母の日と父の日のペアギフトはいつ渡す?一緒に購入できるお店を紹介

5月の母の日や、6月の父の日のあたりになると「今年は何を贈ろうかな?」と悩みますよね。「うっかり母の日を忘れてしまったけど、父の日をどうしよう…」と思っている人もいるかもしれません。

そんなあなたにオススメなのは、父と母おそろいのペアギフトです。この記事では、ペアギフトとしてオススメなものや、いつ渡したらいいのか?便利なサービスなどをご紹介します。

私も今年(2017年)は初めてペアギフトを贈ってみようかなと思っています。

母の日と父の日に贈るペアギフトのおすすめは?

ペアギフトというと「物」を思い浮かべやすいですが、一緒に楽しんだり、出かけたりする時間と思い出」をプレゼントするという方法もあります。

父と母ふたりで一緒に行くもの

・ホテルのランチやディナーのペアチケット(お食事券)
・温泉などの旅行券
・ふたりで行くバスツアーを申込んであげる
・ミュージカルや映画などのペアチケット
・一緒に食事に行ってご馳走する
・一緒に旅行に行って企画や観光案内をすべてする

旅行券を贈るときには、旅行代理店に相談して、旅行券で行けそうな近場の温泉のパンフレットをいくつか一緒に贈ると、選びやすいですね。

企画などがめんどくさい…という両親の場合は、あらかじめ行程やホテルが決まっているバスツアーに申し込んであげるのも良いです。

もしくは、あなたが企画して同行して、ふたりの写真を撮ってあげたり、案内してあげるというのはいかがでしょうか?

父と母がお揃いで使えるもの

・ペアの名前入りご飯茶碗(夫婦茶碗)
・ペアの名前入りコーヒーカップ
・ペアの名前入り湯飲み
・ペアの名前入りロックグラス
・ペアの名前入りお箸
・ペアの名前入りレザーキーリング
・色違いのペアのパジャマ

「物」はずっと使い続けることができますし、予算に合わせて様々なものがあるので選びやすいですね。

ペアルックで外を歩くのは両親も恥ずかしいと思いますが、自宅で着るパジャマや部屋着、Tシャツなら同じデザインの色違いも良いと思います。

せっかく渡すのであれば、お互いの名前を入れてあげると「世界にたった一つのもの」になりますよ。上で紹介した名前入りの商品はすべて楽天市場で購入可能です。

⇒楽天市場で名入れ可能なギフトを見てみる

母の日と父の日にペアギフトを贈るならいつ渡す?

母の日にプレゼントを渡せなかった場合

母の日をうっかり忘れてしまっていたり、どうしても互いの都合がつかずに渡せなかった場合は、父の日(6月の第3日曜日)に合わせてペアギフトを渡すと良いですね。

もし「忘れてたの?」なんて言われてしまった時は、

せっかくなら手渡ししたかったから、直接会えるまで取っておいたんだ。

今年は父の日と一緒にちょっといいものをプレゼントしたかったから、それまで秘密にしてたんだ。

などと説明すると、気まずくはならないと思いますよ。

どちらか一方の日にペアギフトを渡す場合

母の日のタイミングで豪華なペアギフトを贈って、お母さんは大喜び!じゃあ父の日は何もしない?というと、悩むところですよね。

明らかにペアギフトだとわかるものだったとしても、それは母の日のプレゼントであって、父の日のプレゼントはないというのは少しお父さんは寂しい気がします。

インターネットなどで既にペアになっているギフトを母の日に贈る場合は、父の日には別のプレゼントを用意した方が良いかもしれません。

お店などで購入したペアギフトは、あえて別々にラッピングしてもらい、それぞれ母の日と父の日に渡しましょう。父の日にプレゼントを渡した時に「あら、母の日とペアだったのね~」というサプライズにも喜ばれると思います。

同時に購入して、母の日と父の日に別々に配送してくれるというサービスを行っているお店もあります。次の章でご紹介しています。

スポンサーリンク

母の日と父の日のプレゼントを一緒に購入できるお店を紹介

母の日と父の日のプレゼントを同時に選んだり購入することは、購入する側にもメリットがあります。

母の日と父の日のプレゼントを一緒に購入するメリット

金額的に釣り合うものを選びやすい

予算は同じようなものをあげるのが一般的ですが、先に母の日だけを購入している場合は、その金額に合うくらいの品を選ぶことになります。

しかし、「その金額だと父の日にちょうどいいものがない…」となってしまうことも。同時に選ぶと、「これとこれなら同じくらいの金額だな」という基準で選ぶことができます。

デザインなどが共通しているものを選びやすい

店頭でもインターネット上でも、同じ店で購入した方がラッピングやメッセージカードの無料サービスなどの面で、共通性をもたせることができます。

母の日にはメッセージカードが入っていたのに、父の日のプレゼントは一見「父の日」とわかるものが入ってない…というのは残念です。

また、お店が同じであれば、お花、食べ物、ファッション小物といったように、物自体は別々だけど同じジャンルの商品を取り扱っていることがほとんどです。

そのため、選ぶものにも自然と統一性が出てくると思います。

母の日と父の日に別々に配送してくれるサービスがオススメ

私は両実家ともに遠方のため、毎年インターネットで購入しているのですが、気になっているのは、楽天市場のこちらの商品です。

母の日と父の日を別々に配送しても送料は1回分のみで、美濃焼の夫婦茶碗セットをそれぞれの日に送ってもらうことができます。

上の章に書いたように、店頭購入の場合なら別々にラッピングをしてもらって、それぞれの日に渡すことができますが、インターネットでペアギフトを購入すると、一度にまとめて送られていまうことがほとんどです。

そのため、片方の日のプレゼントにするか、一度あなたの自宅に届けてもらってから別々にラッピングする必要がでてきてしまいます。

これなら、父の日に届いた時にペアだったと気づくサプライズもできますし、購入が一度で済むので時間がない方でも安心ですね。

楽天市場では他にも【母の日に花盆栽、父の日に松盆栽が届く盆栽ペアセットなどがありました。こういった、同時注文で別々に配送サービスをしてくれるお店が増えてくるとありがたいなと思います。

まとめ

母の日と父の日にペアギフトを贈るときには、ぜひこの記事を参考に選んでみてください。

一番大切なのは日頃の感謝の気持ちを伝えることですが、ペアギフトには「いつまでも仲良くしてほしい」という気持ちも伝えることができます。

スポンサーリンク

両親に喜んでもらえるようなギフトが見つかると良いですね。