梅雨の時期の体調不良の原因は?頭痛の対処法とだるい気持ちの解消法

毎年やってくる梅雨の時期、頭痛やめまいや吐き気などの身体的症状が出たり、何もやる気が起きないといった精神的症状が出たりと、不調を感じる人は多いようです。

私は北海道なので厳密には梅雨ではありませんが、1年中通して低気圧が近づいた日や雨の日は、片頭痛とだるさに悩まされています。

なぜ、梅雨のときは体調不良が起きてしまうのでしょうか?

少しでも楽になるための対処法と、だるい気持ちを解消させるためのオススメの過ごし方をご紹介します。

スポンサーリンク

梅雨の時期に体調不良になる原因は?

気圧の関係

雨を降らせる低気圧が近づいてくると、心も体もだらしくなってやる気が起こらず、高気圧でカラッと晴れると逆にヤル気がでてきます。

自律神経には2種類あり、低気圧の時は心身を「リラックスモード」にする副交感神経を優位にし、高気圧の時は逆に心身を活動的な「アクティブモード」にする交感神経を優位にします。

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いているのですが、「リラックスモード」にも関わらず、天候の変化により交感神経の方が活発化してしまうと、体がだるくなったり、頭痛や強い眠気が襲ってきてしまうのです。

気圧が低下すると、血管が膨張して低血圧になったり、頭の血管が膨張することでも頭痛が起きやすくなります。

また、血液やリンパ液など全身の血の巡りが悪くなり、体が冷えてしまいます。冷え症の人は特に気をつけましょう。

湿度の関係

梅雨などで湿気の多い日は体がだるくなり、むくみがちです。

雨の日は大気の湿度が高く、皮膚の表面は常に湿気に覆われているので、本来は汗を出したいのに出しづらいという状態になっていると考えられます。

体の中で水分が停滞し、うまく汗を出せずにいると、汗と共に体外に排泄されるべき毒素、水分が体の中に閉じこもってしまいます。その結果、体が重だるい、頭重感やめまい、関節痛などが起こるようです。

スポンサーリンク

梅雨の時期に悩まされる頭痛の対処法とは

体の痛みや倦怠感、頭痛はすべて血流障害が原因です。梅雨時期は外出機会も減りがちですが、日中は血行を良くする程度の軽い運動を取り入れる必要があります。また、過食や冷たいものの摂り過ぎには注意が必要です。

試してみてほしいこと

・湯船にゆっくり浸る(熱すぎはNG、38~40℃程度)
・ストレッチやスクワットなどの軽い運動をする
・温かいお茶やホットミルクなどを飲む
・7時間以上の睡眠をとる
・太陽が出ている時は、窓越しでも良いので浴びる

身体が温まることにより血行がよくなり、楽になる人が多いです。

また、梅雨時期はは太陽光が弱く、朝起きてからずっと曇ったり雨が降っている日も少なくありません。

日の光を浴びる時間が足りないと「メラトニン」という体内リズムを整えるホルモンが出にくくなって、心のバランスが崩れてしまいます。このことも体調不良の原因だと言われています。

もし、わずかでも日が射したときは光を浴びて深呼吸するようにしましょう

やめた方がいいこと

・テレビやPC、スマートフォンを長時間みる
・活字を真剣に読む(リラックスできるならOK)
・冷たいものばかり飲食する
・カフェインを必要以上にとる

目の緊張状態が続いたり、肩が凝ってしまうと頭痛はさらにひどくなります。なるべく目は休ませるようにしましょう。

また、カフェインには体を冷やす作用もあります。冷たいものやカフェインはあまり摂らない方が良いでしょう。

梅雨の時期のだるい気持ちを解消する方法

頭痛と同様、入浴や岩盤浴などで身体を温めたり、積極的に動いて体を動かすことで気分がスッキリしてくるはずです。

どうしても気分が乗らない、外出するのも無理…という場合は、「梅雨のせいだから仕方ない!」と割り切って、家の中で何もせずゆったり過ごしましょう。

雨の日にオススメな過ごし方

・傘やレインブーツを新しくする
・雨の音を聞きながら、ゆったり読書する
・DVD鑑賞をする
・あじさいを見に行く

「雨の日だからこそできる」「雨の日が楽しみになる」という何かを見つけられると、気分も前向きになると思います。

まとめ

梅雨時期の体調不良は個人差がありますが、梅雨明けまで続くのか…と思うと余計に憂鬱になってきますよね。

有名どころではディズニーランドなどですが、雨の日限定のイベントなどや雨の日だけポイント2倍になる飲食店など、雨の日にしかできない楽しみ方も意外とあるものです。

スポンサーリンク

自分にあった対処法や楽しみ方を見つけて、梅雨時期の体調不良に悩まされないようになりたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする