センチュリーマリーナ函館の子連れ宿泊記 駐車場や部屋着アメニティレポ【写真付】

函館駅・函館朝一・金森赤レンガ倉庫への観光も便利な場所にある、センチュリーマリーナ函館。

赤ちゃん連れで宿泊して、話題の温泉や朝食バイキングを堪能してきました!

ペットと一緒に泊まれることでも人気が出ること間違いないホテルです。

その宿泊記を写真付きでご紹介するので、口コミ比較時などの参考にしてくださいね。

子連れで宿泊検討中の人は特に必見です!

スポンサーリンク

センチュリーマリーナ函館の宿泊記 夕食はどうする?

ホテルの館内がどんな感じだったか、思うままにレポしていきますね♪

センチュリーマリーナ函館のセキュリティ対策

チェックイン時に部屋のカードキーを2枚貰えますが、赤と青で色分けされています。

このカードキーをエレベーターに乗る際にタッチしないと、部屋には上がっていけない仕組みです。

また、赤いカードキーは女性用で、14階にある大浴場の女性入り口にタッチしないと開かないようになっています。

宿泊者以外は温泉や部屋にあがっていくことができないセキュリティは安心ですね。

センチュリーマリーナ函館で夕食は食べられる?

宿泊時の朝食は、2階にある「ユーヨーテラスハコダテ」でいただきますが、ここは朝のみの営業です。

他にホテル内にレストランは無いので、夕食は外で食べてくることになります。

ただ、14階にある温泉大浴場入口前にあるラウンジでは、飲み物や食事をいただくことができます。

今回はこのラウンジで夕食にしたのでセンチュリーマリーナ函館の温泉とラウンジ利用レポ★エステメニューと料金は?を参考に♪

また、1階の玄関近くには小さなバーがあるので、がっつり夕食とはいきませんが、そこを利用することもできます。

売店とピローズバーは取扱い豊富

2階にはホテル限定の商品もはじめ、食器・お土産・飲み物・デザートなど豊富に販売されています。

館内着も販売されていましたが…思い出に買う人がいるのかな?笑

好みの枕を無料で貸し出してくれるピローズバーは、種類が10種類以上ありました!

足のむくみ軽減のためのフット用枕があったので、そちらをレンタル♪

チェックアウトの時はそのまま部屋に置いてきてよいとのことで、快適に過ごせました~。


スポンサーリンク

センチュリーマリーナ函館の駐車場料金と停め方は?

センチュリーマリーナ函館には車で行きました。

先にホテル玄関で荷物を降ろして台車に乗せてもらい、案内されたのはホテル横すぐの駐車スペースでした。

センチュリーマリーナ函館 駐車場の料金は?

ホテルの玄関前には、113台の広い屋外駐車場が用意されています。

入場・退場のときに駐車券を出し入れする一般的なタイプのものですが、宿泊日は空いていたからか、ホテル玄関に近い駐車場(ゲートなどない)に停めて良いと言われました。

駐車代金は1泊あたり1台800円で、チェックアウトの精算時に含まれています。

私たちが停めたスペースも当然有料だそうで、清算書にはしっかり駐車代800円が計上されていました。

駐車時間は12時~翌12時までで、出し入れも自由とのことなので、一旦チェックインしたあと車でまた観光へ…というのも気軽にできるなと思いました。

センチュリーマリーナ函館 チェックアウト時の対応に感謝

子連れで荷物が多かったため、チェックアウトの際に部屋まで台車を持ってきてもらえないかお願いしました。

すぐに手配してくれ「ロビーまで先にお運びしておきますね」と。

おかげで貴重品以外はチェックイン時と同様に運んでおいてもらえました。

チェックアウトの時はロビーに置いてあった台車も、さぁ帰ろうと思ったら「お車までお運びいたします」と。

車のトランクに積むところまですべて協力していただけたので、本当にありがたかったです!

センチュリーマリーナ函館のアメニティや部屋着レポ

今回宿泊したのは、手頃な値段だったスタンダードフロアのクイーンルーム。

部屋にお風呂(バスタブ)は無く、シャワーブースがあります。

↓トイレと脱衣場と洗面が一体化している感じ

センチュリーマリーナ函館 ベビーベッドレンタルは?

予約した際に電話で問い合わせた時には、ベビーベッドの用意はないと言われてしまったんです。

ただ、ベッドガードは付けてもらえるとのことで、子供を挟んで添い寝するつもりでした。

でも当日、ダメ元で「ベビーベッドないですよね…?」と聞いてみると、なんと用意されていると!

すぐに客室へ持ってきてくれたのは、ベビーベッドもベビー布団も新品の綺麗なものでした。

寝返り激しくなってきて、ベッドで添い寝が不安だったので、安心して眠ることができました~。

部屋内のアメニティと館内着

★洗面所にあったアメニティ

・ボディタオル
・コットン&ヘアゴム
・コーム
・歯ブラシ
・シェーバー
・シェービングクリーム


・ドライヤー
・DHCのシャンプー、コンディショナー、ボディシャンプー(シャワーブースに備え付け)

脱衣スペースに、大きなタオル掛けがあるのが地味にありがたい!

温泉やホテルで、バスタオルの干す場所に悩むことありません?(^-^;

★客室内設備

・冷蔵庫
・ミネラルウォーター(1人1本)
・コーヒーメーカー(ネスプレッソのマスターオリジン)
・ティーパック(煎茶・紅茶)
・お湯を沸かすケトル

★館内着

部屋着は浴衣ではなく、上下別の作務衣です。

この作務衣と備え付けのスリッパで、館内すべて(朝食レストランや1階ロビーも)自由に過ごせるので気楽です。

ただ、ちょっと残念な点も…

1.静電気がすごい

これはもう仕方ないのかな?結構気になりました。

2.サイズがMとF(フリーサイズ)のみ

夫が身長185cmなので、大きめサイズをお願いできないか聞いてみたら、「フリーサイズが一番大きいものになります」と言われてしまいました。

でも、2階の売店にはS・M・F・LLが売られてるんです…

でも、LLは貸し出してくれないと…うーん。

これは、身長158cmの私がMを着た姿ですが、決してブカブカじゃないので全体的に小さめかな?という印象です。

たいていどこの温泉宿やホテルでも、体格の良い人向けに大きなサイズが用意されていると思うので、外国人観光客のためにもLLサイズの貸出もあると良いですよね。

まだプレオープン期間中でしたし、アンケートにはこのことを書いたので、もしかしたら改善されているかもしれません!

スポンサーリンク

まとめ

あえて、気になったマイナス点も含めて正直な感想をレポートしてみました!

でも、新規オープンでとても綺麗だし、オシャレな内観で素敵なホテルでした。

ベビーベッドや朝食会場のベビーチェア・クーファンなど、赤ちゃん連れでも泊まりやすいホテルなのでお勧めしたいです!

大満足だった朝食については、センチュリーマリーナ函館朝食バイキングと函館国際ホテル食べ比べ結果おすすめは?で詳しくレポしてます☆