日焼け止めの寿命とは 未開封の場合の使用期限とオススメの保管方法

お肌の大敵である紫外線から、皮膚を守るために使用する日焼け止めクリーム。

普段使い用のSPF値が低めの商品と、レジャーやアウトドア用のSPF値が高めの商品を使い分けている人も多いです。私もそうしています。

でも、使う機会が限られている分、中途半端に余ってしまうこともあるんですよね。高価なものだとなおさら捨てるのはもったいないですよね。

日焼け止めクリームには寿命があるのか、未開封の場合はいつまで使えるのかについて、ご説明します。

スポンサーリンク

日焼け止めには寿命ってあるの?

日焼け止めには使用期限が記載されていない商品が多いですが、基本的には開封後1年以内に使い切った方が良いといわれています。

防腐剤が少ない、または使われていない商品は寿命がさらに短くなり、「開封後3か月以内」などと使用期限が記されている場合もあります。

1年前の日焼け止めの紫外線防止効果は?

SPFやPAといった紫外線防止効果は相当長く有るはずなので、使用しても購入時と同様の効果を得ることができます。

1年前の日焼け止め使用で肌への影響は?

日焼け止めを肌を馴染ませたり、炎症を抑えるために「化粧品」としての部分が成分の半分以上を占めます。そのため、劣化については、化粧品と同じように考える必要があります。

ベースとして使われている乳液などは時間が経つごとに酸化、劣化してしまいます。また、日焼け止めの多くはアルコール分が含まれ、その揮発や、防腐剤の劣化などが考えられます。

つまり、あなたが普通使うファンデーションや化粧下地などと同じように、翌年以降の使用は考えたらよいと思います。

少々の成分劣化程度では肌が荒れないというのであれば、翌年の使用でも肌への影響はあまり無いかもしれませんが、敏感肌の方は特に注意が必要です。

「使ってみようかな?」という時のチェックポイント

もし、1年以上前の日焼け止めを使おうと思った時は、使用前に以下のことを確認してください。

・変な臭いがしないか
・黄色く変色していないか
・ちゃんとふったのに、分離していないか

どれか一つでも当てはまれば使用は止めるべきです。問題なさそうであれば、顔に使用する前に腕などに塗ってパッチテストをしてみましょう。

私は、1年前に顔の紫外線対策として使用していた日焼け止めが残ってしまったときは、翌年顔には使わず腕や脚などの身体部分に使うようにしています。

スポンサーリンク

日焼け止めが未開封の場合の使用期限は?

薬事法により、3年以上大きな品質低下がなく使用に問題なければ、製造年月日や使用期限の明記を必要としないと定められています。このことにより、未開封であれば3年間は問題なく使えるようです

未開封の場合でも、直射日光や高温多湿を避けた場所で保管するようにしてくださいね。

また、商品の裏側にはメーカーのお問い合わせ先やお客様相談室の電話番号が載っていることが多いので、気になる場合は問い合わせてみてはいかがでしょうか?

日焼け止めのオススメな保管方法とは

日焼け止めを保管する場所

・直射日光の当たらないところ
・高温や多湿はNG
・常温のところ

日焼け止めは、保存状態が悪いと酸化や劣化が早く進みます。洗面所やお風呂場、窓際の収納の中などは高温多湿になりやすいので、保管には不向きです。

冷蔵庫での保管はダメ!?

日焼け止めを冷蔵庫に入れて保管すると、油分と水分が分離することがあります。

また、日焼け止めは常温保存することを前提として作られているので、冷蔵庫からの出し入れによる温度変化や冷却により、日焼け止めジェル・クリームの質感が変ってしまうことがあります。

冷蔵庫に保管したからといって、開封した化粧品の使用期限が伸びることはないので、なるべく高温多湿の場所を避けて保管するようにしましょう。

ただし、日焼け止めの中には冷蔵庫での保存をすすめているものがあります。保存料を使わないオーガニック系のものは説明書きをチェックしてみましょう。

容器は清潔にしておく

1シーズン内での使用であっても、不衛生な状態で使用を続けてしまうと、すぐに雑菌が繁殖して劣化してしまいます。

日焼け止めの容器の口の部分は手に直接触れないようにしたり、使用後は口の部分を綺麗なティッシュなどで拭き取って液ダレを放置せず、清潔さを保つようにしましょう。

まとめ

日焼け止めクリームの消費期限や保管方法の参考になりましたか?

少々割高になりますが、小さいサイズの商品もたくさん売られています。使用機会の少ない場合は、1シーズンで使い切れるような小ぶりのものを選択すると良いですね。

未来のお肌のためにも、正しい知識をもとに紫外線対策していきましょう。

スポンサーリンク

⇒紫外線・日焼け止めについての記事一覧はこちら★