころや楽しめる催しがたくさんあります。

旭川冬まつりの楽しみ方や冬マルシェで出店されるご当地グルメ、過去にどんな有名芸能人がゲストで来たのかをご紹介します。

スポンサーリンク

旭川冬まつりの見どころや楽しみ方を紹介

2018年の「第59回旭川冬まつり」は、2月7日(水)~12日(月・祝)まで6日間行われます。

意外とわかりにくい!?冬まつり会場と移動に便利なバスについては、「旭川冬まつりの会場詳細と便利な無料シャトルバス☆旭山動物園も簡単に行ける!」でご説明しています。

せっかく行くなら、見どころを忘れずにチェックして楽しみたいですよね♪

旭川冬まつりの見どころまとめ

特に旭川市民や観光客が毎年たくさん訪れて混みあう場所や、人気のあるイベントをご紹介します。

旭橋河畔会場の大雪像と滑り台

メイン会場となる石狩川旭橋河畔会場に作られる、世界最大級の大雪像は毎年の楽しみの1つです。

2017年のメイン雪像のテーマは旭山動物園開園50周年を記念した「夢の動物園」でした。横幅130m×奥行40m×高さ20mで迫力満点です!

夜にはプロジェクションマッピング(音と光と映像のショー)が映し出されたり、昼間とは違う幻想的な雰囲気を楽しめます。

雪像を眺めるだけでなく、中腹地点まで登ることができるのが嬉しいです。

会場内はオールバリアフリーなので、車椅子ご利用の方でもバルコニーまで登ることができるんですよ。

この他にも、市民や高校生が作った中雪像や小雪像なども立ち並んでおり、小さめな滑り台が添えられている(もちろん滑れる!)雪像もありますよ☆

大人も子供も楽しめるアクティビティ

大雪像横には「ぶんぶんスライダー」という名前の全長100mもの滑り台が作られます。

斜面は氷になっているのでかなりスピードが出ますし、大人でも楽しめちゃいます。子供たちはこれを楽しみにスキーウェアで冬まつりに行くのが一般的です。

混んでいる時は長蛇の列になってしまいますが、無料なので一度は体験していただきたいです。小さなお子様用の滑り台も設置されます。

他にも冬まつり会場内では、様々な雪の遊びが体験できます。

・1回300円のスノーバナナやスノーラフティング
・雪で作られた巨大迷路
・雪上パークゴルフ
・馬そり搭乗体験
・1回700円の引き馬(乗馬)
・ミニ雪だるま制作
・高さ20mの熱気球体験(有料)   など

それぞれ体験可能日時は異なりますので、近くなったら会場MAPや公式HPで確認してくださいね。

氷彫刻世界大会

旭川冬まつりと同時開催される「氷彫刻世界大会」という日本国内で唯一実施される氷彫刻の公式国際大会では、約40時間にわたり競技が実施されたあと、完成した作品が展示されます。

競技・展示場所は平和通買物公園で、特に夕方以降の作品ライトアップでは氷に光が反射してとても美しい光景が見られます。

競技期間:2018年2月7日午後7時から2月9日午前11時まで
展示期間:2018年2月9日午前11時から2月12日午後10時まで

旭橋河畔会場の特設ステージでのイベント

冬まつり会場には屋外の特設ステージが作られ、そこで様々な催し・イベントが行われます。

地元ラジオの公開録音や地元にゆかりのあるミュージシャンのステージや芸人さんのトークショーなど、平日の夕方以降と土日祝は常に何かしらのイベントが開催されているので飽きずに楽しめます。

毎年、全国的にも有名な芸人さんが出演するということで話題にもなります!過去にいらした芸能人については、後ほどご紹介します。

冬マルシェ・ほっ。とラウンジでの飲食と休憩

旭川や近郊・道北地方の特色あるグルメをいただける店舗が30以上出店します。

暖房ストーブも設置された休憩所「ほっ。とラウンジ」でいただくことができるので、雪像観覧やアクティビティで疲れた体に沁みるんですよね~。

営業時間:会期中の午前10時~午後8時

どんなグルメがいただけるかは、次の章でご紹介します。

スポンサーリンク

旭川冬まつりの冬マルシェで食べられるご当地グルメ紹介

毎年9月のシルバーウィークに旭川市で行われる秋の食のイベント「北の恵み 食べマルシェ」にちなんで、冬まつりの来場者も地域の食を楽しめるように冬まつりで開催されるのが「冬マルシェ」です。

