ハロウィンパーティーのゲームで大人数や子供向けは?賞品はどうする?

ハロウィンには、学校のクラスや習い事のメンバー、友達同士でパーティーを開くという方も年々増えています。

パーティーでのイベントとしてゲームで盛り上がるのも良いですが、人数が多かったり、年齢の幅が広いと、どんなゲームだとみんな楽しめるか悩んでしまいますよね。

ハロウィンパーティーで、大人数でもやりやすいゲームや子供でも参加できる簡単な遊び、ゲームの賞品や景品のおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンのパーティーのゲームで大人数でも楽しめるものは?

大人数のパーティでゲームをやるときの注意点は、みんなが同時に盛り上がれるかということです。例えば、じゃんけん大会やイス取りゲームなど勝ち上がり制のものは、負けてしまった人は待っている時間が長くなってしまいます。

ルールが複雑でない、理解しやすいゲームを選ぶことも大切です。

*ロシアンルーレット

用意するもの → 美味しくない食べ物や飲み物(※参照)

グループ対抗戦の方が盛り上がるため、5名くらいのグループを作ります。

挑戦する1グループ(5名程度)が前の方に出て、用意した食べ物を1つずつ同時に食べます。事前に1個だけ、ハズレの美味しくないものにしておきます。不味いものを食べていることを、表情に出さないように我慢です。

他のグループは、美味しくないものを食べている1人が誰かを当てます。正解したグループにはポイントが入り、全グループが不正解だった場合は挑戦したグループにポイントが入ります。

グループをチェンジし、複数回行い、ポイントが高かったグループに賞品が当たります。小さいお子様のパーティーの場合は、大人が挑戦して、子どもたちは当てる側になっても良いですね。

※お題のアレンジ例
・チョコクリーム入りのプチシューにわさびを入れる
・おにぎりやサンドイッチにマズイ具を入れる
・ジュースに野菜をミキサーして入れる

徹底的に美味しくなくした方が、反応もわかりやすいので盛り上がります。必ず事前に大人が味見して、調整してくださいね。

*リーダーは誰だ!?

用意するもの → 座って行う場合は人数分のイス

全員で円になって、内側を向いて座ります。挑戦者1人がその中心に立ちます。挑戦者に内緒で、全員の中からリーダーを決めます。制限時間を決めて、ゲームスタートです。

リーダーは挑戦者にばれないように(後ろを向いた隙に)顔を触ったり、足を組んだり、手を上げたりするので、周りもそのリーダーの行動をどんな些細なことでもマネします。

制限時間内にリーダーを当てられれば挑戦者の勝ちとなります。

スポンサーリンク

パーティーのゲームで簡単な子供向けの遊びを紹介

小学校低学年くらいまでの小さな子供や、年齢の幅がある集まりでも、みんなで参加できて楽しめるゲームをご紹介します。

*声なし伝言ゲーム

用意するもの → お題の言葉

チームに分かれて縦1列に並びます。

一番後ろの子供にだけお題の単語を伝えます。3文字~5文字くらいがちょうど良いと思います。そのお題を、前に座ったメンバーの背中に書いて伝えます。書かれた人は、なんという単語かわかったら、同じように前の人の背中に書いて伝えます。

一番前の子供まで早く伝わり、単語が正しいチームが勝ちとなります。チームごとに同じお題でも、違うお題でもどちらでも良いでしょう。

*動物ビンゴ

用意するもの → 3×3の9マスの紙、ペン、抽選箱

1人1枚渡された9マスの紙に、好きな動物の絵をかいていきます。どのマスに、どんな動物を書いてもOKです。

抽選箱の中に、あらかじめ動物の名前を書いた紙をたくさん入れておきます。「イルカ」や「ヘビ」など、動物という言葉からは連想しにくいものも入れるといいですね。

オリジナルの動物ビンゴカードを作り終わったら、ビンゴの開始です。抽選箱からランダムに紙を引いて発表していきます。1番最初に3マスが揃った人や、先着〇人にプレゼントをあげます。

普通のビンゴよりも「自分で選んだ」というドキドキと、イラストを書く楽しみがあります。

テーマは「デザート」などでも良いですし、テーマに当てはまる物をホワイトボードなどに書いておいてあげると、そこから選ぶことができるので9マスが埋められないという心配もなくなります。

パーティーのゲームの賞品で子供に配るオススメは?

ゲームをやるからには、賞品があった方が子供たちは確実に盛り上がります。

1人だけにたくさん当たるよりは、少量でいいのでたくさんのこどもに当たるようにした方がドキドキも増えますし、満足度も高いと思います。

ゲームとはいえ、こどもにとって「何も貰えない」ということは結構ショックなことです。泣き出したり、すねてしまう子がいると、パーティーとしては失敗ですよね。

そこで、何も賞品が当たらなかった子には残念賞として、一口サイズの飴玉やチョコを2~3個ずつあげると良いでしょう。それだけでも嬉しいものです。

パーティーのゲームの子供向けの賞品はどんなもの?

子供向けの賞品としてオススメなのは、100円均一で買った小さなラッピング袋に、お菓子や文房具などを詰め合わせてあげることです。

ラッピングすることで「特別感」が生まれますし、自然と見た目のボリュームも増します。ハロウィン用のシールやラッピングも100均で揃えることができるので、1人当たり200~300円程度で十分な賞品ができあがります。

他にオススメなのは、賞品を100均で選ぶという方法です。中の見えない紙袋に入れておき、好きなものを選ばせてあげるのも良いですね。

子供のハロウィンパーティーに高価な賞品は必要ありませんが、ゲームを盛り上げるためにも小さな景品はいくつか準備しておくことをお勧めします。

ハロウィンパーティーでの、子供に向けたプレゼントや景品については「ハロウィンのプレゼントで500円以下なら?お菓子や通販のオススメ紹介」も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ハロウィンパーティで子供たちが大人数でも楽しめるゲームをご紹介しました。

ルールやお題はアレンジが効くものばかりなので、集まりの年齢層や参加する人数に合わせて、より楽しみやすいように考えてみてくださいね。

参加する子供たちも、それを見ている保護者や先生など大人も、楽しめるゲーム&盛り上がるパーティになると良いですね。