「 紫外線・日焼けの悩み 」一覧

海の日焼け防止対策まとめ メイクのおすすめは?役立つグッズ紹介

海の日焼け防止対策まとめ メイクのおすすめは?役立つグッズ紹介

夏になると家族や仲間たちで海へ遊びに行くという人も多いですよね。暑い日の青い空の下の海はとても気持ちが良いもので、海でのレジャーは国内外問わず人気があります。そんな時に心配なのが紫外線による日焼け。シミ・シワなどの美容面や健康への影響を考えても、なんとか日焼けは防ぎたい!どうしよう?と悩む人がほとんどだと思います。せっかく海で楽しんだのに、帰ってきてから痛みや腫れに悲しむのは嫌ですよね。そうならないための日焼け防止対策や役立つグッズ、女性のメイク方法について紹介します。

体に塗った日焼け止めの落とし方 クレンジングのおすすめを紹介

体に塗った日焼け止めの落とし方 クレンジングのおすすめを紹介

男性、女性問わず様々なトラブルの原因となる紫外線。その対策として、レジャーやイベントなどで長時間屋外にいるときは、SPFが高くて強力な日焼け止めを選んで使うという方も多いと思います。しかし、夜になって落とそうとしたときに、普通に身体を洗ってもなんか綺麗に落ちない…水を弾いたり、匂いが残っている…なんてことありませんか?日焼け止めの落とし方とクレンジング方法での落ち方の違い、おすすめの商品や代用できるアイテムを紹介します。

日焼け止めの寿命とは 未開封の場合の使用期限とオススメの保管方法

日焼け止めの寿命とは 未開封の場合の使用期限とオススメの保管方法

お肌の大敵である紫外線から、皮膚を守るために使用する日焼け止めクリーム。普段使い用のSPF値が低めの商品と、レジャーやアウトドア用のSPF値が高めの商品を使い分けている人も多いです。私もそうしています。でも、使う機会が限られている分、中途半端に余ってしまうこともあるんですよね。高価なものだとなおさら捨てるのはもったいないですよね。日焼け止めクリームには寿命があるのか、未開封の場合はいつまで使えるのかについて、ご説明します。

日焼け止めは肌に負担?紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の影響と見分け方

日焼け止めは肌に負担?紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の影響と見分け方

紫外線によるシミ・シワ対策には欠かすことのできない日焼け止め。しかし、肌が弱い人やアトピー体質の人は、日焼け止めの成分により肌が負けてしまい、赤みや痒みがでてしまうことも…。こういった肌トラブルの原因となりやすい紫外線吸収剤や紫外線散乱剤とは、どのようなものなのか。その見分け方を知り、あなたの肌に合った日焼け止めを選びましょう。

紫外線は室内でも対策必要 カーテンの効果と防止フィルムの紹介

紫外線は室内でも対策必要 カーテンの効果と防止フィルムの紹介

お肌の大敵である紫外線。最近では、皮膚がん白内障のリスクも高まるとして注目されています。日焼け止めや日傘・帽子で対策をしている方も多いと思いますが、外出時だけで安心でしょうか?実は、家の中にも紫外線は降り注いでいるんです。部屋の中に入ってきた紫外線は、家具などを傷めて日焼けの原因となってしまうことも。室内での紫外線対策についても、取り組んでいきましょう。

日焼け止めのSPFとPAの違い 選び方のポイントと数値の目安は?

日焼け止めのSPFとPAの違い 選び方のポイントと数値の目安は?

男女年齢問わず、紫外線への対策への意識が高まってきたこともあり、お店にはたくさんの日焼け止めクリームが売られています。日焼け止めに書いてある「SPF」と「PA」の違い、理解していますか?また、どんな点に注意して選んだら良いのでしょうか。あなたの生活パターンや使用する用途に合わせた数値の目安をご紹介します。

紫外線がピークの時間帯は?朝や夕方も対策必要?強さと天気の関係性

紫外線がピークの時間帯は?朝や夕方も対策必要?強さと天気の関係性

美容面だけでなく、皮膚がんや白内障のリスクも高まるといわれている紫外線によるダメージ。オゾン層の破壊で、オゾン層の破壊により、地上に到達する紫外線が増加していることも気になります。時間帯で紫外線量はどのように変化するのかご存じですか?朝や夕方も対策は必要なのか、天気によって紫外線の強さはどう違うのかについてまとめてみました。

紫外線の季節による強さを比較!対策は夏だけでなく冬も必要?

紫外線の季節による強さを比較!対策は夏だけでなく冬も必要?

太陽からの日差しと共に降り注がれる紫外線。女性が気になるシミやそばかすの原因となるだけでなく、近年では皮膚がんや白内障のリスクも高まるとして注目されています。しかし、夏が過ぎて日差しが弱まってくると、シミ・そばかすに敏感な女性でも油断してしまいがち。冬の間は日焼け止めを使わず、雪が解けて春に近づいてくると、「いつから日焼け止めを塗ろうかな…」なんて考える人もいるのではないでしょうか?数年後に後悔しないためにも、季節による紫外線の強さの変化を理解して、自分なりの工夫や対策を始めましょう。