体に塗った日焼け止めの落とし方 クレンジングのおすすめを紹介

男性、女性問わず様々なトラブルの原因となる紫外線。

その対策として、レジャーやイベントなどで長時間屋外にいるときは、SPFが高くて強力な日焼け止めを選んで使うという方も多いと思います。

しかし、夜になって落とそうとしたときに、普通に身体を洗ってもなんか綺麗に落ちない…水を弾いたり、匂いが残っている…なんてことありませんか?

日焼け止めの落とし方とクレンジング方法での落ち方の違い、おすすめの商品や代用できるアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

体に塗った日焼け止めの落とし方は?

日焼け止めが落ちていないんじゃないか…とわかるポイントはいくつかあります。

・お湯や水ををはじいてしまう
・触ると、脂の膜に被われたような感覚がする
・肌のキメの間に白く残っている
・粉が吹いたように白く残っている
・タオルで拭いてもサラサラしない
・日焼け止めの匂いが残っている
・肌荒れをするようになった

メイクをしている場合は、クレンジングによって化粧と一緒に日焼け止めも落ちますが、体に塗った日焼け止めはボディソープで洗っただけではスッキリ落ちないこともありますよね。

汗などを綺麗に洗い流しても、日焼け止めが肌に残っているのは気持ち悪いですし、肌が弱い方はトラブルの原因ともなります。

「こすれば落ちるかも?」という安易な考えで、ゴシゴシと強く体を何度も擦るのは、摩擦で肌がダメージを受けてしまいますのでオススメしません。

顔に塗った日焼け止めの落とし方は、「日焼け止めはクレンジング必要?おすすめ商品と落とし残しの影響とは」でご紹介しています。

商品の説明欄を確認しよう

商品のパッケージや裏面には、日焼け止め使用後の落とし方について書いてある商品がほとんどです。

「石鹸で落とすことができます」

このように書いてある場合は、普段使用している一般的な石鹸やボディソープで落とすことができるとされている商品です。

クレンジング不要で簡単に落とすことができるとされる商品が年々増えていますが、使用した人が全員満足に綺麗に落ちるかというと、そうではありません。

何度も重ね塗りをした場合や、ウォータープルーフの商品は、いつもどおり体を洗っただけでは落ちていない感じがするときもあります。

「メイクも落とすことができる」と言われている炭石鹸や洗顔料、「日焼け止めも落とすことができる」と書かれているボディソープを使ってみると良いと思います。

「専用のクレンジングの使用をお勧めします」

このように書いてある場合は、ウォータープルーフの商品で耐水性を高めているため、普通の石鹸やボディソープだと落ちにくくなっています。

使用している日焼け止めと同じ会社で作られているクレンジングを購入するのが確実な方法ですが、わざわざ体のためだけに購入…?という考えもありますよね。

次の章で紹介するように、顔に使うこともできるクレンジング剤を使って落とすことをお勧めします。

スポンサーリンク

体に塗った日焼け止めが落ちやすいクレンジングは?

体のクレンジング方法や使う商品は、顔と特に変わりはありません。

売られているクレンジングには様々な種類がありますが、「日焼け止め用」と書いてあるクレンジングと通常のクレンジングを比較すると、「日焼け止め用」と書いてある方が洗浄力が強いと販売員の方は説明していました。

クレンジング別の落ちやすさの違い

クレンジング別の落ちやすさは、このような順になります。

オイルタイプ

ジェルタイプ

クリームタイプ

シートタイプ

オイルタイプ

○メリット  クレンジング剤の中では一番落ちやすい

×デメリット 必要な皮脂まで奪いとり、お肌が乾燥する場合がある

ジェルタイプ

○メリット  ジェルもオイルの変形なので、比較的落ちやすい

×デメリット オイルと同じく、お肌が乾燥する場合がある

クリームタイプ

○メリット  刺激が弱く、保湿性があるので乾燥肌の人に向いている

×デメリット あまり落ちが良くない

シートタイプ

○メリット  帰宅後やスッキリしたいときに手軽に落とすことができる

×デメリット 一番落ちが良くない、強く擦ると摩擦で肌に負担がかかる

日焼け止めのクレンジングでおすすめは?

石鹸やボディソープで日焼け止めがしっかり落ちない場合は、上で紹介したクレンジングのいずれかを使うことになります。

体に塗っている日焼け止めは顔よりも広範囲で、耐水性の強力な日焼け止めも多いため、洗浄力が強いオイルタイプのクレンジングがおすすめです。

ウォータープルーフなど防水性が高くて落ちにくい日焼け止めは、洗浄力があるオイルクレンジングでないと落ちない可能性があります。

⇒楽天市場でオイルクレンジングのランキングを見てみる

その商品にもよりますが、手や肌に水分があるとオイルがなじみにくくなってしまうので、
できるだけ手や肌が乾いた状態でおこなってくださいね。

私はオイルクレンジングを使うと吹き出物ができやすいため、顔はクリームタイプの化粧落としを使っていますが、体はオイルタイプでも影響はないので、こちらのオイルクレンジングで日焼け止めを落としています。

最初に選んだときは価格の安さ重視でしたが、手や肌がぬれていても使用でき、洗い心地もとても良いです。

クレンジングを家にあるもので代用する場合は

「いつも使っている弱めのクレンジングでは落ちてくれない!」と困ったときは、オリーブオイルでのクレンジングを試してみてはいかがでしょうか?

購入したクレンジング剤が合わないと感じた場合もお勧めです。

適量を出して、肌の上であたためながら伸ばし、ゆっくりとほぐすようにマッサージするのがよく落ちるポイントです。

量は日焼け止めの落ちにくさや範囲に合わせて人それぞれですが、少し多いかな?と思うくらいたっぷり付けると、肌に摩擦を与えてしまう心配が少なくなります。

そのまま水で洗い流さず、泡立てた石鹸やボディソープをつけてから一緒に洗い流してください。日焼け止めも綺麗に流れていってくれます。

スポンサーリンク

まとめ

私も今まで色々な日焼け止めを使ってきましたが、「洗顔石鹸のみで落ちる」と書いてあっても、石鹸だけでは落ちた気がしない商品がたくさんありました。

逆に、ウォータープルーフと書いてあるけど、いつも使用しているボディソープでほとんど落ちているのでは?と感じる商品もあり、成分やそのときの塗り具合で変わるのかなと思いました。

パッケージなどに書かれている指示を参考にしつつ、肌や日焼け止めとの相性で決めると良いですね。

⇒紫外線・日焼け止めについての記事一覧はこちら★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする