モエレ沼花火大会のおすすめアクセス方法 シャトルバスの混雑状況は?

今年で6回目となるモエレ沼芸術花火2017が、9月9日に札幌市内のモエレ沼公園で開催されます。

広大なモエレ沼公園の奥行や、「大地の彫刻」ともいわれる起伏をいかし、ほかの花火大会では見られない立体的な3D展開を楽しめる、国内トップレベルの芸術的な花火大会です。

2017年はヨーロッパ最高峰の花火師が特別参加するということで期待&注目されています。

モエレ沼芸術花火に公共交通機関で行くときのアクセス方法や、リムジンバス・路線バス・シャトルバスの詳細についてご紹介します。

スポンサーリンク

モエレ沼花火大会のアクセス情報まとめ

まず、2017年モエレ沼花火の基本情報を頭に入れておきましょう。

モエレ沼花火2017の日時と打ち上げ場所

【開催日時】

2017年9月9日(土) 19:25~20:30頃

※有料ゲートオープンは16:00
※小雨決行(荒天時は翌日に延期、翌日も荒天の場合は中止)

【打ち上げ会場】

モエレ沼公園(札幌市東区モエレ沼公園1-1)

モエレ沼花火の会場へのアクセスは?

花火大会開催時の、モエレ沼公園へのアクセス方法をご紹介します。

自家用車の利用は、マイカーパックチケットを購入された方のみなので、基本的には公共交通機関を利用することとなります。

各ゲートから観覧席周辺へは、大人で徒歩15分程度かかります。混雑しているので、時間は余裕を持ったほうが良いでしょう。

※北ゲートは、花火打ち上げにより立入禁止のエリアになります。

リムジンバス

札幌市内・江別・小樽・苫小牧・旭川からモエレ沼公園まで、観光バスでゆったり直行直帰できるプランが、日本旅行北海道とクラブツーリズムから発売されています。

往復の観光バスチケットと芝席チケット(3,780円)がセットになっているので、場所取りや体力面の心配がある方には特におすすめです。

日本旅行北海道では、札幌市内の8駅からと、札幌市外(小樽・苫小牧・旭川・江別)4駅からのリムジンバスパックを運行しています。

大人料金は札幌市内は7,000円、札幌市外は7,500円~9,000円となっています。

人気のツアーは早々に売り切れてしまうので、お早めにお申し込みください。

日本旅行のツアー詳細&申し込みページ

クラブツーリズムでは、札幌市内13か所からリムジンバスパックを運行しています。大人料金は8,980円です。

モエレ沼の花火大会前に、大通りで開催されている「さっぽろオータムフェスト2017」で120分の自由行動が含まれています。

すべてのコースでトイレ付きバス利用なので、会場のトイレ問題が心配な人でも安心です。プラン料金には夕食のお弁当が付いていて、防寒シート&ホッカイロのプレゼントもありますよ。

クラブツーリズムのツアー詳細&申し込みページ

在来線(路線バス)

モエレ沼公園の徒歩圏内にはJRや地下鉄の駅が無いため、最寄りの駅から路線バス(中央バス)を利用することになります。

料金や運賃など詳しくは、2章でご紹介します。

シャトルバス

シャトルバスの発着は「東ゲート」(ガラスのピラミッド側)です。

料金や混雑状況など詳しくは、3章でご紹介します。

タクシー

タクシーの乗降所は、「西ゲート」から出てパープルロードを横断した「たまゆらの杜北駐車場」です。

東口付近はシャトルバスやリムジンバスの出入りで混みあうので、降車場所は「たまゆらの杜北駐車場」と伝えるようにしましょう。

自転車やバイク

二輪車専用駐輪場は、「西ゲート」(競技場側)です。路上などへの迷惑駐車は絶対にやめましょう。

徒歩

「東ゲート」「南ゲート」「西ゲート」どこからでも入場・退場可能です。

スポンサーリンク

モエレ沼公園までの路線バスでの行き方と帰り方は?

