青森ねぶた祭り

夏(6~8月)のお出かけ・イベント

青森ねぶた祭りの観覧場所や場所取りのおすすめ 立ち見のねらい目は?

青森県で毎年8月2日~7日にかけて行われる青森ねぶた祭り。ねぶたの運行コースには有料の桟敷席が設けられますが早い段階で売り切れてしまうことも。しかし、有料観覧席を購入しなくても無料で座って見ることも可能です。場所取りの時間や交通規制、座って見る場合でも立ち見の場合でもオススメの場所についてご紹介します。
夏(6~8月)のお出かけ・イベント

青森ねぶたの楽しみ方とは 盛り上がるのは何日目?どこで見ると良い?

青森県では、毎年8月2日~7日にかけて「青森ねぶた祭」が行われます。眺めるだけでなく自らも参加できるお祭りということでも人気です。初めて行く方でもわかりやすい青森ねぶたまつりの魅力や楽しみ方、日程やおすすめ観覧場所についてご紹介します。
夏(6~8月)のお出かけ・イベント

青森花火大会の有料観覧席 ねぶたを見るならどこ?無料の穴場場所は?

例年8月2日~7日にかけて行われる青森ねぶた祭りには、全国から250万人以上の観光客が、和紙で作られた迫力あるねぶたを楽しみにやってきます。最終日の7日夜には、青森港にて花火大会とねぶたの海上運行が行われ、花火とねぶたの豪華なコラボレーションが味わえるとして人気のイベントとなっています。花火大会とねぶたの海上運行をゆっくり楽しむために有料観覧席が設けられていますが、場所によって金額や見え方に大きな違いがあります。どこの有料観覧席を購入するか悩んでいる時の選び方や、購入できなかった場合に花火を観ることができる無料のオススメ場所をご紹介します。
夏(6~8月)のお出かけ・イベント

青森ねぶたは有料観覧席で!桟敷席の人気の理由とおすすめ場所紹介

例年8月に行われる青森ねぶた祭り。ねぶたの運行コースには有料の観覧席が設けられ、座ってゆっくり鑑賞することができます。事前予約制ですが、桟敷席とイス席の違いや、運行コースのいたるところに有料席があるので、どこを購入しようか悩んでしまうことも。有料観覧席の特徴や違い、それぞれのおすすめ場所について紹介します。
タイトルとURLをコピーしました