毎年、出店者(店舗)の募集や決定は12月ごろに行われるので、2018年の冬マルシェ出店店舗は未定ですが、去年を参考にご紹介します。

旭川冬まつりで食べられる注目グルメ

寒い中でいただく温かい食べ物は尚一層おいしく感じられるもので、冬マルシェのテント間通路はたいへん混みあいます。

昼食や夕食の時間帯ピークを避けることはもちろん、事前に「食べたいもの」「気になるもの」の場所をチェックしておくこともオススメですよ。

特に人気のあるメニューをご紹介します♪

旭川のご当地グルメ

旭川と言えば「しょうゆラーメン」の町なのをご存知ですか?

旭川のラーメンはストレート麺ではなくちぢれ麺を使用している店舗が多く、醤油スープとよく絡まってとっても美味しいです!

また、「しょうゆ焼きそば」も旭川のご当地グルメとして定着してきています。

北海道ならではの海産グルメ

旭川は北海道の内陸にある町ですが、オホーツクや日本海から美味しい海の幸も届きます。

カニ汁・海鮮焼きそば・磯つぶ焼・ホタテバター焼きなどが楽しめますよ。

冷えた身体を温めるあったかフード

どんなに着こんでいても、顔に当たる冷たい風や雪で体は冷えてしまうので、温かくて甘い食べ物・飲み物も人気です。

あったか旭川まん・おしるこ・ホットチョコレート・ホットワインなどを休憩でいただくのも良いですね。

2017年の旭川冬まつりで出店されたお店と代表メニューは、冬マルシェショップリストでご覧ください。

旭川冬まつりのゲストで過去に来た芸能人や有名人は?

旭川冬まつりのステージイベントには、その時活躍している芸人さんが来てくれるということで話題にあがることが多いので注目です!

一目見ようとたくさんの人が訪れるので、ステージに近いところはかなり早めの場所取りが必要になります。

2018年のゲストはまだ未発表ですが、きっと全国的に有名になっている芸人さんが来てくれるのでは?と期待しています!

旭川冬まつりの過去のゲスト一覧

「今までどんな有名人が来ていたの?」と気になる方のために、全国的に知名度の高そうだなという方々を一覧でご紹介します。

2003年 テツAndトモ
2006年 ヒロシ
2007年 小梅太夫・前田健
2008年 小島よしお
2009年 鳥居みゆき(爆笑ライブ)
鼠先輩・アントキの猪木(爆笑ライブ)
狩野英孝(爆笑ライブ)
西野カナ(AIR-G公開録音)
2010年 東京03・ゆってぃ・ジェロ
2011年 水木一郎・香田晋・ガチャピン&ムック
2012年 香西かおり・Rihwa
2013年 スギちゃん・小島よしお
2014年 錦野旦(HBCラジオ公開録音)
アンガールズ・フォーリンラブ(HBC公開録音)
2015年 山川豊・やしろ優(HBCラジオ公開録音)
2016年 とにかく明るい安村(FMりべーる公開録音)
どぶろっく・さくらまや(HBCラジオ公開録音)
2017年 永野・ホリ(爆笑ステージ)

※記載のない年は不明
※()内は冬まつり内でのイベント名

第50回の記念の年だった2009年は、ゲストの数も多く豪華ですね!

2016年のとにかく明るい安村さんは旭川市出身で、初日のオープニングセレモニーで旭川市観光大使の委嘱式も行われました。

私もこの時、会場にいたのですが、とにかくすごい人の山でステージに全然近づけませんでした。

小島よしおさんは2回もゲスト登場しているんですよね!

以前テレビ番組手「身の危険を感じた仕事」に旭川冬まつりの営業をあげていました(笑)

雪で作られたステージに裸足で、気温は-10℃以下ですからね…。

まとめ

旭川冬まつりの見どころや楽しみ方、注目のご当地グルメや過去に訪れたゲスト有名人・芸人さんをご紹介しました。

暖かい格好をして、冬しか体験できない雪を使ったイベントをゆっくりと楽しみたいですね。

旭川市の観光に関するお役立ち記事は他にもありますので、ぜひご覧ください♪
CHECK⇒北海道旭川市近郊の観光&イベント記事一覧★