網走鶴雅リゾートでランチバイキングと日帰り入浴レポ☆クーポンはある?

私は北海道内で旅館やホテルなどを展開している鶴雅グループのファンです。

このブログ内でも、鶴雅グループホテルの宿泊レポや、ランチバイキングについての記事をいくつか書いています。

今回は、網走市にある「北天の丘あばしり湖鶴雅リゾート」の日帰り入浴&ランチバイキングへ行ってきました。もう5回目ほどになります。

美味しかったメニューやバイキング内容、日帰り入浴についてご紹介します。

スポンサーリンク

網走の鶴雅リゾートのランチバイキングに行った感想

北天の丘あばしり湖鶴雅リゾートのランチバイキングは、夫婦ともに満足度が高く、日帰りで過去に4回ほど利用しました。

ホテルでのランチバイキングとしては値段が手ごろな点と、どれもハズレのない美味しさというのが魅力です☆

ちなみに、宿泊した時にいただいたディナーバイキングや朝食も種類豊富でとても美味しかったのを憶えています。

北天の丘あばしり湖鶴雅リゾートの日帰りランチプラン詳細

網走の鶴雅行われているランチバイキングは、毎週土・日・祝日のみの開催です。

館内のバイキングレストラン「コタ」で、オホーツク産の魚介や地元農家の野菜など、新鮮な地産食材を使ったバイキングをいただくことができます。

月替わりの【鍋】が各自のテーブルに用意されているのが特徴で、今回行った1月は【生姜鍋】でした。過去には【ゆず塩鍋】などがありましたよ。

鍋の内容はホテル公式HPに掲載されるので、チェックしてから行くことができます。

ランチ利用時間:11時30分~14時00分(最終入場13時30分)
ランチ利用料金:大人2,000円+税、小人1,000円+税
※小人は4歳~小学生、3歳以下は無料

受付はホテルのフロントで行い、料金は現金だけでなくクレジットカードも使うことができました。

網走鶴雅の日帰りランチプラン 混雑や予約は?

日帰りランチプランの席の予約は受け付けていません。

開催日が週末や祝日のみということもあり、混雑している場合はすぐに利用することができないことがあります。

夏休み期間中の土曜日に行ったところ、11時45分頃に到着したにもかかわらず既に満席で、13時頃からの案内になるとフロントで説明されたことがあります。

私たちはランチまでの待ち時間、温泉大浴場と岩盤浴を利用することにしました。

ランチバイキングの受付は11時半より前から行っているので、ランチのみ利用の場合や時間に余裕のない場合は、早めに行って受付することをお勧めします。

入場までは暖炉が中央に設置されているラウンジ「回(かい)」で待つことができますよ♪宿泊の際は、こちらでおしぼりとドリンクのサービスがありました。

だいたい13時頃になれば1巡目に案内された方が食べ終わるはずなので、遅めの時間を狙うのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

北天の丘あばしり湖鶴雅リゾートのランチビュッフェ内容

実際に2018年1月に訪れた際のランチビュッフェメニューや、美味しかったものを写真と共にご紹介します。

まずは、テーブルに設置されている生姜鍋のスープ。IHで火力調整は自分たちで行います。

この生姜スープがとっても美味しくて「これ以上食べたら他のメニューが食べられない~」と悔しくなるくらいでした。

具材は、豚バラ肉・鶏肉・鶏つみれ・えのき・小松菜・白菜・うどんなど自分で好きなものを取ってきて入れます。

パンに自分でお好みの具材をサンドするコーナーもありました。

レストラン内がかなり混雑していたため、陳列されている写真はほとんど撮れていないのですが、提供されていたメニューの中で特に美味しかったものを書き上げてみます。

炭水化物系のメニュー

・キムチチャーハン
・カレードリア
・チキンライス(スクランブルエッグとケチャップ)
・あさりのペペロンチーノ
・ナポリタン
・オリーブとツナのピザ

・サンドイッチ
・おにぎり
・カリカリ梅の俵寿司
・海鮮ちらし寿司

ランチバイキングで提供されるピザが、いつも本当に美味しいです!写真の右下にありますね。

スクエア型の角ピザで一口サイズで食べやすく、具材やチーズもたっぷりトッピングされていて食べ応えがあります。

また、パスタやドリアなどはシェフが目の前で作っているので、温かい出来立てのものが常に提供されます。味も抜群です☆

おかずやサラダ系メニュー

・エビとグリンピースのあんかけ
・たこの磯部揚げ
・茸とブロッコリーのバジル和え

エビのあんかけは以前も提供されていましたが、身が大きなプリプリの海老を使っていて塩加減もちょうど良く、夫が「今回もあった!」と喜んだ一品です。

これは、茸とブロッコリーのバジル和えともやしのナムルとカリカリ梅の俵寿司です。美味しかったのでおかわりしたときの写真です。

デザート&フルーツ

・ガトー北海道じゃがいも
・ガトーショコラ
・かぼちゃのモンブラン
・ゼリー2種
・紅茶シフォンケーキ
・ミルクシフォンケーキ
・フルーツコンポート
・グレープフルーツ
・オレンジ

・チョコレートファウンテン

・マーブルアイス(ソーダ味)
・スイートポテトアイス
・道産牛乳のソフトクリーム

お子さんはテンションが上がってしまいそうなチョコレートファウンテンもあります。

横に用意されていたのは、パイン・マンゴー・ミニケーキ・ミニドーナツ・マシュマロです。

夫はここで食べられる道産牛乳のソフトクリームの大ファンで、過去には5回おかわりしたことも…(食べ過ぎでお腹壊しました)

自分で作るタイプなので量を調整できますし、イチゴやチョコのソースをトッピングして味を変えるのも良いですね♪

ここで紹介したのは一部のメニューなので、他にもたくさんの美味しい料理がたくさんありましたよ。

また、メロンソーダやジュースなどのソフトドリンクやコーヒー等も飲み放題です。

網走の北天の丘鶴雅リゾートの日帰り入浴料金と感想

北天の丘あばしり鶴雅リゾートは、日帰り入浴も可能なホテルです。

温泉大浴場「北天坐忘の湯(ざぼうのゆ)」の脱衣所には、男女それぞれ岩盤浴が用意されていて、大浴場を利用した方ならだれでも無料で利用できます。

バスタオル・フェイスタオル・岩盤浴衣は無料でついていますし、シャンプーやボディソープなどのアメニティも充実しているので、手ぶらで利用することができます。

日帰り入浴利用時間:12時00分~22時00分(月~金の平日は14時~)
日帰り入浴利用料金:中学生以上1,111円+税、小学生556円+税、小学生未満278円+税

1章でご紹介した土日祝限定のランチバイキングに、入浴と岩盤浴がセットになったお得なプランも用意されています。

入浴利用時間:12時00分~15時00分
ランチ&入浴利用料金:大人2,300円+税、小人1,200円+税
※小人は4歳~小学生、3歳以下は無料

入浴とランチのどちらを先にするかは自由ですが、12時前は大浴場が利用できないことと、ランチバイキングの混雑によっては希望通りにならないことにお気をつけください。

北天の丘あばしり湖鶴雅リゾートの温泉の感想

宿泊した際はもちろん、ランチバイキングの時もほぼ温泉も一緒に楽しんでいます。

しかし、私たち夫婦の正直な感想は「岩盤浴は良いけど温泉はいまいち…」です。

ロッカーは鍵付きが多数用意され、化粧水やドライヤーなどのアメニティも充実、とても清潔な脱衣所になっています。

岩盤浴は決して数が多くはないので土日祝のランチバイキングの際は混みあっていますが、岩盤浴は別料金のホテル・宿が多い中で、無料で利用できるのは嬉しいものです。

ただ、温泉の温度が比較的熱めに設定されており、ゆっくり長風呂とはなかなかいきません。また、メインの浴槽・露天風呂・サウナ・水風呂のみなので、ジャグジーや寝湯などはありません。

もう一つ気になる点は、露天風呂の中央に大きな岩があるため、どうしても入浴スペースが狭く感じてしまいます。

洗い場のすぐ真後ろにメインの浴槽があるので、洗い場からのシャワーが飛んできたこともあります。

それでも、ランチバイキングに300円ほど追加するだけで温泉と岩盤浴が楽しめるので、つい利用してしまうんですけどね。

網走の鶴雅リゾートのランチバイキングのクーポンは?

北天の丘あばしり湖鶴雅リゾートのランチ&入浴セットプランが、お得な料金になるクーポンがたま~に現れます。

ただし、クーポンが載るのは公式HPなどインターネット上ではなく、オホーツクの地元限定発行フリーペーパー「経済の伝書鳩」です。

北見市・大空町・美幌町・網走市・訓子府町・置戸町・津別町の2市5町で、週6回発行、各家庭に配布されています。

月に1回程度クーポンが伝書鳩に掲載され、ランチバイキングと入浴のセットプランは大人2,300円(税抜)ですが、クーポンを提示すると大人2,000円(税抜)で利用することができます。

ランチバイキングのみと同じ料金で温泉&大浴場が利用できるというわけです!かなりお得ですね☆

今は伝書鳩が手に入らない地域に住んでいますが、親戚がこの周辺にいるので、行くことが事前にわかっている時は伝書鳩(クーポン)を取っておいてもらっています。

ほぼ毎日ポストインされるフリーペーパーに月1回程度載るだけなので、地元の人でもあまり気にしていないかもしれません。

もし、お近くにお住いの方がいれば確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

札幌市などで開催されているホテルのランチバイキングよりは手ごろな価格で、とても美味しい料理が食べられるので、バイキング好きな方にぜひ行っていただきたいです。

宿泊した際の夕食バイキングは更に豪華になりますので、流氷シーズンや過ごしやすい夏の観光にも人気のホテルですよ♪
CHECK⇒北天の丘あばしり湖鶴雅リゾートの宿泊料金や口コミを見てみる★

同じく道東の阿寒にある鶴雅のランチバイキングもオススメです!
CHECK⇒阿寒の鶴雅ウィングスの日帰りランチビュッフェに行ってきた感想レポ♪