免許更新ハガキ違反記録に覚えがない 間違いはある?違反履歴の確認方法は?

運転免許証の更新連絡ハガキが届いて、「こんな違反した記憶ない!」と驚く人は結構多いようです。

私の友人も先日「次の免許更新でゴールドになるの楽しみにしてたのに、違反1回してることになってて、次はブルーて書いてあるんだよね…なんでだろ?」と悩んでいました。

結果、友人の勘違いだったんですが、本人は「そんなの知らなかったー」と。

だいぶ前のことになると、人の記憶は曖昧になりますしね。

免許更新ハガキの違反記録に身に覚えがない場合、どうしたら良いのか?何かの間違いということはあるのか?というのが、気になると思います。

また、違反内容の詳細を自分で確認する方法があるのかについてもご紹介するので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

免許更新の違反内容に覚えがないときどうする?

免許更新ハガキに書かれている違反内容を見て、身に覚えがないときは必ず問い合わせをしましょう!

本当に違反をしたのかどうか…どんな違反をしたのか…を確認してもらうことができます。

免許更新ハガキについての問い合わせ先は?

免許更新ハガキの違反履歴については、最寄りの警察署や免許センター(免許試験場)が問い合わせ窓口になります。

電話でも受け付けはしてもらえますが、電話口が”本人”だと確認するのが難しいので、「直接来てください」と言われる場合もあります。

中には「電話したものの何か所もたらい回しにされて、時間が無駄になった」という人もいます。

訪問するときには、免許更新ハガキ・運転免許性・車検証を持っていくのをお忘れなく!です。

免許センターで確認する場合は、免許証更新手続きに行く当日でも問題ありません。

ですが、確認に時間がかかるかもしれないので、講習などの開始時間に余裕を持っていくことをお勧めします。

もしかしたら講習区分が変更になるかもしれないので、一番確実なのは前日までに確認を済ませておくことですね。


スポンサーリンク

免許更新ハガキに間違いはある?

まずは、あなた自身が勘違いをしてしまってないかを、ここで改めて確認しておきましょう。

今回の免許更新の運転者区分(優良・一般・違反者)を決めるのは、前回の更新から今回の更新までの違反の回数ではありません。

正しくは、“今年の誕生日の41日前の日”から過去5年間の違反の回数」です。

免許更新時の運転者区分は、誕生日の41日前を基準日として判断されるので、前回の更新直前に違反をしていた場合、今の免許証にはその違反が反映されておらず、今回(次)に発行される免許証に反映されることになります。

詳しくは、免許更新ハガキ到着後に違反はゴールド取消?直前や前日なら反映されない?をチェックしてくださいね。

免許更新ハガキが間違っている可能性もゼロではない

あまり考えたくないですが、交通違反をして警察に捕まった誰かが、あなたとして偽ったという可能性もゼロではありません。

違反をしたときには、自分の押印(サイン)や連絡先の記入しますが、その用紙が警察に残っているはずなので、そちらを確認してもらえれば「自分が書いたかどうか」がわかりますよね。

また、何かしらの機械ミスという可能性も無いとは言い切れず、実際に過去に同じようなケース(違反してないのに違反履歴に記載されていた)があったようです。

自分の記憶が間違ってるのかな?と思い出しつつ、解決しなければ必ず問い合わせる・申し出ることをお勧めします。

免許証の違反履歴を確認する方法紹介

免許証の違反履歴を自分の目で確認するには、「運転記録証明書」というのを取り寄せる方法があります。

運転記録証明書の発行元は警察署ではなく、自動車安全運転センターです。

ただ、請求自体は最寄りの警察署などで行うことができます。

運転記録証明書に書かれていることは?どんなことがわかる?

運転記録証明書には…

・請求者(対象者)の住所と名前、生年月日
・免許証番号
・違反した年月日、違反内容、点数

これらが記載されています。

違反した”場所”は書かれてないので、日付と内容から思い出すしかありません。

運転記録証明書を取り寄せる方法

運転記録証明書(経歴証明書)の申込用紙は、警察署・交番・駐在所・自動車安全運転センター事務所に置いてあります。

その用紙に必要事項を記入して、手数料(1通670円)を添えて、ゆうちょ銀行・郵便局・自動車安全運転センター事務所の窓口から申し込みます。

その場で貰えるものではなく、1~2週間程度で自宅へ証明書が送られてきます。

更新手続きに行く日まで日にちが無い場合は、直接警察や免許センターに確認に行ったほうが、結果は早くわかりますね。

スポンサーリンク

まとめ

運転免許証の更新ハガキの違反履歴に身に覚えがないときの対処法についてご紹介しました。

何かの間違いで良い方へ逆転すると嬉しいんですが…友人が聞いたところ「基準日のことを理解していなく、過去のことを意外と憶えていない人が多い」とのことでした。

確かに、違反した直後は罰金で悔しくても、さすがに5年も経つと記憶に自信がなくなるかもしれません。

ただ、間違いという可能性もゼロではないので、思い当たらない方は問い合わせしてみてくださいね。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました