結婚の挨拶での女性の服装 冬のタイツやパンツはOK?夏の注意点は?

結婚相手の男性の親に挨拶に伺うというのは、初対面はもちろんのこと、何度か会ったことがある方でも緊張することですよね。

「どんな服を着ていったらいいんだろう?」「印象良く思ってもらいたい!」と悩みや不安は尽きることがありません。

私は北海道で真冬の挨拶でしたので、厚手のコートや黒いタイツ、ブーツを履いていいのかについても相当悩みました。夏には夏で、悩む点がたくさんあります。

結婚挨拶に伺うときの、女性の服装についてご紹介します。

スポンサーリンク

結婚の挨拶に行くときの女性の服装 冬のタイツはOK?

男性の親に結婚の挨拶に伺うときの服装

挨拶の時の服装は、ワンピースもしくは膝が隠れる丈のスカートの上にブラウスを着て、ジャケットやカーディガンを羽織るスタイルが一般的で好ましいといえます。スカートの下は肌色ストッキングを着用します。

蛍光色やきつい色(真っ赤、真っ青、金・銀)以外を選ぶようにしましょう。クリーム色、ベージュ、薄いピンク、若草色などは明るい印象を受けやすく、多くの人に好まれると思います。

柄入りのスカートやワンピースでも良いですが、多色使いを避けたシンプルなものが無難です。

普段スカートやワンピースを着ない人

改めて購入するのであれば、ジャケットとワンピースのセットの購入をお勧めします。色はベージュやオフホワイト、淡いクリームなど華やかなものが良いでしょう。黒や紺色はイメージがどうしても暗くなってしまいます。

普段は使わなくても、両親との顔合わせのお食事会やお子さまが生まれた後は入園式などでも着用することができますよ。

普段からスカートやワンピースを着ることが多い人

ひざ丈の綺麗めなワンピースや、シンプルなスカートがあれば、それを選んでも良いと思います。上に羽織るものをカジュアルなカーディガンではなく、ジャケットやボレロタイプのカーディガンにすると引き締まりますよ。

ふわふわと広がりのあるカジュアルなスカートを選ばないよう気を付けてくださいね。

靴やバッグ選びのポイント

靴は玄関先で脱ぐことになりますし、外出先でも見えにくい部分なのであまり気にする必要はありませんが、パンプスが好ましいでしょう。

派手な色やカジュアルすぎるデザインは避け、ヒールや表面があまりにも傷ついているのは止めておきましょう。ヒールが高すぎるのはあまり良いとは言えないですが、逆にペタンコなパンプスでは問題ありません。

バッグの色や形は派手でなければあまり気にする必要がありませんが、ななめに掛けるショルダータイプのものよりは、手で持てるタイプか、肩にスッと掛けるタイプの方が綺麗に見えるでしょう。

冬の服装選びのポイント

服装を選ぶ際、明るい色を選びたいところですが、季節に合わないと感じたときは少し暖色系でオレンジ、ブラウン、グレー、チャコールでも良いと思います。

雪の降る寒い地域にお住まいの方ならわかると思いますが、冬に肌色ストッキングを履いている人はほとんど見ないですよね?家の中であっても、相手の母親が肌色ストッキングを履いている可能性は低い気がします。

また、「寒い格好をしている=身体を大事にしていない」と捉えてしまう人もいるようです。一般的には肌色ストッキングが良いと言われていますが、冬場はデニール80くらいの黒タイツでもまったく問題ないと思います。

私は真冬に結婚の挨拶に伺い、駐車場から家までは雪道が続くと聞いていたので、黒タイツにロングブーツ着用にしました。もちろん何も言われませんでしたし、むしろパンプスで伺った方が違和感を感じられてしまったかもしれません。

悩んだときは、一般的な情報を信じるよりも、同じ地域で挨拶を経験された方の話を聞いてみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

結婚の挨拶で女性のパンツスタイルはOK?

無難でお勧めなのはワンピースやスカートですが、パンツスタイルで伺っても問題はありません。もちろん、ジーンズは例外でマナー違反にあたります。

今回は「息子のお嫁さん」という立ち位置での挨拶になるので、仕事ができそうなカッチリスタイルよりも、女性らしく控えめな印象をもたれやすいスカートを選ぶ方が多いです。

しかし、仕事帰りに挨拶に行く場合や、どうしてもスカートを避けたい人もいます。なるべく柔らかい印象になるようなパンツスタイルにしましょう。清潔感のある上品な印象のスタイルを選び、ストッキングの着用を忘れないようにしましょう。

事前に相手の男性に、リビングはソファではなく床に直接座るのか、和室に通される可能性があるのかを確認しておくのもお勧めです。

パンツでの長時間の正座は慣れていないと苦しいものです。その場合はスカートの方があなたもゆったり過ごせるでしょう。

結婚の挨拶に行くときの女性の服装 夏の注意点は?

当たり前のことですが、どんなに暑くても裸足はNGです。肌色ストッキングを着用しましょう。

また、挨拶の時には露出は控えた方が好ましいです。暑い時期だと、ノースリーブなどの腕が出ているワンピースが着たくなりますが、必ず何かしら羽織るようにしましょう。

ジャケットであれば麻の素材や裏地のないもの、カーディガンであればボレロタイプで形が綺麗なものを選ぶと良いです。

相手の男性に「実家は夏、どのくらい暑い?」など聞いておくと、服装を決める参考になります。私の義実家のように、夏はクーラーをガンガン効かせているため、寒いくらいの家もありますので…。

家に入る前に、汗でメイクがよれたりしてないか鏡で確認を忘れないでくださいね。

まとめ

相手の親への結婚の挨拶は、人生での大切な節目の一歩です。

今後お世話になったり、お世話をしたり、大きな意味での家族になる相手なので、印象は良くしたいところです。そう思うと、些細なことでも気になってしまうもの。

挨拶のときは何事も「控え目」が大切になります。 控え目な化粧、控えめなネイル、控えめな露出、控えめな色合いで、当日を迎えましょう。

スポンサーリンク

他にも結婚挨拶や相手家族との付き合い方について書いた記事がありますので、参考にしてくださいね。
CHECK⇒結婚の挨拶や結婚後の付き合いについてのお役立ち記事一覧はこちら★