結婚の挨拶や結婚後の付き合いについてのお役立ち記事一覧

このページでは、結婚の挨拶に伺う時や、新たな関係を築いていく上でのお悩み解決記事をまとめています♪

気になる!と思った記事は、ぜひ続きを読んでみてくださいね。

結婚する前の悩み

1.結婚の挨拶での女性のマナー 両親の呼び方や会話の流れを紹介

お互いの結婚の意思が固まり、まず行うのが双方の両親への結婚の挨拶ですね。

初対面はもちろんのこと、交際相手として紹介されたり、何度か会っている場合でも、また違った緊張感や不安があるものです。

女性が男性の親へ挨拶に伺うときのことを、実体験をまじえてご紹介します。

<続きを読む>

☆☆☆

2.結婚の挨拶での女性の服装 冬のタイツやパンツはOK?夏の注意点は?

結婚相手の男性の親に挨拶に伺うとき、「どんな服を着ていったらいいんだろう?」「印象良く思ってもらいたい!」と不安になりますよね。

私は北海道で真冬の挨拶でしたので、黒いタイツや脱ぎにくいブーツを履いていいのかについて相当悩みました。夏には夏で、悩む点がたくさんあります。

結婚挨拶に伺うときの、女性の服装についてご紹介します。

<続きを読む>

☆☆☆

3.結婚の挨拶での手土産の相場や渡すタイミング どんな言葉を添える?

相手の実家へ挨拶へ行くことになった時に持っていく手土産。

「金額は?」「何を選ぼう…」という購入前の悩みから、「いつ渡そう?」「どうやって?」という渡す時の悩みまで、不安な気持ちは募るばかりだと思います。

相手の家族に良い印象を持ってもらう機会になるように、しっかりとしたマナーを身につけて望みましょう。

<続きを読む>

☆☆☆

4.結婚挨拶後のお礼状の書き方 文例と堅苦しくないように書いた文を紹介

結婚する彼の親に挨拶に伺った後、お礼状を出すのがマナーであり、丁寧な印象を与えることができると言われています。

私も悩みましたが、お礼状を彼の父母宛てに送ったことで良い印象を持ってもらうことができました。

本やインターネット上には一般的な文例がたくさんありますが、私はあまり堅苦しくならないように自然な言葉で書くようにしましたので、実際の文章を紹介いたします。

<続きを読む>

結婚したあとの行事に関する悩み

5.郵便局の転送届から1年以内に再度引越し 2回目を提出?上書きの仕組みとは

引越しや結婚で住所・名字変更をしたときには、様々な手続きが必要になります。

そんな忙しいときに助かるのが、郵便局の郵便物転送サービスを受けるための転居届です。1年以内は旧住所に届いた郵便物も新住所へ転送してくれます。

しかし、その1年以内に再度引越しをした場合、どのように手続きしたら良いのか迷ってしまう人も。

転居届は1年に2回出しても良いのか、出さなかった場合郵便物はどうなるのか、転居届の上書きの仕組みをご紹介します。

<続きを読む>

☆☆☆

6.結婚報告と喪中が重なったら年賀状や喪中はがきは?寒中見舞い文例紹介

入籍や結婚式を挙げた翌年の年賀状を、結婚報告を兼ねた内容で送ろうと考える人は多いのではないでしょうか。

私は結婚した年に主人の祖母が亡くなってしまい、喪中での結婚報告をどのようにするか悩みました。

結婚報告と喪中が重なってしまった場合、年賀状はどのようにしたらよいのか、寒中見舞いに結婚報告を兼ねる場合の文例についてご紹介します。

<続きを読む>

☆☆☆

7.結婚後に両親へ誕生日プレゼントあげる?あげない?予算相場や嬉しいものは?

結婚する前に自分の父や母の誕生日にプレゼントを欠かさず贈っていた人もいれば、気が向いた時だけ贈っていた人や、まったく気にしていなかった人もいるでしょう。

では、結婚後はお互いの両親に誕生日プレゼントを贈った方が良いのでしょうか?

実際のところ、どれくらいの人が贈っているのか、あげる場合の予算相場、貰って嬉しいものをご紹介します。

<続きを読む>

☆☆☆

8.初めてのお中元でのマナー 結婚後は実家に贈る?両親へのおすすめは?

独身の時はお中元を贈る習慣がない人も多いですし、自分の実家や親戚間ではお中元を贈り合っていないというご家庭もあるでしょう。

両親や義両親にも贈った方が良いのか、贈るならどんなものが喜ばれるのか、悩んでしまいますよね。

私は親のある一言がきっかけで「お中元は贈り合わない」と決まって、安心したのを憶えています。

我が家の事例と共に、お中元のマナーや贈る場合のお勧めの品物についてご紹介します。

<続きを読む>

☆☆☆

結婚するときには、新居へ引っ越しされる方が多いと思います。

気持ちよく新生活を始めるために、自宅周辺にお住いの方とも良いお付き合いをしていきたいものですね。

⇒「引っ越しについてのお役立ち記事一覧」はこちら★