ドーミーイン小樽の夜鳴きそばといくら食べ放題朝食バイキング感想レポ☆

北海道小樽市にある「ドーミーインプレミアム小樽」というホテルは、私が小樽に遊びに行くときには必ずと言っていいほど利用するホテルです。

トリップアドバイザーやじゃらんなどの「朝食がおいしいホテル」ランキングで上位に選ばれており、新鮮なイクラや炉端焼きの食べ放題だったりと、朝食バイキングを楽しみに宿泊される方も多いです。

「小樽ゆき物語」の観光を兼ねて宿泊してきましたので、無料で食べられる夜鳴きそばや話題の朝食バイキングについて写真と共に感想をレポートします。

スポンサーリンク

ドーミーインpremium小樽で無料で食べれる夜鳴きそばの味は?

小樽の街は、運河の近くや駅前にも寿司屋や飲み屋(居酒屋)がたくさんありますし、食事の場所に困ることはありません。

しかし、ホテルに戻ってきて寝る前に「ちょっと小腹が空いたなぁ」という人も意外といるはず。そんな方に大好評の「無料夜鳴きそば」のサービスがあります!

ちなみに夜鳴きそば(よなきそば)というのは、一言でいうと「ちょっと小さめサイズの醤油ラーメン」です。

ドーミーイン小樽で夜鳴き蕎麦を食べるには?

夜鳴きそばは、通常21:30~23:00の間にレストラン「北の番屋」で無料でいただくことができます。

「先着」や「〇食限定」といった表示はありませんでしたが、以前別のドーミーイン系列のホテルに宿泊した際は「無くなり次第終了」という掲示があったのを憶えています。

体型が気になる女性としては食べてから寝るまでに少しでも時間を空けたいですし(それでも食べたい…)21時半のスタート時が一番混みあうのではないかと思います。

入口付近でラーメンを作っている女性に人数を伝えると、番号札がもらえます。

この日は満室ではないとはいえ混んでいたので、番号が呼ばれるまで8分くらい待った印象です。

お水は自由に飲むことができますし、テレビも設置してあるので、空いている席に自由に座って呼ばれるのを待ちます。

こちらが夜鳴きそばです。めんま・海苔・長ネギがあらかじめトッピングされています。

いつもお店で食べるラーメンの半玉分くらいでしょうか?女性でもサラっといけちゃう量で、夜食にはちょうど良いです。

すごくシンプルな醤油ラーメンの味ですが「無料でいいの?」と思ってしまう嬉しいサービスですよ。スープを飲み干している人も多かったです。

夜鳴きそばの提供時間に間に合わないときは?

日中の都合や遠方から来られる方など、チェックインが遅くなって夜鳴きそばの提供時間(23時まで)に間に合わないという方もいらっしゃることでしょう。

そんな方には、チェックイン時にカップ麺タイプの夜鳴きそばを無料でお渡ししているそうです。

公式HPには書かれていないようなのですが、会場にそのようなサービス内容の掲示がありました♪これは嬉しいですね~。

スポンサーリンク

ドーミーインpremium小樽で大人気の朝食バイキングの感想と写真

ドーミーインプレミアム小樽の一番も目玉とも言える朝食バイキング。

エレベーターを降りたところには、夜からこのような案内が掲げられていて、何回か宿泊した経験があるとはいえ楽しみにしていました。

ドーミーイン小樽の朝食 混雑の様子

朝食バイキングの営業時間は季節や混み具合によって異なります。

通常は朝6時30分~10時00分まで(ラストオーダー9時30分)だそうですが、宿泊日は混雑していたこともあり、6時から開店と説明されました。

開店の5分前にレストラン前へ行くと既に4人の方がお待ちでした。待機している人のために、無料でいただけるコーヒーメーカーが置いてあります。

待合椅子は10個しかありませんでしたが、6時直前には椅子の後ろに10人以上は並んでいました。期待の高さがうかがえます。

ドーミーイン小樽の朝食で食べたものと感想

入口を入ってすぐの炉端焼きコーナーには、お魚など海鮮類の炙り焼から好きなものを選ぶことが出来ます。

鮭・秋刀魚・ししゃも・ホタテなどがありました。左側にあるのは、ホエー豚のジンギスカンです。

一番人気のコーナーはここでしょう!

いくら・甘エビ・サーモン・釜揚げしらす・ズワイガニのほぐし身が、好きなだけ取り放題&かけ放題です。

ごはんは白米も酢飯もあるので、お好みで選べますね♪

もう、これだけでとりあえずお腹いっぱいになってしまう豪華さ&ボリュームです。

海鮮が苦手な方でもウインナーやベーコンなどの洋食メニューや煮物・お漬物などの和食メニューが豊富にありますので、老若男女・日本人以外でも楽しめると思います。

きんぴらごぼうやもずく酢などが、小鉢に入った状態で置いてあるのでついつい取ってしまいます。色々な種類を少しずつ食べられるのは嬉しいですよね。

シェフが実演するエッグコーナーでは、お好みのトッピングを選ぶと目の前でオムレツを焼いてくれます。かけるソースも選べて美味しかったです。

飲み放題のドリンクには、道産の山中牛乳・ソフトカツゲン(北海道限定の乳酸菌飲料)・オレンジジュース・紫野菜ぶどうミックスがありました。

ホットドリンクだと、コーヒー・カフェオレ・ココア・煎茶・ハーブティーなどがありました。

私が選んだデザートはこんな感じです♪

グレープフルーツ・オレンジに加えて、食べごろ時期ということで柿もありました。

十勝の花畑牧場のスイーツが3種類あり、写真に載っていないパウンドケーキまですべていただきましたが美味しかったです。プリンはおかわりしてしまいました。

・キャラメルとリンゴのパウンドケーキ
・エッグタルト
・濃厚とろけるプリン

満腹になった後、コーヒーやカフェオレ・ココアがお部屋に持ち帰れるように紙コップが置かれているのも嬉しいサービスでした。

ドーミーインpremium小樽は朝食だけでも利用可能?

私も大満足だった豪華な和洋食バイキングが食べられる朝食ですが、宿泊客以外でもいただくことができるんです!

朝食だけのお値段は大人(中学生以上)1,800円、3歳~小学生以下900円です。

小樽に限らず、観光客狙いの高額設定な海鮮丼をいただくのであれば、2千円以下で海の幸だけでなく和洋食のバイキングをいただけるドーミーインの朝食の方が満足度が高い気がするのは私だけでしょうか…?

また、宿泊予約時に「朝食無し」のプランで予約していても、チェックインの際に追加で申込・支払いをすれば朝食を付けることができますよ。

※ちなみに「朝食有り」で予約していた場合、利用しないからといって返金してもらったり、朝食券を後日利用することは原則できないようです。

あらかじめ朝食代が含まれているプランの方が料金がお得なこともありますので、色々なプランを比べてみてくださいね。

CHECK⇒ドーミーインPremium小樽の宿泊料金や口コミを見てみる★

スポンサーリンク

まとめ

小樽市で人気のホテル「ドーミーインPREMIUM小樽」の食事についての感想をご紹介しました。

部屋やアメニティ、旅の疲れを癒してくれる天然温泉大浴場については書ききれなかったので、別の記事でたっぷりご紹介します♪
CHECK⇒ドーミーイン小樽の宿泊旅行記 アメニティや部屋着や温泉大浴場の感想レポ