新千歳空港から札幌ドームまで行き方紹介 バスと電車どっちが速い?

北海道の札幌ドームで嵐や関ジャニ8などアイドルのライブが行われるときには、道外から飛行機で来られる方がたくさんいます。また、日ハムファンの方で本拠地での野球観戦に来られる方もいらっしゃいますね。

慣れていない土地で、時間の融通が利きにくい飛行機の利用は心配が多いですよね。

新千歳空港からドームまでの行き方は複数あります。それぞれかかる時間や運賃、混雑状況について、わかりやすく紹介します。

スポンサーリンク

新千歳空港から札幌ドームへの行き方を紹介

新千歳空港に到着した当日、そのまま札幌ドームのイベントに向かう場合は、アクセス方法が複数あります。

それぞれの方法の、具体的な所要時間や運賃は次の章でご案内します。

札幌ドームへ一番速く着くのは?

空港からドームまで、一番早く着く方法は「空港連絡バス」で直接向かう方法です。

ただし、ドーム付近の国道36号線は普段から渋滞が起こることで有名で、特にイベント開催時は歩行者も自動車も増えるのでたいへん混雑します。路面が凍結する冬は特にです。

時刻表とおりの所要時間は45分程度となっていますが、1時間程度かかる場合もあるということを憶えておきましょう。

札幌ドームへの到着時間が読みやすいのは?

確実に開演時間までにドームへ到着したいとき、計画を立てやすいのは、渋滞や路面状況の影響を受けにくいJRや地下鉄を使う方法です。

ただし、一度札幌駅に立ち寄るので時間がかかるのと、移動で歩く距離が圧倒的に長くなってしまいます。

札幌ドームまで歩く距離が一番少ないのは?

空港から一度、新札幌駅までJRで移動し、シャトルバスでドームへ向かう方法です。天候が悪くても、外をほとんど歩くことなくドームへ到着することができます。

空港連絡バスと同じく国道36号線を通りますが、通過する距離が短い分、渋滞の影響は少なくなります。

乗車定員が埋まっても、近くで待機しているバスがすぐにやってくるので回転も良いです。

スポンサーリンク

新千歳空港から札幌ドームへバスで行く方法

新千歳空港からドームへ行くときの、一番わかりやすくてメジャーな手段がバスです。

新千歳空港と札幌市内を結ぶ「空港連絡バス」に乗ると、途中で札幌ドームの真横にあるバス停に停車するので、乗り継ぎなしで安く速く向かうことができます。

なお、空港連絡バスは予約不可のため、満席の場合は次の便を利用することになります。

札幌ドームの近くで下車できる路線は2つあります。どちらに乗っても時間や運賃は同じなので、空港の出発に合わせてちょうど来た便に乗るとよいでしょう。

降りる停留所は2路線で異なりますので、札幌ドーム「交通案内」のページで降車位置をご確認ください。

札幌都心(福住駅経由)発着路線

【停車場所】「札幌ドーム」バス停(近い北ゲートまで徒歩3分)

【運行会社】北海道中央バスと北都(ほくと)交通の2社での共同運行

【運行間隔】日中は15分間隔

【所要時間】45~50分程度(天候や道路事情により遅れる可能性あり)

【大人運賃】1,030円

円山バスターミナル発着路線

【停車場所】「福住3条3丁目」バス停(近い南ゲートまで徒歩4分)

【運行会社】北都(ほくと)交通

【運行間隔】日中は30分~60分間隔

【所要時間】45~50分程度(天候や道路事情により遅れる可能性あり)

【大人運賃】1,030円

料金の支払いとお得な乗車券

*料金の支払い方法*

乗車料金は、降車時に現金払いとなりますが、中央バス運行便ではsuica等の交通系ICカードも使用可能です。北都交通運行便や、一部カード読み取り機の付いていない車両では現金払いのみとなります。

