雨の日にレインブーツは履く?おすすめコーディネートや選び方を紹介

雨の日や台風時期の外出は、少しの時間でも足元がビシャビシャになってしまいますよね。

最近ではオシャレなものやスタイル良く見えるもの、ロングやショート丈など様々な種類のレインブーツが売られており、通勤や通学時はもちろん、普段のお出かけでもレインブーツ(長靴)を履く女性が増えてきています。

私もバスで通勤していたので、雨の日はレインブーツを愛用するようになり、今でも雨の日の買い物など普段使いで履いています。

レインブーツのおすすめポイントと履くときのコーディネート、選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

雨の日に女性がレインブーツを履く理由とは

もともと長靴は農作業をする際や漁師の方が履くものという考えが一般的でした。

しかし、横文字で「レインブーツ」と呼ぶようになり、オシャレな色や柄などファッション性を強調したデザインがたくさん売られるようになったことで、雨の日の通勤・通学やお出かけで使用されるようになりました。

「長靴を履いて街中を歩くのは…」と違和感を感じる人がいる一方、「雨の日用の靴として一つ持っていると便利」と重宝されるアイテムとなっています。

レインブーツを履かない理由

・歩きにくい
・蒸れると足が臭くなる
・重いので歩いていると疲れやすい
・置き場所ががさばってしまう

確かにレインブーツは重いものが多いので、歩きにくいですし、足が疲れやすくなってしまいます。冬場のロングブーツと同じように、置き場所の確保に困る人もいるようですね。

最近では、レインシューズと呼ばれるラバー素材の防水加工されたパンプスやスニーカーも多く売られています。

長靴と比べると濡れやすくはなりますが、靴へのドロ汚れや雨水が吸い込むのを防ぐという面ではとても良いと思います。

レインブーツを履く理由

ファッション面

・オシャレな長靴が売られていて「履いてみたい!」と思った
・ミニ丈のボトム(ショートパンツやミニスカート)が抵抗なくはきやすくなる

機能面

・以前よりも大雨(ゲリラ豪雨)が降るようになり、普通の靴では太刀打ちできなくなった
・お気に入りの靴が汚れたり、ダメージを受けてしまうのが嫌
・子どもが長靴を履くと、水たまりや泥道でもはしゃいで汚れが飛んでくる
・濡れて不快な思いしたくない
・雨水が染みないように、気を使って歩くのがめんどくさい

機能面の悩みを解決したいという気持ちと、おしゃれなデザインが増えてきたという変化が合わさって、レインブーツを履く女性が増えてきているのですね。

スポンサーリンク

雨の日にレインブーツを履いた時のコーディネートはどうする?

パンツスタイルでレインブーツを履くときのコーデ

台風だと雨だけでなく強風も悩みの種なので、絶対にパンツスタイル!という日もありますよね。

定番スタイルは、スキニータイプのジーンズやチノパンをレインブーツにインするスタイルです。ショートパンツやハーフパンツでも、細めのレインブーツを合わせれば細見え&足長効果が得られます。

スカートでレインブーツを履くときのコーデ

スカートが短めなら、長めのレインブーツでスタイルアップ&足長効果を。スカートが長めの女の子らしいスタイルなら、短めのレインブーツでも抜け感があってバランスが良くなります。

Aラインのワンピースをレインブーツで引き締めるのも人気の定番スタイルです。春先なら明るめなカラータイツやレギンスと合わせるのも◎

ストッキングやタイツだと長靴の中で足が滑りやすいですし、夏でも裸足は蒸れやすくなります。隙間から雨が入ってしまう可能性もあるので、ショート丈の靴下を履くのも良いですね。

雨の日用のコーディネートを決めておくのがオススメ

私は通勤着がシンプルな色味が多かったので、あえてレインブーツは水玉を選びました。

雨の日にレインブーツを履くのが楽しみになり、「長靴かわいいね~どこで買ったの?」と周りの人にも好評でした。

レインブーツに合う服を考えて「雨が降ったらこれを着よう」と2パターンほど決めておくと、雨が降ってヘアスタイルが決まらない朝でも焦らず準備ができますし、お気に入りのレインブーツを履くのが楽しみになると思いますよ。

自分の中での「雨の日だからこそできるスタイル」というのを見つけてみてくださいね。

レインブーツの選び方のポイントを紹介

レインブーツの長さと服装の相性で選ぶ

上で紹介したように、パンツスタイルでブーツインが定番スタイルなのであれば膝丈くらいの長さが綺麗に見えます。

また、膝下~ミドル丈のスカートを履くのが定番スタイルなのであれば、膝丈のレインブーツだと重くなってしまうので、ショート丈がスタイル良く見えます。

レインブーツをお店で選ぶときには、自分がよくする格好やお気に入りのボトムを履いていくとイメージがしやすくて良いですね。

レインブーツの色や柄で選ぶ

人気で合わせやすいのは黒やネイビーなどの引き締め色や、ブラウンやカーキなどのナチュラルな色味です。

ボトムや上着、傘に柄物を持ってくることが多いのであれば、レインブーツはシンプルな色や柄にしておく方がよさそうです。

しかし、雨の日に気分を上げるために、あえて赤やグリーンやイエローのレインブーツでコーディネートの差し色にしている人もいます。

シンプルな色味のファッションに、足元で鮮やかなレインブーツを履いていると「おしゃれだな~」と思ってしまいます。他の人と被りにくいというメリットも。

また、かわいらしい柄物のレインブーツも増えています。無地のスカートに柄物のレインブーツを合わせるのもアクセントになってかわいいですね。

レインブーツの用途で選ぶ

雨を気にせず急いで歩きたい…
汚れたくない…
という機能性を重視するのであれば、長めのレインブーツが良いでしょう。

脱いだ後、邪魔にならないように…
歩く時間は少ないけど、お気に入りの靴は雨に濡れたくない…
という人は、短めのレインブーツを選ぶのが良いと思います。

また、1日中立ち仕事をしていると足が浮腫んでしまうもの。

サイドにジッパーが付いたタイプのレインブーツも人気ですので、浮腫みやすくて困っている方は試してみる価値がありそうですね。

結婚式などで雨の場合にも、レインシューズ・ブーツを備えておくと重宝しますよ。その点も考えて、デザインを選ぶのも良いですね♪

普段使いでもフォーマルでも合わせやすいレインシューズは、「雨の結婚式に出席する場合の持ち物リスト!履いていく靴のおすすめ4選」でご紹介しています。

まとめ

雨の日は気分が憂鬱になったり、ヘアスタイルが決まらなくて準備に時間がかかったりと、嫌なイメージを持つ人が多いと思います。

しかし、お気に入りのレインシューズやそれを活かしたコーディネートを取り入れることで外出が少し楽しみになってくるのではないでしょうか?

レインブーツを脱いだ後のお手入れについては、長靴の蒸れや脱いだ後の足の臭いの解消法 乾かし方のコツは?をお読みください。

スポンサーリンク