「 結婚 」一覧

結婚式が秋冬の場合タイツや黒ストッキングはあり?柄入りでも良い?

結婚式が秋冬の場合タイツや黒ストッキングはあり?柄入りでも良い?

秋から冬の時期に結婚式にお呼ばれした時、厚手のタイツを履きたいと考えたり、黒色のストッキングを選ぼうとする方も多いと思いますが、マナー違反ではないのでしょうか?秋冬の結婚式に出席する際のタイツやストッキングの色や柄など、足元についてのマナーをご紹介します。

初めてのお中元でのマナー 結婚後は実家に贈る?両親へのおすすめは?

初めてのお中元でのマナー 結婚後は実家に贈る?両親へのおすすめは?

結婚して初めて迎えるお中元の時期。両親や義両親にも贈った方が良いのか、贈るならどんなものが喜ばれるのか、悩んでしまいますよね。親の一言がきっかけで「お中元は贈り合わない」と決まった我が家の事例と共に、お中元のマナーや贈る場合のお勧めの品物についてご紹介します。

結婚式が雨の場合の靴の履き替えや服装の注意点 折り畳み傘が良い?

結婚式が雨の場合の靴の履き替えや服装の注意点 折り畳み傘が良い?

結婚式を挙げる側だけでなく、参加する側も気になってしまうのが天気予報。雨や雪が降ったり、台風により強風に見舞われると、お気に入りの靴や服が汚れてしまうだけでなく、体調を崩す原因にもなりかねません。また、濡れた格好で結婚式や披露宴に参加するのは避けたいですよね。雨の日でも安心して結婚式に参列するために、準備した方が良い持ち物や注意点についてまとめました。

北海道の会費制結婚式はご祝儀不要?お祝いの相場と嬉しいプレゼントとは

北海道の会費制結婚式はご祝儀不要?お祝いの相場と嬉しいプレゼントとは

北海道は冠婚葬祭の習慣が本州と異なる部分があり、その中でも有名なのは、結婚式(披露宴)を会費制で行う人がほとんどだということです。本当にご祝儀は不要なのか?会費だけではなく、お祝いを渡したい場合の相場はどれくらいなのか? 招待制でご祝儀を渡す習慣のある人が北海道の会費制披露宴に参加する場合、戸惑うことが多いと思います。北海道で生まれ育った私が、北海道の結婚時のお祝い事情についてご説明します。

結婚式の招待状が届いたけど欠席する場合のマナーや書き方 お祝いは?

結婚式の招待状が届いたけど欠席する場合のマナーや書き方 お祝いは?

結婚式(披露宴)の招待状は、事前に出欠の確認をとった上で、出席できるという方にお送りするのが基本(マナー)になってます。というのも、結婚式の招待状に「欠席」欄があるのは建前上のことで、招待状に「欠席」で返信することは失礼にあたることとされていたようです。しかし、やむを得ない都合で出席予定だったけれど欠席せざるを得ないこともありますよね。招待状を頂いてから欠席で返事をする場合のマナーや返信ハガキの書き方、どのようにお祝いをすべきかをご紹介します。

北海道の会費制結婚式のマナーまとめ ご祝儀は不要?会費の出し方は?

北海道の会費制結婚式のマナーまとめ ご祝儀は不要?会費の出し方は?

本州で生まれ育った人が、北海道での会費制結婚式に参加することになると「会費制?招待制とどう違うの?」と戸惑うことが多いのではないのでしょうか。私は生まれも育ちも北海道ですが、社会人になるまで会費制が当たり前だと思っていたほど、北海道では会費制が主流です。独特の文化ですが、実はとてもわかりやすい仕組みで、参加される側にとっても負担の軽い面もある会費制。参加されるときに戸惑わないためのマナーをご紹介します。

結婚挨拶後のお礼状の書き方 文例と堅苦しくないように書いた文を紹介

結婚挨拶後のお礼状の書き方 文例と堅苦しくないように書いた文を紹介

結婚する彼の親に挨拶に伺った後、お礼状を出すのがマナーであり、丁寧な印象を与えると言われています。今は電話やメール、SNSが主流で手紙を書くことは少なくなってしまいましたが、手書きから伝わる温もりや、形に残しておける手紙は貰うと嬉しいものです。私も悩みましたが、「出さないで失礼にあたることはあっても、出すことで不快になることはないだろう」と考え、送ったことで良い印象を持ってもらうことができました。本やインターネット上には一般的な文例がたくさんありますが、私はあまり堅苦しくならないように自分の言葉で書くようにしましたので、実際の文章を紹介しようと思います。

結婚の挨拶での手土産の相場や渡すタイミング どんな言葉を添える?

結婚の挨拶での手土産の相場や渡すタイミング どんな言葉を添える?

結婚することになり、相手の実家へ挨拶へ行くことになった時に持っていく手土産。「金額は?」「何を選ぼう…」という購入前の悩みから、「いつ渡そう?」「どうやって?」という渡す時の悩みまで、不安な気持ちは募るばかりだと思います。相手の家族に良い印象を持ってもらう機会になるように、きちんとマナーを身につけて望みましょう!

結婚の挨拶での女性のマナー 両親の呼び方や会話の流れを紹介

結婚の挨拶での女性のマナー 両親の呼び方や会話の流れを紹介

お互いの結婚の意思が固まり、まず行うのが双方の両親への結婚の挨拶ですね。初対面はもちろんのこと、交際相手として紹介されたり、何度か会っている場合でも、また違った緊張感や不安があるものです。「認めてもらえるだろうか…」という不安な気持ちを少しでも楽にするためにも、マナーや当日の流れを頭に入れて、気持ちを楽に挨拶の日を迎えたいですね。ここでは、女性が男性の親へ挨拶に伺うときのことを実体験をまじえてご紹介します。

結婚の挨拶での女性の服装 冬のタイツやパンツはOK?夏の注意点は?

結婚の挨拶での女性の服装 冬のタイツやパンツはOK?夏の注意点は?

結婚相手の男性の親に挨拶に伺うというのは、初対面はもちろんのこと、何度か会ったことがある方でも緊張することですよね。「どんな服を着ていったらいいんだろう?」「印象良く思ってもらいたい!」と悩みや不安は尽きることがありません。私は北海道で真冬の挨拶でしたので、厚手のコートや黒いタイツ、ブーツを履いていいのかについても相当悩みました。夏には夏で、悩む点がたくさんあります。この記事が、同じように悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。