空港の到着ロビーにある、中央バス・北都交通カウンターでは、クレジットカードや一部交通系ICカードが使用可能です。

*お得な乗車券*

往復で高速バスを利用することを決めている場合は往復券や、同行者がいる場合は4枚綴りの回数券を購入した方がお得になります。

・往復券(2枚) 1,950円(1枚あたり975円)
・回数券(4枚) 3,710円(1枚あたり約928円)

空港の到着ロビーにある、中央バス・北都交通カウンターで事前に購入するか、バス車内でも購入可能です。中央バスと北都交通の共通乗車券なので、どちらに乗っても問題ありません。

詳しい時刻や乗車券の詳細については、中央バス・北都交通「新千歳空港連絡バスの時刻表(PDF)」でご確認ください。

新千歳空港から札幌ドームへ電車で行く方法

新千歳空港ターミナルビルの地下1階には、JR新千歳空港駅があります。

この駅からJR(電車)を利用して札幌ドームに行きたいところですが、ドームの徒歩圏内の場所にはJRが通っていません。

※余談ですが、ほとんどの札幌市民(北海道民)は、「地下鉄」のことを「電車」とは呼びません。北海道には、いわゆる「私鉄」が無いので、「電車」と呼ぶのは「JR線」のことです。

※この記事内では「電車」は紛らわしいので使わず、「地下鉄」と「JR」でご説明します。

JRを使う場合は、新千歳空港駅と札幌駅を結ぶ「快速エアポート」に乗り、終点の札幌駅から地下鉄で向かうか、その手前の新札幌駅で降りてシャトルバスで向かうか、どちらにしても1回乗り換えが必要になります。

快速エアポートは、日中なら15分間隔で運行しています。JR北海道「快速エアポートの時刻表(PDF)」でご確認ください。

空港から札幌駅まで行き、地下鉄に乗り換える場合

JR新千歳空港駅→JR札幌駅→地下鉄東豊線さっぽろ駅→福住駅→札幌ドーム

JRの「札幌駅」と、地下鉄の「さっぽろ(平仮名)駅」は、地下直結ですが離れています。上に看板で表示されていますが、迷いやすいため移動に徒歩10分程度みておくと良いでしょう。

福住駅で下車してから、札幌ドームに到着するまでにも徒歩10分程度かかります。

【所要時間】JR 37分、地下鉄 13分、徒歩 20分

【大人運賃】JR 大人 1,070円(自由席)、地下鉄 250円

JR札幌駅からドームまでアクセスは、「札幌ドームの行き方や札幌駅からの所要時間をバスと地下鉄で比較!」で詳しくご紹介しています。

空港から新札幌駅まで行き、シャトルバスに乗り換える場合

JR新千歳空港駅→JR新札幌駅→新札幌バスターミナル→札幌ドーム

JR新札幌駅からバスターミナル(7番乗り場)は直結していて、徒歩5分以下です。料金は、乗車時に現金やICカードで前払いとなります。

【所要時間】JR 28分、シャトルバス 30分

【大人運賃】JR 880円(自由席)、シャトルバス 210円

シャトルバスを使うメリットや運行情報は、「札幌ドーム帰りはシャトルバスがおすすめ 札幌駅の行き方や待ち時間は?」で詳しくご紹介しています。

地下鉄とシャトルバスどちらがおすすめ?

かかる時間や金額のことを考えると、特に札幌駅に立ち寄る理由がない場合は、新札幌駅でシャトルバスに乗り換える方がオススメです。

地下鉄の場合は最寄りの福住駅から更に歩きますが、シャトルバスはドーム敷地内に停まるので、体力の消耗が少なくて済むのも理由の一つです。

シャトルバスは、野球やサッカー、コンサートなど大規模イベント開催時のみ運行されます。運行の有無については、札幌ドーム「イベントスケジュール」でご確認ください。

スポンサーリンク

まとめ

新千歳空港から札幌ドームへ向かうときの、かかる時間や運賃、メリットとデメリットをご紹介しました。

どのアクセス法で向かうのか、この記事を参考にしていただいて、時間に余裕をもって計画をたててくださいね。

CHECK⇒札幌ドームのアクセスや混雑についてのお役立ち記事一覧はこちら★