七草粥のセットはスーパーでいつから買える?値段は?コンビニでも購入可能?

1年の無病息災を願い、年末年始の食べすぎによる正月太りやむくみ解消も期待できる「七草粥」を、1月7日にいただく風習は根強く残っています。

七草粥に使われる「春の七草」と呼ばれる七種の野草は、時期が来るとスーパーなどでセットで売られる光景が見られます。

いつ頃から買うことができて売り切れることはあるのか、購入する場合の注意点と価格相場、コンビニでも購入することができるのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

七草粥を作る春の七草セットはスーパーでいつから購入可能?

春の七草とは、「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」の七つの野草のことをいいます。

ただし、実際にこの七つの野草を野原で手に入れてくるのは現実的には難しいです。

一般的に春の七草が生える時期は2月の初めころが多く、雪が降り積もる地域では芽を出すことはありません。

また、生える場所も身近に自生しているものばかりではなく、探しだしたり、本物かどうかを判断するのが困難だからです。

七草粥セットや春の七草セットをスーパーで買うのが主流

自分で手に入れることが難しい春の七草は、農家の方が食用に栽培した品種を購入するのが一般的です。

昔は八百屋で個々に7つの野草を買ってきて調理する家庭も多かったですが、今は個々に品ぞろえしている八百屋も少なくなり、スーパーで7種がセットにパック詰めされているものを買うのが主流で手軽です。

イベント・季節ものなので入口付近の目立つ場所や、野菜コーナーに陳列されることが多いのでチェックしてみましょう。

スーパーの七草粥セットや春の七草セットはいつから売られる?

1月7日に七草粥をいただくために、早いところでは年末やお正月明けから、遅くても1月4日頃には売られ始めます。

野草なので早めに購入してもすぐダメになるものではないのですが、一番購入する方が多い&おすすめなのは1月5日か6日です。

その理由は、年明けすぐに出回っているもの(売られているもの)は年内に収穫された七草で、鮮度が落ちている可能性があるからです。

スーパーの七草粥セットや春の七草セットは売り切れる場合もある?

七草粥は、1月7日の「朝食」でいただくのが良いと言われています。

もちろん時間や家庭の都合で、昼食や夕食にゆっくりいただくという方もたくさんいますが、やはり1月6日までにセットを準備しておく人が多いです。

そのため、地域や店舗によっては1月6日の夜時点で売り切れとなることもあります。

「必ず1月7日の朝食で使いたい!」という場合は、買いに行くのがあまり遅くなりすぎないように気を付けましょう。

売り切れとは逆に、売れ残ってしまいそうな場合は値下げを始める店舗がほとんどなので、次の章を参考にしてくださいね。


スポンサーリンク

七草粥を作る春の七草セットの値段は?値下げはいつ?

スーパーで売られる七草粥を作るための「春の七草セット」は、縁起物なので、冷静に考えると「ちょっと高いかな?」と思うこともあります。

同じ地域で同じ商品でも、スーパーごとに値段の開きがあるので、何店舗か見て回る方もいらっしゃいます。

相場は七草粥2人分くらいの量がパック詰めされて298円(300円)くらいが多い印象です。

高いお店や商品では500円くらいするセットや、チラシ掲載のタイムサービス時に値引きされることもあります。

スーパーの七草粥セットや春の七草セットが値下げされるのはいつから?

1章でご説明したように、中には6日のうちに七草セットが売切れて購入できなくなるお店はあります。

しかし、中には売れ残る可能性を予測して、大幅な値引きを始めるお店も多いです。

7日の朝食に七草粥をいただくためには、6日中に購入しておく必要があるため、1月6日のうちに値引きされる光景はあまり見かけません。(状態が悪いものなどが見切り品で出る可能性はあり)

1月7日当日になると、398円が298円のように100円引きとなっていたり、夕方に近づくと1パック100円くらいで売られる店も出てきます。

また、2パック合わせて本来の1パックの値段で「まとめ売り」するお店も見かけました。家族の人数が多い場合は良いですが、2人分で十分な場合はお得とはいえ悩みますよね。

元々「1月7日の夕食に食べよう」と計画している家庭であれば、当日購入した方が安く買える可能性は高いと言えます。売り切れている場合もありますが…。

ちなみに1月8日になると、野菜コーナーなどから春の七草セットは一気に消えますが、「見切り品」としてワゴンなどに残っていることもありますよ。

七草粥が好きな人や、どうしても1月7日に食べられなかった人には良いですね。

七草粥や春の七草セットはコンビニでも購入可能?

スーパーや八百屋などの店舗が徒歩圏内やすぐ行けるところにない場合、一部コンビニでも「春の七草セット」が売られていることがあります。

ローソンストア100では今年(平成29年)は400円程度で七草セットがパックで売られていました。

残り1パックで売り場に余裕があったので、意外とコンビニで購入する人も多いのかもしれません。

七草セットと一緒にレトルトの白粥を購入すれば、ご飯を用意する手間も省くことができますね。

しかし、一人暮らしや料理や苦手な人、七草粥が苦手な家族がいて自分だけ食べたい人は、こう思う人も多いのではないでしょうか?

確かに、七草セットを300円~400円で買って作る手間を考えると、同じ値段で出来合いのものを買ったほうが楽なのではないか?と。

そんな方は、調理済みの七草粥をコンビニでGETしましょう!

セブンイレブンでは調理済みの七草粥を購入可能

セブンイレブンでは、350円で調理済の七草粥を購入できます。七草セットを購入するのとそんなに変わりないですね。

電子レンジでチンするだけで食べることができ、付属の塩で自分好みの濃さにできるのも人気のポイントです。

「七草粥」だけではなく「七草そば」という商品も発売されていて話題なので、蕎麦好きな方は要チェックです!

ローソンやファミリーマートは2017年時点では「七草粥」の販売はなかったようなので、これからに期待ですね。


スポンサーリンク

まとめ

七草粥を作るための春の七草セットについて、購入できる場所や値段、コンビニで買える商品をご紹介しました。

調理法や味付けでアレンジすることで美味しく食べることもできますので、ぜひ風習にならって体に優しい食事で胃腸を休めてあげたいですね。

七草やお粥があまり好きではない人は、「七草粥が苦手や嫌いな人が他の野菜やメニューで代用する時のおすすめは?」を参考にしてくださいね。