結婚・結婚式の悩み

結婚の挨拶での手土産の相場や渡すタイミング どんな言葉を添える?

結婚することになり、相手の実家へ挨拶へ行くことになった時に持っていく手土産。「金額は?」「何を選ぼう…」という購入前の悩みから、「いつ渡そう?」「どうやって?」という渡す時の悩みまで、不安な気持ちは募るばかりだと思います。相手の家族に良い印象を持ってもらう機会になるように、きちんとマナーを身につけて望みましょう!
結婚・結婚式の悩み

結婚の挨拶での女性のマナー 両親の呼び方や会話の流れを紹介

お互いの結婚の意思が固まり、まず行うのが双方の両親への結婚の挨拶ですね。初対面はもちろんのこと、交際相手として紹介されたり、何度か会っている場合でも、また違った緊張感や不安があるものです。「認めてもらえるだろうか…」という不安な気持ちを少しでも楽にするためにも、マナーや当日の流れを頭に入れて、気持ちを楽に挨拶の日を迎えたいですね。ここでは、女性が男性の親へ挨拶に伺うときのことを実体験をまじえてご紹介します。
結婚・結婚式の悩み

結婚の挨拶での女性の服装 冬のタイツやパンツはOK?夏の注意点は?

結婚相手の男性の親に挨拶に伺うというのは、初対面はもちろんのこと、何度か会ったことがある方でも緊張することですよね。「どんな服を着ていったらいいんだろう?」「印象良く思ってもらいたい!」と悩みや不安は尽きることがありません。私は北海道で真冬の挨拶でしたので、厚手のコートや黒いタイツ、ブーツを履いていいのかについても相当悩みました。夏には夏で、悩む点がたくさんあります。この記事が、同じように悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。
食べ物・飲み物

麦茶のおいしい入れ方を紹介 水出しと煮出しでの日持ちや味の違いは?

日本人に古くから愛されている麦茶。大麦が原料の麦茶はミネラルやビタミン、たんぱく質、亜鉛、カルシウムなどが豊富に含まれており、整腸作用や血栓を防ぎ心筋梗塞、脳卒中を予防する効果もあると言われています。また、紅茶や緑茶などに含まれているカフェインも含まれていないので、小さいお子さんや妊娠中の女性、就寝前でも気にせずに飲むことができます。 市販でもたくさんの種類が売られていますが、コストを考えて自宅で麦茶を作っている方も多いようです。 そのときに美味しく入れる方法や、水出しと煮出しでの違いをご紹介します。
春(3~5月)の行事

鯉のぼりを出す時期としまう時期は?何歳まで飾るか決まりはあるの?

5月5日は端午の節句ということで、こいのぼりが揺れているお宅をたくさん見かけます。いつから飾って、いつ仕舞ったらいいのか、気になっている人も多いのではないでしょうか?また、鯉のぼりはその子が何歳になるまで飾るといった決まりはあるのかについて、ご紹介します。
食べ物・飲み物

麦茶の容器の洗い方 簡単な茶渋の落とし方と白い汚れの正体とは?

自宅で麦茶を作って、常に冷蔵庫にストックしているというご家庭も多いのではないでしょうか。よく見ると、麦茶を入れている容器に茶渋や白い汚れが見えませんか?そのまま口に入るものなので、衛生面には気を付けたいですよね。洗い方のコツと、茶渋や白い汚れがついてしまっている時の簡単な落とし方をご紹介します。
夏(6~8月)の行事

父の日プレゼントで安いけど嬉しいものは?1000円以下のオススメ紹介

「父の日」に父親への日頃の感謝や、労いの気持ちをこめて贈り物をしたいけど、あまりお金をかけられないという人もいますよね。そこで、安いけれど父親に喜んでもらえる商品をご紹介します。
紫外線・日焼けの悩み

日焼け止めの寿命とは 未開封の場合の使用期限とオススメの保管方法

お肌の大敵である紫外線から、皮膚を守るために使用する日焼け止めクリーム。普段使い用のSPF値が低めの商品と、レジャーやアウトドア用のSPF値が高めの商品を使い分けている人も多いです。私もそうしています。でも、使う機会が限られている分、中途半端に余ってしまうこともあるんですよね。高価なものだとなおさら捨てるのはもったいないですよね。日焼け止めクリームには寿命があるのか、未開封の場合はいつまで使えるのかについて、ご説明します。
引越しの悩み

引っ越し挨拶で不在や留守の時ドアノブに粗品掛ける?メモや手紙の文例紹介

引越しの挨拶で不在が続くと、粗品やメモに書いた手紙をドアノブに掛けちゃおうかな?と思いますよね。引っ越し挨拶がなかなか会えないときの対処法や、手紙の文例をご紹介します。
紫外線・日焼けの悩み

日焼け止めは肌に負担?紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の影響と見分け方

紫外線によるシミ・シワ対策には欠かすことのできない日焼け止め。しかし、肌が弱い人やアトピー体質の人は、日焼け止めの成分により肌が負けてしまい、赤みや痒みがでてしまうことも…。こういった肌トラブルの原因となりやすい紫外線吸収剤や紫外線散乱剤とは、どのようなものなのか。その見分け方を知り、あなたの肌に合った日焼け止めを選びましょう。
タイトルとURLをコピーしました