雪の日にタクシー予約できる?つかまらない理由と料金は高くなるのか紹介

普段雪が降らない地域で雪予報がでると、JRや地下鉄が運休になって、通勤や通学に支障が出ることも。

そんな雪の日でもタクシーが運行しているのか、行列にならないか不安ですよね。

雨の日や雪の日に「なかなかタクシーが走ってない!」と困った経験がある方も多いはず…

雪予報の日にタクシーは予約しておけるのか、なかなかタクシーが捕まらないのはなぜなのか、運賃は高くなるものなのかをご紹介します!

スポンサーリンク

雪の日にタクシーは予約可能?

タクシーが配車予約を受け付けるかどうかは、タクシー会社の自由となってます。

最近は、ほとんどのタクシー会社で時間や場所を指定しての予約が可能ですが、雪の日には断られてしまうこともあるのが現実です。

前の日までに雪予報が出ている場合、事前にタクシーを予約しておけると安心なのですが、「当日朝の様子を見てからになるので、またお電話ください」と予約を受け付けてもらえない可能性もあります。

自宅から近いタクシー会社や、配車台数の多い(よく見かける)タクシー会社などに、一つずつ直接電話をしてお願いしてみるしかありません。

少しでも運転の負担が少なくなる、自宅に近いタクシー会社から電話してみるのもありです。

また、タクシーを利用したい人が増える雪の日や暴風雨の日は、予約や問い合わせの電話が多すぎて、タクシー会社への電話すら繋がらなくなることも。

根気強く電話を掛け続けて、もし事前には予約ができないようあれば当日また電話をしたり、「どのあたり(例:〇〇駅)に待機しますか?」と聞いておくのも良いですね。

スポンサーリンク

雪の日にタクシーがつかまらない理由3つ

雪の日にタクシー待ちの行列がテレビで紹介されていたり、実際に「いつもタクシーがたくさん停まっている場所に一台もない!」という経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか。

雪の日にタクシーがなかなか掴まらない理由は、大きく分けて3つあります。

スタッドレスタイヤや雪道用のチェーンが足りない

普段雪が降らないような関東や関西など本州のタクシー会社は、タイヤチェーンやスタッドレスタイヤの用意が不足していることもあります。

通常の出庫(配車可能)台数分を用意できていないと、「夏タイヤでは走行不可能」と判断した場合、配車台数が一気に少なくなることに。

そのため、走っているタクシーをみかけにくかったり、タクシーの回転が悪くなって掴まりにくくなってしまうのです。

雪道運転に自信のないドライバーが多い

出身も雪が少ない・降らない地方のドライバーは、雪道運転に慣れていません。

なので、自分の運転に自信のない運転手は、稼ぎよりも安全を優先して出動を控えることがあります。

雪国出身の運転手は限られているので、タクシーを利用したい客が増えるのに、ドライバーの出動率は減り、掴まりにくくなるというわけですね。

タクシー会社が配車を控えることもある

雪の日は、無理やり夏タイヤで走行を試みるドライバーや、安易にいつもどおりスピードを出してしまい事故を起こすドライバーが多くなります。

追突されたり、逆に追突してしまったりと貰い事故を起こす可能性も高いので、タクシー会社の判断で配車を控えるように指示が出ることも。

タクシーに使われている車は、パワーが少ないので雪道に向いているとは言いにくいです。

万が一、埋まってしまったりなどで予約をしたお客さんに迷惑・損害を与えてしまうことを考え、あらかじめ制限をする場合もあるということですね。

雪の日にタクシーは料金が割り増しになる?

タクシーの料金(運賃)は、乗車時間と走行距離によって決まります。

なので、「雪が降ったから」や「タクシーが少ないから」という直接的な理由で料金が上がることはありません。

しかし、トロトロ運転の車が多くて道が混んでいたり、スリップして(滑って)なかなかスピードが出せなかったりで、いつもの道よりは確実に時間がかかってしまうことが予想されます。

なので自然と乗車時間が長くなり、普段乗るときよりも料金は高くなってしまうでしょう。

予約料金や迎車料金に注意

タクシー会社によっては、予約した場合に料金が上乗せになる「予約料金」や「迎車料金」「時間指定料金」をとる会社もあります。

これは予約時や事前の問い合わせで教えてもらえるので、念のため確認しておくと安心ですね。

また、注意が必要なのが「予約した時間に自分が遅れてしまったとき」です。

予約した時間を過ぎても客(あなた)が現れない場合、「〇分後から運賃メーターをスタートさせる」という決まりを設けている会社もあります。

ドライバー個人の気分・采配も関わってくるようですが、配車をお願いした時間に遅れることのないように気を付けましょう!

スポンサーリンク

まとめ

当日の道の状況や、配車地点・目的地・経路によってタクシーが利用できるかが変わってくることが多いです。

タクシー以外の交通手段も検討しつつ、根気強く電話で問い合わせしてみましょう。

もし配車を予約する場合は、到着に時間がかかることも見込んで1時間くらい前倒しにするなど余裕を持つことをお勧めします。