嵐ライブ札幌2017のデジチケ入場ゲート混雑や本人確認は?グッズ売切あり?


ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ嵐の「ARASI LIVE TOUR 2017-2018 untitled」が、11月17日の札幌公演で幕を開けました。

ファンクラブでもチケットが取れないほどの人気の嵐のライブですが、運良く友人が札幌ドーム公演に当選したので11月19日の3日目に参加してきました!

今年からデジチケによる入場システムが導入され、スムーズに入場できるのか、混んでいるのか、本人確認は行われるのか?など色々と気になっていることがありました。

これから参加される方の参考になればと、嵐2017札幌ドーム公演の入場口やグッズ売り場の混雑や売り切れの状況をご紹介します。

スポンサーリンク

嵐のライブ2017札幌ドームのデジチケ入場口は何か所?

札幌ドームでライブやコンサートが行われる際、北ゲート・西ゲート・南ゲートの3か所の指定された入場口から入場します。

詳しい位置関係や会場内への入り方は「札幌ドームコンサート規制退場の順番や時間 アリーナやスタンドの行き方は?」で画像付きでご紹介しています。

西ゲートから入場するのは親子席や車椅子席の方で、通常のアリーナ席・スタンド席の方は北ゲートもしくは南ゲートからの入場になります。

事前に届いたチケットに「〇〇ゲート スタンド(アリーナ) △通路 □列 ×番」などと記載されているので、その指定されたゲートから入場していました。

北ゲートと南ゲートの入場待機列は開場前から開場後までたいへん混雑するのですが、各ゲートには3つ入口(受付)があるので、少しでも空いてそうな入口にみなさん向かいます。

これが今まで(紙チケット)の入場口の様子でした。

2017嵐ライブ札幌ドームのデジチケ入場口は今までと同じ

「デジチケになったら入場に時間がかかるんじゃないか?」
「今までと同じ開場から2時間で入場が終わるのかな?」
「デジチケを提示する場所とドームの入り口は別なのかな?」

このような疑問が、行く前から沸々と湧いていました。何事でも、新しい仕組みに移るときというのはトラブルがつきものですよね。

結果的に、札幌ドームの入場口は今までと同じ場所と数で「どこに行ったらいいのか?」と迷うこともありませんでした。

事前にメールで届いたデジチケに入場ゲートが書いてあるので、そのゲート(私たちは南ゲート)に向かったところ、いつも紙チケットを提示して荷物確認を受ける3つの入場口に行列ができているという状況でした。


スポンサーリンク

嵐2017札幌コンサートのデジチケの入り口は混雑してた?

私が南ゲートの入場口に到着したのは、11月19日(日)の13:50です。

この日の開場は14:00、開演が16:00ということで、まだ入場受付は開始されていませんでした。

この時点での混雑具合は「1,000人以上は並んでるね」という感じでした。雨除けの屋根の下に収まることはできず、3つある入場口の一番空いていそうな長蛇の列に並んで待ちます。

14時ちょうどに入場ゲートが開けられ、デジチケでの受付が始まりました。

嵐ライブのデジチケ入場口の様子

デジチケでの入場がどのように行われるのか心配・疑問だったので、友人含めみんなソワソワしていました。

デジチケ入場口の流れはスムーズ

14時に受付開始となりましたが、だいぶ後方に並んでいた私たちでも開場から10分以内には入場ゲートを通過することができました。

スタッフの方が大きな声で「当選者全員がお揃いになってからの入場になります!」と何度も周知してくださっていたので、人数が揃ってない…などでゴタゴタしている光景も、あまり見られなかったように思います。

チケット当選者も同行者も本人確認は無し

デジチケ(QRコード)を機械に当てるときに、「4名ですね~」と言われたので何となく手を上げましたが(笑)目視での確認という感じでした。

機械から繋がった4枚の紙(チケット・裏返し)が出てきたのを渡され、そのまま手荷物検査に進みます。

感熱紙のようなペラペラな紙です。

裏面のツアータイトルロゴ、3日目のカラーは緑でした。初日は黄、2日目は紫だったそうです。

当選者のファンクラブ会員証や全員の身分証明書の提示も必要なく、あっさりと入場は終了しました。

入場ゲートと当選席は関係なかった!

札幌ドームで行われるライブやコンサートでは、スタンド席は北ゲートもしくは南ゲート、アリーナ席は北ゲートに向かうように表示がされています。
※南ゲートから入ってもアリーナ席には問題なく辿り着くことができます。

過去のライブでアリーナ席が当選した時も北ゲートから入場したので、「デジチケに南ゲートと書いてあるということはアリーナはあり得ないのかな?」と思っていました。

しかし、今回南ゲートから入場後に知り合いに会ったのですが、【北ゲートから入場するようになっててアリーナ席だった人】も【南ゲートから入場するようになっててアリーナ席だった人】も両方いるという結果でした。

東京ドームや福岡ドームなど、他の会場に行ったことが無いので様子はわかりませんが、札幌ドームの場合は入場ゲートと席の関係性は無かったようです。

デジチケ入場口以上に混んでいた場所は…

予想以上にスムーズに入場ができたデジチケ受付ですが、今までのライブと違う光景が見られた場所があります。

それは、南ゲートの横にあるちょっとしたスペースで、同行者(一緒に入場する人)と待ち合わせをする方々です。きっと北ゲートも同じだったと思います。

チケット申し込み時や当選後の案内には、このように注意書きがされています。

※来場者全員お揃いのうえ、ご入場ください。

そのため、別々の手段で来る友人同士や会場で待ち合わせすることになっている人たちが、寒空の下でスマホで連絡を取りながら待機する…という光景でした。

入場しないことにはトイレに並ぶこともできず、座席に上着などを置くこともできないので、待っている側の方々は寒くて辛そうでした。

これは他の会場前でも同じ光景になりそうなので、大勢の人が周りにいても探しやすいアイテムを身に付けたり、わかりやすい待ち合わせ場所を決めておくことをオススメしますよ。

嵐2017札幌ライブのグッズ完売や混雑状況は?

2017アンタイトルのグッズ販売、札幌ドームはプレ販売を含めて4日間でした。

11月16日(木)プレ販売
11月17日(金)開演18時
11月18日(土)開演18時
11月19日(日)開演16時 

実際の販売開始時刻は、混雑の様子により30分ずつ早まりました。

11月16日(木)販売開始10時 → 9時30分
11月17日(金)販売開始 9時30分 → 9時
11月18日(土)販売開始10時30分 → 10時
11月19日(日)販売開始 9時30分 → 9時

16日のプレ販売は夜20時まででしたが売り切れなし、他3日間もライブ開始時点では売り切れはなかったようです。

会場限定グッズ(今回はネックストラップ)は早々に売り切れてしまうことが過去に何度もあったので、十分な数を用意してくれているというのは嬉しいですね。

嵐2017札幌ライブのグッズ待ち状況は?

やはり販売開始前には長蛇の列ができるグッズ売り場ですが、日中の時間帯でも待ち時間なしで購入できることがあったようです。

朝一で購入してしまったほうが、ライブまでの待ち時間を有効利用できるのは確かですが、売り切れを気にされない場合は昼間を狙うのも良いかもしれませんね。

ちなみに11月17日のライブ公演初日にグッズ購入へ行った友人は、10時半の時点で待ちなしで購入できたそうですよ。


スポンサーリンク

まとめ

嵐が2017年から2018年にかけて行うライブツアー「untitled(アンタイトル)」の札幌ドーム公演の様子をご紹介しました。

入場口やグッズ売り場の様子は、各ドームによって異なる点が多いので同じ状況に必ずなるとは言えませんが、デジチケでの入場について不安なことも多いと思いますので、頭の片隅に入れていただければと思います。

CHECK⇒札幌ドームのアクセスや混雑についてのお役立ち記事一覧はこちら★