「 七夕 」一覧

仙台七夕祭りはなぜ8月?飾りの意味や楽しめる期間 見所まとめ

仙台七夕祭りはなぜ8月?飾りの意味や楽しめる期間 見所まとめ

毎年、全国から200万人以上が楽しみに訪れる宮城県の仙台七夕祭り。このためにたくさんのツアーも組まれ、青森の「ねぶた祭り」や秋田の「竿燈祭り」とまとめて、東北三大祭りの一つといわれています。七夕で短冊に願い事を書いて竹に飾るなどの行事は7月7日にしている方が多いと思いますが、仙台七夕祭りは8月6日から9日に開催されます。なぜ、7月ではなくて1か月遅れの8月に行うようになったのでしょうか?仙台七夕祭りが7月ではなく8月に開催される理由や、豪華な飾りの意味と楽しめる期間、お祭りの見所をまとめて紹介します。

仙台七夕の花火に子連れで行くなら有料席?車で行けるオススメ場所は?

仙台七夕の花火に子連れで行くなら有料席?車で行けるオススメ場所は?

毎年8月6日~8日の3日間、宮城県仙台市で「仙台七夕まつり」が開催され、5日の花火大会は相当な混雑になります。仙台七夕の花火を子どもと一緒に楽しむために、見やすい有料席の詳しい内容や、車で行って花火を見れる場所をご紹介します。

北海道の七夕が8月な理由 他の地域は?ろうそく出せってどんな行事?

北海道の七夕が8月な理由 他の地域は?ろうそく出せってどんな行事?

私は生まれも育ちも北海道で、昔から北海道の七夕は8月7日だと教えられていました。「ロウソク出せ」という当時楽しみにしていた年1回のイベントも8月7日に行われていました。しかし、テレビで「本日は七夕で…」と伝えられるのは7月7日のことが多いです。なぜ北海道は8月7日が七夕ということになったのでしょうか?また、全国でも8月7日を七夕としている地域があるのでしょうか?北海道の一部で行われている「ロウソク出せ」というイベントについてもご紹介します。