生クリーム泡立てを前日にする注意点 泡立て後の賞味期限や保存方法紹介


ケーキやお菓子作りに欠かせない生クリーム。

泡立てには少し手間が掛かるので、お菓子作りの前日に用意したいという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は生クリームの泡立てを前日にした時の注意点や、泡立て後の賞味期限や保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク

生クリームの泡立ては前日にしても大丈夫?

結論、生クリームの泡立ては前日にしても大丈夫ですが、出来るだけ早く使用することをおすすめします。

また、泡立てた生クリームは、時間が経つと泡が潰れて液状に戻ってしまうので、使用する前にもう一度泡立てなおした方が美味しくなります。

前日に泡立てた生クリームを使用することは可能ですが、美味しく食べるためにも新鮮なうちに使い切る方が望ましいですね。

生クリーム泡立て後の賞味期限はいつまで?

泡立てた生クリームの賞味期限は保存方法によって大きく変わります。

賞味期限の目安は以下の通りです。

冷蔵保存の場合

泡立て当日~翌日を目安に使い切る

冷蔵保存の場合は、基本は泡立て当日に、遅くとも翌日には使い切るようにしましょう。

冷凍保存の場合

泡立て当日~1か月を目安に使い切る

冷凍保存の場合は1か月ほどの長期保存が可能です。

ですが、あくまで目安なので確認してから使用するようにしてくださいね。

生クリームに霜が付いている場合は、食べずに破棄することをおすすめします!

スポンサーリンク

生クリーム泡立て後の保存方法の注意点は?

生クリームは栄養たっぷりですが、とても傷みやすい食材です。

次は、冷蔵保存、冷凍保存する場合などの保存方法の注意点をご紹介します。

冷蔵保存の場合

泡立て後、ボウルなどに入れてラップをして冷蔵庫で保存します。

この時、生クリームは7割程度で泡立てることをおすすめします。

再使用の際はしっかりと泡立てると、生クリームの風味や美味しさを損なわずに済みます。

※7割程度の目安は、生クリームをすくった時にクリームに角が立つかどうか…というぐらいです。

角が立っても、すぐに崩れて溶けてしまうぐらいが目安になります。

冷凍保存の場合

冷凍保存の場合、生クリームはしっかりと泡立てることをおすすめします。

生クリームは脂肪分と水で出来ていますが、泡立てずに液体のまま凍らせてしまうとクリームの中の水が氷になってしまいます。

そうすると解凍後、解凍された水分と脂肪分が分離してしまい、結果生クリームが泡立ちにくくなってしまいます。

泡立てた生クリームは、絞り器に入れたまま冷凍保存することが出来ます。

もしくは、ラップを掛けたバットやお皿などに一口サイズで生クリームを絞り出します。

そのまま冷凍して生クリームが固まったら、ジップロックなどの保存容器に入れて冷凍庫に戻してください。

保存容器に入れる際には、容器内に空気が入らないように注意してください。

一口サイズなら必要分だけ解凍して使えるのでとても便利ですよ。

冷凍した生クリームの解凍方法

生クリームの解凍方法ですが、常温での自然解凍は良くありません。

自然解凍すると雑菌が繁殖してしまい、食中毒の原因になります。

ですので、解凍する際は冷蔵庫に入れてゆっくり解凍することをおすすめします。

また、解凍したクリームは必ず使い切るようにしてください。

再冷凍は食中毒の原因になるので、使い切れなかった場合は破棄するようにしてくださいね。

保存した生クリームの活用法は?冷蔵保存、冷凍保存それぞれの使い道をご紹介

冷蔵保存した生クリームは、使用前に再び泡立ててから、お菓子やケーキ作りに使用することが出来ます。

もちろん、そのまま料理に使うことも出来ます!

冷凍で保存した生クリームの使い道は様々ですが、お菓子やケーキ作りにはあまりおすすめ出来ません。

冷凍すると、どうしても生クリームの風味や美味しさは損なわれてしまいます。

ですので、冷凍保存した生クリームは料理に欲しいときや、ちょっとしたスイーツなどに使うことをおすすめします。

グラタンやクリームパスタのクリームソースに加えたり、ビーフシチューの仕上げにもおすすめです。

あとは、カレーに生クリームを使うのも良いですね。

辛いカレーをマイルドにするだけでなく、簡単にカレーにコクをプラスすることが出来ます。

また、コーヒーに乗せてウインナーコーヒーにしたり、バターやマーガリンの代わりにパンケーキに乗せるのも良いですね。

私のおすすめは、プリンやクリームあんみつの上にホイップを乗せて、ちょっぴり贅沢にして食べることです!

美味しいのはもちろん、お家でカフェ気分が味わえるのもおすすめポイントですよ。

どうしても冷凍した生クリームでお菓子を作りたい人におすすめなのが、簡単チョコム―スです!

材料は、冷凍生クリームと板チョコ1枚と純ココアだけです。

冷凍生クリームは冷蔵庫で解凍し、湯煎で板チョコを溶かします。

チョコが溶けたら生クリームを入れて、滑らかになるようにかき混ぜます。

混ざったらお皿やカップに盛り付けて、純ココアをふりかけて完成です!

誰でも簡単に美味しく作れるので是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

生クリーム泡立てを前日にする注意点 泡立て後の賞味期限や保存方法紹介-まとめ

生クリームは日持ちしないイメージかもしれませんが、実は保存方法によってとても長持ちします。

お菓子作りはもちろん、お料理にも生クリームは活用出来るので是非参考にしてみてください。

ケーキ作りをする方は、こちらの記事も一緒に読まれています♪
CHECK>>いちごを前日に切る注意点 カットしたイチゴ保存方法と日持ちは?

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました