マナー

秋(9~11月)の行事

敬老の日プレゼントに付けるのし 表書きは?長寿の祝いを兼ねる場合は?

9月の第3月曜の敬老の日に贈るギフトに熨斗は付けた方が良いのでしょうか?その場合、表書きにはどんな言葉を選ぶと良いのか気になりますよね。敬老の日ギフトに添える熨斗のマナーについて、ご紹介します。
結婚・結婚式の悩み

結婚式が秋冬の場合タイツや黒ストッキングはあり?柄入りでも良い?

秋から冬の時期に結婚式にお呼ばれした時、厚手のタイツを履きたいと考えたり、黒色のストッキングを選ぼうとする方も多いと思いますが、マナー違反ではないのでしょうか?秋冬の結婚式に出席する際のタイツやストッキングの色や柄など、足元についてのマナーをご紹介します。
2017.07.06
学校行事

暑中見舞いハガキが先生から子供に届いた時の返事の書き方や文例紹介

夏休みに、学校の先生からお子さま宛に暑中見舞いの葉書が届くことがあります。このとき、お子さんから返事はした方が良いのでしょうか。その場合は、暑中見舞いと残暑見舞い、どちらが正しいのでしょうか。先生に返事をする場合の、子供への書き方の説明の仕方やアドバイスする際の例文をご紹介します。
2017.07.03
秋(9~11月)の行事

七五三の祝儀袋の種類や書き方マナー 可愛いキャラクターの袋を紹介

七五三をお祝いするときに渡すご祝儀袋、どんな種類を用意するのが正しいかご存じですか?のし紙の表書きはなんと書けばよいのか、名前は誰の名前を書くのか、迷っていませんか?キャラクターをあしらった祝儀袋や可愛いデザインで子どもにも喜ばれるお祝い袋も紹介します。
2021.10.20
結婚・結婚式の悩み

結婚式にタイツはマナー違反?足にアトピーや傷ある時の服装おすすめは?

結婚式にお呼ばれした時、足元にアトピー跡や火傷、怪我による傷などがあり、 タイツを履いて隠したい…と悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。結婚式の服装でタイツを履くのはマナー違反なのか、アトピーや傷を目立たなくしたい人に おすすめの足元アイテムや服装についてご紹介します。
2017.07.06
夏(6~8月)の行事

初めてのお中元でのマナー 結婚後は実家に贈る?両親へのおすすめは?

結婚して初めて迎えるお中元の時期。両親や義両親にも贈った方が良いのか、贈るならどんなものが喜ばれるのか、悩んでしまいますよね。親の一言がきっかけで「お中元は贈り合わない」と決まった我が家の事例と共に、お中元のマナーや贈る場合のお勧めの品物についてご紹介します。
2017.10.25
夏(6~8月)の行事

お中元に送り状が必要な理由 手紙はなぜ別便で送る?文例を紹介

お中元を贈るときに、マナーとして添えるといわれている手紙。 近しい間柄であれば省略したり、メールやLINE...
夏(6~8月)の行事

お中元の知っておきたいマナー 時期や渡し方は?相手が喪中でも送る?

お世話になっている方や、結婚している場合は、親戚・実家・兄弟などに、日頃の感謝と「これからもお付き合いお願いします」という気持ちを込めて贈るお中元。また、会社などでも大切な取引先に贈ります。お中元を贈る時期は地方によっても開きがあるようですが、一般的なマナーを身に着けて、失礼がないようにしたいですよね。
2019.11.17
結婚・結婚式の悩み

結婚式の招待状が届いたけど欠席する場合のマナーや書き方 お祝いは?

結婚式(披露宴)の招待状は、事前に出欠の確認をとった上で、出席できるという方にお送りするのが基本(マナー)になってます。というのも、結婚式の招待状に「欠席」欄があるのは建前上のことで、招待状に「欠席」で返信することは失礼にあたることとされていたようです。しかし、やむを得ない都合で出席予定だったけれど欠席せざるを得ないこともありますよね。招待状を頂いてから欠席で返事をする場合のマナーや返信ハガキの書き方、どのようにお祝いをすべきかをご紹介します。
2020.01.18
結婚・結婚式の悩み

北海道の会費制結婚式のマナーまとめ ご祝儀は不要?会費の出し方は?

本州で生まれ育った人が、北海道での会費制結婚式に参加することになると「会費制?招待制とどう違うの?」と戸惑うことが多いのではないのでしょうか。私は生まれも育ちも北海道ですが、社会人になるまで会費制が当たり前だと思っていたほど、北海道では会費制が主流です。独特の文化ですが、実はとてもわかりやすい仕組みで、参加される側にとっても負担の軽い面もある会費制。参加されるときに戸惑わないためのマナーをご紹介します。
2017.09.03
タイトルとURLをコピーしました