富良野や美瑛で夏開催される花火大会やお祭りの日程や場所 魅力紹介

北海道の富良野や美瑛は、ラベンダーや花畑などで人気の観光スポットで、平日・週末関係なくベストシーズンは観光客で賑わいます。

特に花火大会やお祭りなどのイベント開催時には、周辺道路までもが大混雑します。

「せっかく行くなら花火やお祭りに合わせて行きたい!」という方もいれば、「混雑や渋滞するイベントの日を避けて行きたい…」という方もいることでしょう。

夏に富良野や美瑛で行われる花火大会やお祭りなど人気イベントの日程や見どころポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

富良野や美瑛で夏に行われる花火大会ありのイベントは?

ラベンダー畑で人気の観光地「富良野」ですが、ひとまとめに富良野と言っても、「富良野市」「中富良野町」「上富良野町」「南富良野町」と1市3町に分かれています。

また、国道237号線で隣り合う「美瑛町」も、パワースポットである「青い池」などで人気の観光地です。

国道237号線沿いに、旭川に近い方から並べるとこのような順になっています。

美瑛町→上富良野町→中富良野町→富良野市→南富良野町

なお、富良野市から南富良野町へ行くには237号線を左折して国道38号線に入ります。

美瑛から南富良野までは距離にして70km程度、車で1時間半くらいかかる広い範囲を「富良野・美瑛」と呼んでいるのです。

この人気観光エリア「富良野・美瑛」で、夏に花火大会が行われるお祭りをチェックしていきましょう!

丘のまちフェスティバル どかんと農業まつり

美瑛町の夏を締めくくる8月に開催されるのが「どかんと農業まつり」です。

【日程】例年8月下旬の土曜日(2017年は8月19日)
【時間】10:00~21:00(花火は20:45~21:00)
【会場】北海道上川郡美瑛町本町1丁目1 JR美瑛駅前・本通り特設会場

【駐車場】あり、300台(無料)
【花火打ち上げ数】400発程度

その年の収穫に感謝する祭りとなっており、美瑛町の新鮮な農産物の直売所などが出店されます。

人気キャラクターショーなどのステージイベントは観覧無料で楽しむことができ、夜は伝統ある仮装盆踊りや花火大会で盛り上がります。

美瑛町の伝統芸能である「白金太鼓」もお見事です!

ラベンダーの里 かみふらの花と炎の四季彩まつり

上富良野町の夏の一大イベントが「かみふらの 花と炎の四季彩まつり」です。

【日程】例年7月中旬の日曜日(2017年は7月16日)
【時間】10:00~21:00(花火は20:00~21:00)
【会場】北海道空知郡上富良野町 日の出公園・市街地公道

【駐車場】あり、400台(無料)
【花火打ち上げ数】1,500発程度

日中は野外ステージで、人気キャラクター・アーティスト・芸人などによるライブやショーが行われます。

メインイベントである「十勝岳安全祈願祭」と「行灯パレード」は夕方以降にスタートし、祭りの最後は花火大会で締めくくられます。

スポンサーリンク

なかふらのラベンダーまつり

ラベンダーや色とりどりの花を楽しめる中富良野町営ラベンダー園で開催されるのが「なかふらのラベンダーまつり」です。

【日程】例年7月中旬土曜日(2018年は7月14日)
【時間】11:00~21:00(花火は20:00~20:45)
【会場】北海道空知郡中富良野町宮町1-41 中富良野町営ラベンダー園

【駐車場】中富良野町役場裏に臨時駐車場あり(50台程度、無料)
【花火打ち上げ数】1,300発程度

地元食材を使用した出店やショーなどが行われ、毎年1万人以上が訪れる大人気のお祭りです。

夜に行われる花火大会では、名物をイメージした紫色のラベンダー花火やスターマインなど多彩な花火が打ちあがり、あたり一面のラベンダー畑との競演は幻想的な雰囲気となります。

町営ラベンダー園は富良野盆地を見下ろす小高い丘にあるので、驚くほどの至近距離で、花火が降ってくるような感覚を楽しめるのも魅力的です!

太陽と森と湖の祭典 かなやま湖湖水まつり

南富良野町のかなやま湖畔で2日間にわたって開催されるお祭りが「かなやま湖湖水まつり」です。

【日程】例年7月最終土曜日~日曜日(2017年は7月29日~30日)
【時間】10:00~21:00(花火は土曜日の20:00~20:40)
【会場】空知郡南富良野町東鹿越 かなやま湖畔キャンプ場

【駐車場】あり、2,000台(無料)
【花火打ち上げ数】2,000発程度

芸人や歌手のショーライブやステージイベントのほか、芝生の広場には飲食店などのブースが出店し、ご当地グルメなど豊富なメニューが楽しめます。

かなやま湖の花火大会は2017年からは土曜日の夜に開催されるようになりました。※まつり最終日ではない点に要注意!

湖上に打ち上げられる大輪の花火は、逆さ富士のように湖面に映り素晴らしいです。

また、かなやま湖を横断する全長700mの「ナイアガラの滝」は北海道随一の規模で圧巻です。

富良野で人気の夏のお祭りは?

上の1章でご紹介した4つのお祭りは、夜に花火大会が行われるものでした。

5つ目にご紹介するお祭りは、花火大会は行われないものの、ユニークな「へそ踊り」のパレードが有名かつ人気のイベントです!

北海道内だけでなく日本全国や海外からも観光客が訪れる、夏の北海道の一大イベントとなっています!

富良野市 北海へそ祭り

富良野市民だけでなく観光客にも愛されている、見ている側も出る側も楽しいのが「北海へそ祭り」です。平成30年で50回を迎えます。

【日程】例年7月28日~29日(曜日に関係なし)
【時間】10:00頃(場所による)~21:00
【会場】北海道富良野市新相生通り特設会場

【駐車場】あり、500台(無料)

メインイベントは、お腹をくねらせて人の顔に見立てる「北海へそ踊り大会」です。


お腹やTシャツにユニークな人の顔(図腹)を描いた人たちや浴衣・仮装をした人たち、山車が曲に合わせて踊り歩き、とても盛り上がります!

事前エントリーをして団体で参加する企業やグループも多いですが、個人での飛び入り参加も可能で、参加者全員に記念品がプレゼントされます。

昼間は富良野のご当地グルメなどが味わえる「ふらの特産市」や、音楽パレード・各種団体のパフォーマンスなどが祭り広場や特設舞台で行われます。

スポンサーリンク

まとめ

北海道の大人気観光エリア「富良野・美瑛」で夏に盛り上がるお祭りや花火大会をご紹介しました。

イベント開催期間にかかわらず、6月頃から夏の終わりまではホテルなどがかなり前から予約で埋まりますので、イベントスケジュールを参考に早めに計画を立てることをお勧めしますよ。

他にも観光や宿泊ホテル決めに役立つ記事がありますので、ぜひチェックしてくださいね。
CHECK⇒北海道富良野&美瑛観光についての記事一覧