旭山動物園の冬の営業時間や開園期間 入場料金は?滞在時間はどれくらい?

旭山動物園は、北海道旭川市にある日本で最北の動物園です。

園内の動物たちを魅力的に見せるために習性を利用した仕掛けがたくさんあり、夏は夏ならではの、冬は冬ならではの動物たちの元気な姿が楽しみながら見られます。

冬期開園の期間や営業時間、入場料金や楽しむのに必要な滞在所要時間についてご紹介します。

スポンサーリンク

旭山動物園の冬の営業時間や開園期間は?

旭山動物園は年中通してずっと開園しているわけではなく、準備やメンテナンスのための休園期間が設けられていますので注意が必要です。

平成29年度の冬期開園期間と営業時間

平成29年11月11日(土曜日)~平成30年4月8日(日曜日)

午前10時30分~午後3時30分(入園は午後3時まで)

※冬期開園中の定休日:年末年始(平成29年12月30日~平成30年1月1日)

平成29年11月3日(金曜日)で夏期開園が終了し、その後7日間は冬期開園の準備期間となる休園日なのでご注意ください。

また、冬の動物園は閉園時間がかなり早めなので、遠方から向かう場合は日程の組み方にちょっと工夫が必要かもしれませんね。

スポンサーリンク

旭山動物園の冬期間の入場料金は?

冬の動物園は営業時間が夏よりも短く、見られる動物や施設も一部限られているのですが、入園料は夏と変わりがありません。

とはいえ、冬ならではの楽しみ方や魅力もありますし、雪の多い旭川で冬に開園することは簡単なことではないと思うので、良心的な価格設定だなと思っています。

大人(高校生以上)・・・820円
小人(中学生以下)・・・無料

1年間有効の動物園パスポート・・・1,020円

中学生以下が無料というのは、お子さん連れにとってはかなり助かりますよね。

旭川市在住者は、運転免許証や保険証などを提示すると更にお安く590円になります。

動物園パスポートの有効期間は、最初に動物園を利用した日から1年間なので、1年以内に再度来園の予定が有る場合はパスポートを購入したほうがお得ですよ。

また、障害をお持ちの方やその付き添いの方は、入園料が免除となることもありますので、詳しくは旭山動物園公式HPをご確認くださいね。

旭山動物園に冬に行くなら滞在時間はどれくらいあればいい?

旭山動物園の冬期開園中は、夏とは見られる動物も施設も違っていて、どれくらい滞在時間を確保しておくべきか悩みますよね。

よくあるツアーの旭山動物園滞在時間

旭山動物園は、全国各地からのツアーや道内のバスツアーの行程に組み込まれていることも多いです。

よくある一般的なツアーの動物園滞在時間は3時間程度です。2時間半のこともありますし、この時間内で昼食を食べるようになっていることも多いです。

「たった3時間?」と思ってしまいがちですが、以下のような理由により、実際に行ったことのある立場としても3時間あれば十分ゆっくり楽しむことができました。

・動物園の規模がそこまで大きくないので、コンパクトな設計になっている。

・夏期開園に比べると見られる動物や施設が限られている。

・夏期開園に比べると来場者数が少ないので、行動がしやすい。

・寒いので、長時間ずっと外にいるのは大人でも厳しい。

そもそも冬は開園時間が10時半~15時半までなので、最大でも5時間しか滞在できないという制約もあります。

冬の旭山動物園の過ごし方

夏の開園中は、到着時からずっと施設をグルグル歩き回っている人も少なくありませんが、冬の動物園は長時間ずっと外にいる人は少ないです。

どれだけ防寒対策をしていても、「寒いものは寒い!」からです。

動物に餌をあげる「もぐもぐタイム」や、大人気の「ペンギンの散歩」のタイムスケジュールに合わせて行動し、その合間で時々室内に入って暖をとる…という人がほとんどです。

そのため、効率よく回るためには「もぐもぐタイム」や「ペンギンの散歩」の時間を行く前からあらかじめチェックしておくのがオススメです。

そうすれば、2時間半~3時間もあれば冬の動物園を十分満喫することができますよ。

⇒旭山動物園に行った人の口コミを「楽天たびノート」で見てみる★

スポンサーリンク

まとめ

北海道の旭山動物園の、冬期開園に関する基本情報や滞在時間の目安をご紹介しました。

夏とは違った魅力や楽しみ方がたくさんあり、冬の観光スポットとしてぜひ立ち寄っていただきたい動物園です。

防寒対策をしっかりして、寒さの中でいきいきと過ごす動物たちの様子を楽しんできてくださいね。

他にも、旭山動物園に遊びに行くときにオススメの記事があります!
⇒旭山動物園に関するお役立ち記事一覧を見てみる★