冬生まれ赤ちゃんは掛け布団いらない?薄い方がいい?枚数は二枚必要?

まだ言葉を話すことのできない赤ちゃんのお世話はとっても大変。

生れたばかりの赤ちゃんは大人ほど体温調節機能が発達していないので、着ている洋服や掛けている布団の枚数や厚さによってすぐに体温が上下してしまいます。

他にも赤ちゃんにとって快適な環境を作るためには室内の温度や湿度など気を使わなければいけないことがいっぱいです。

特に冬生まれの赤ちゃんを持つママたちにとって、寝るときの防寒対策は頭を悩ませることのひとつではないでしょうか。

そこで今回は、冬生まれの赤ちゃんが寝ているときの掛け布団と暖房事情についてご紹介します!

スポンサーリンク

赤ちゃんの掛け布団は薄い方がいいの?

冬生まれの赤ちゃんは、1年で最も寒い季節に新生児期を過ごすことになります。

新生児期の赤ちゃんはとてもデリケートで、さらにお世話をする母親も出産を終えたばかりでまだ身体も気持ちも不安定なので、何かと過剰に心配してしまいがちです。

寝ている赤ちゃんが寒くないように…と、ついつい見るからに暖かそうな分厚くて重い掛け布団を選びたくなってしまいますが、それは違います!

赤ちゃんの掛け布団は、綿もしくは羽毛で保温性の高い薄手のものを選ぶようにしましょう。

生れたばかりの赤ちゃんは、体温調節機能が未発達なので室内の気温の上下がそのまま体温の上下に影響してしまいます。

一方で新陳代謝が活発なので、分厚い掛け布団で赤ちゃんをしっかり覆ってしまうと、体温の上昇をおさえるためにたくさん汗をかいてしまい、その汗が冷えて結果的に体を冷やしてしまうこともあります。

赤ちゃんの掛け布団が厚いのは危険!

分厚い掛け布団は赤ちゃんが手足を動かした際、布団がずれて赤ちゃんの口や鼻をふさいでしまう可能性があり、最悪の場合窒息してしまうことも。

保温性が高い薄手の掛け布団であれば、就寝中の赤ちゃんの体がしっかり温まりますし、万が一暑くなりすぎてしまったり、布団が顔周りにきてしまったりしても、赤ちゃんが自分で布団を払いのけることができます。

赤ちゃんが寒くないようにと、大人用の分厚い掛け布団を使うのはかえって赤ちゃんを危険にさらしてしまうことになるので、出来るだけベビー用の掛け布団を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの掛け布団の枚数 毛布と二枚必要?

そうはいっても大人でも掛け布団1枚じゃ寒い極寒期は、赤ちゃんだって掛け布団1枚だけじゃ寒くないか心配になってしまいますよね。

雪国に住んでいる方は特に悩んでしまうのではないでしょうか。

しかし、だからと言って掛け布団の上に毛布やブランケットを何枚も重ねて使用するのはNGです。

掛け布団の枚数が増えるとその分布団が重くなり、窒息などの事故につながる可能性が高くなるからです。

赤ちゃんは汗っかきなので、寒さの最盛期でも掛け布団1枚とその上にもう1枚、毛布かブランケットをかけてあげる程度で赤ちゃんの体は十分に温まります。

赤ちゃんが暑いか寒いかを確認する方法

赤ちゃんが暑がっているか寒がっているかは、温度の変化が激しい手足を触って確かめてもあまり参考になりません。

赤ちゃんは眠くなると体温が高くなるので、暑いor寒いに関係なく手足が温かくなることもあります。

そのため、確認するときは背中や胴体を触って汗をかいていないか、冷えていないかを確かめるのが一番わかりやすいと思います。

そして、必要に応じて薄手のブランケットや毛布など、掛け布団の上にプラスする寝具の素材や厚さを使い分けて、快適な温かさになるよう調整してあげましょう。

赤ちゃんが寝るとき暖房はつけっぱなしがいいの?

赤ちゃんが快適に過ごすことのできる冬場の室内の気温は20~23℃と言われていますが、冬場にこの温度を保つには暖房器具を使う必要があります。

ただし、就寝中は掛け布団によって体の温度が保たれているので、大人が暖房器具を使用しなくても就寝できる程度の寒さであれば、赤ちゃんが寝るときに暖房器具を使用しなくても問題ありません。

一方で、冷え込みが厳しい地域など1日中暖房器具を使用している場合は、赤ちゃんが汗をかいていないかこまめに確認をして、赤ちゃんを温めすぎないよう注意してください。

暖房器具を使用していれば、冬場でも掛け布団1枚で十分に赤ちゃんの体が温まることがあるので、赤ちゃんの様子を見ながら布団の枚数を調整してみてください。

また、暖房器具を使用する場合には、室内の湿度を60%程度に保つように加湿器を使用したり、定期的に換気したりして、赤ちゃんにとって快適な空間を作ってあげましょう。

スポンサーリンク

冬生まれ赤ちゃんは掛け布団いらない?薄い方がいい?枚数は二枚必要?-まとめ

赤ちゃんは暑さには弱いですが、寒さには比較的強いといわれています。

冬生まれの赤ちゃんだからと言って、寝ているときに過度に温めすぎないように注意し、薄手の掛け布団1枚で様子を見て、体が冷えているようであればその上に毛布やブランケットを1枚プラスしてあげてください。

赤ちゃんのお世話は24時間365日休みなしですが、振り返ってみると新生児期から乳児期はすぐに終わってしまいます。

冬の対策をしっかりして、貴重な赤ちゃんの時期を快適に過ごしてくださいね。

私の息子は寝相が悪いので「掛け布団、何回掛けなおしても蹴っ飛ばしちゃう…」と、新生児期から1歳半の今までずっと悩んでます(笑)

赤ちゃんが掛け布団を蹴ると足が出ちゃう スリーパーの上に布団必要?もぜひ読んで、参考にしてくださいね。

フォローする