モエレ沼公園に向かうシャトルバスの始発は14:30なので、それよりも前に到着したい場合は路線バス利用がオススメです。

花火大会当日に利用できる、路線バスの運賃料金や所要時間・乗り場等を紹介します。

夕方になるにつれて、周辺道路は渋滞して予定到着時刻を大幅に超える可能性もあるので、時間に余裕を持って向かってくださいね。

なお、2017年4月1日~11月26日の期間限定運行バスは、17時以降ほぼ運行していないのでご注意ください。

*地下鉄東豊線「環状通東駅」から(約25分、210円)
【東69】「あいの里教育大駅」/「中沼小学校通」行き(「モエレ沼公園東口」下車)
【東79】「中沼小学校通」行き(「モエレ沼公園東口」下車)
【東61(ビ61)】「中沼小学校通」行き(「モエレ沼公園西口」下車)

【ビ68】「モエレ沼公園」行き(特設バス停「モエレ沼公園」下車)
※2017年4月1日~11月26日の土・日・祝のみ運行
(7月18日~8月18日は毎日運行)

*地下鉄南北線「北34条駅」から(約30分、210円)
*地下鉄東豊線「新道東駅」から(約20分、210円)
【東76】「中沼小学校通」行き(「モエレ沼公園西口」下車)

*大通りバスセンターから(約35分、240円)
*JR「苗穂駅」から(約25分、210円)
【東6】「モエレ沼公園」行き(特設バス停「モエレ沼公園」下車)
※2017年4月1日~11月26日の土・日・祝のみ運行
(7月18日~8月18日は毎日運行)

*地下鉄南北線「麻生駅」から(約40分、210円)
*地下鉄東豊線「栄町駅」から(約30分、210円)
【麻26】「モエレ沼公園」行き(特設バス停「モエレ沼公園」下車)

※2017年4月1日~11月26日の土・日・祝のみ運行
(7月18日~8月18日は毎日運行)

各バス停からの時刻表は、「モエレ沼公園行きバス時刻表」をご確認ください。モエレ沼公園からの帰りの時刻表も一緒に掲載されています。

モエレ沼花火にシャトルバスを利用するときの混雑状況は?

モエレ沼芸術花火大会当日は、札幌市内3か所からのシャトルバスが運行されます。路線バスより少し運賃が高いですが、他の停留所を経由しないということと、時刻表関係なく随時運行というのがおすすめポイントです。

3路線とも、運賃は片道大人300円・こども150円です。 支払いは現金のみで、お釣りがでないので小銭の用意をお忘れなく!

各シャトルバス乗り場と運行時刻(行き)

*JR学園都市線「あいの里教育大駅」
乗り場:北口
所要時間:20分程度

*地下鉄東豊線「栄町駅」
乗り場:2番乗り場(イオン札幌栄町店前)
所要時間:25分程度

*地下鉄南北線「麻生駅」
乗り場:バスターミナル南レーン6番乗り場 ​
所要時間:35分程度

・各出発駅、14:30から順次運行になります。
・各バス停18時までに並んだ場合は、確実に乗車させてくれます。
​※所要時間は目安なので、渋滞により到着が遅れる可能性が高いです。

花火大会終了後のシャトルバスについて

花火大会終了後も、行きと同じ3駅には臨時シャトルバスが運行されます。

花火終了後随時運行開始となり、乗り場はモエレ沼公園東駐車場(東口)です。

モエレ沼花火大会のシャトルバス混雑状況は?

過去のモエレ沼花火大会でシャトルバスを利用したときの混雑状況をご紹介します。

「麻生駅」から「モエレ沼公園」のシャトルバスは、混雑により80分くらいかかった。到着後、長蛇の列でチケット確認まで約40分待った。

花火大会終了までしっかり観ると、バス乗車まで約30分待ち。
「モエレ沼公園」から「麻生駅」までは40分くらいで到着。

「栄町駅」から17時半にシャトルバス乗車、18時にはモエレ沼公園に到着。しかしそのあと、東口から会場に入るまでが50分の行列。

①周辺道路の渋滞が予想されるので、できるだけ早い時間に乗車する。
②会場に入る時も待たされるので、17時ころまでには到着する。

というのがポイントかなと思います。

早ければ早いほど、路線バスもシャトルバスも空いているので余裕をもって向かい、フードエリアやステージイベントなどで楽しむのが良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

モエレ沼の花火は音楽とコラボした演出なので目でも耳でも楽しめ、合間なくノンストップで打ちあがるのが魅力的です。

打ち上げ場所と観覧場所の距離も近いので、混雑の中向かうのはたいへんですが、それでも会場で観る価値は十分にあります!

花火大会当日の屋台や出店の情報は、「モエレ沼花火大会の出店営業時間は?チケットなしでもOK?気温や服装紹介」をお読みください。

CHECK⇒札幌市の観光やイベントに関する記事一覧はこちら★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする