スキナベーブいつまで使える?評判や効果 肌荒れについて実体験レポ★

赤ちゃんの沐浴の時に、お湯に溶かして(入れて)使うスキナベーブ。

出産準備品として用意する人も多いですし、色々なマタニティセミナーや陣痛タクシーのプレゼント、産院からもサンプルを貰いました。

スキナベーブは評判がとても良かったので、私はサンプルだけでなく本体も購入して、沐浴のときにずっとお世話になりました。

スキナベーブはいつまで使うのか、評判どおりで肌荒れなどなかったのか…を、実体験レポ―トします!

スポンサーリンク

スキナベーブはいつまで使える?余りはどうする?

スキナベーブは、「生後〇か月までしか使ってはいけない」と決められているわけではありません。

一般的に使用を終了する人が多いのは、「ベビーバスを卒業して、一緒に大きなお風呂に入るようになったら」ですね。

これは、スキナベーブを使うメリットや目的を整してみると、納得すると思います!

・【ボディソープを付ける→洗い流す】の手間が一切不要

・上がり湯も必要ないので、ボディーソープの泡残りの心配も無し

スキナベーブを使って沐浴することの、特に大きなメリットがこの2点です。

赤ちゃんと一緒に大きなお風呂に入るようになれば、体を洗い終わった後に湯船に浸かると思うので、泡残りの心配はほとんど無くなります。

一般的には、産後1か月健診で「大人と同じお風呂に入って大丈夫ですよ」と許可が貰えるので、短い人だと使用期間はたった1ヶ月…というところでしょうか。

そんな私も、ベビーバスで沐浴するのが狭く感じてきて、生後2か月から一緒にお風呂に入るようになったので、スキナベーブも生後1か月末で卒業しました。

ベビーバスで沐浴する間はスキナベーブも使い続ける人も…

私の友人がそうだったのですが、お風呂場に暖房が行き届かず寒いので、生後半年近くまでベビーバスで赤ちゃんを入浴させていた人もいます。

父親(旦那さん)が腕をプルプルさせながら、頑張って入れていたそうです(笑)

なので、スキナベーブ本体が無くなるまでは使い続け、生後3か月くらいからベビー用ボディソープに切り替えたとか。

スキナベーブが余った!余りの活用法は?

スキナベーブの公式サイトには、↓このように書かれています。

Q.余ったときは?パパやママといっしょに入れる?

浴槽に入れて、パパやママといっしょに入ることができます。

スキナベーブには、あせも、湿しん、荒れ性といった肌のトラブルを防ぐ効果があります。

肌荒れ等のトラブルを起こしがちな方にもお使いいただけます。

参考:https://www.babycare-net.com/products/qa/「スキナベーブ 商品Q&A」

このような使い方で、入浴剤代わりにお風呂(浴槽)に入れて使い切ったという声をよく目にしました。

また、赤ちゃんが熱を出してお風呂に入れない時や、ウンチでオムツかぶれを起こしてしまったときに、スキナベーブを薄めたお湯で拭いてあげるのも良いですね。

私が使い切れずに残ってしまった分は、ほんの微量だったので、少し後に出産した友達に「試してみる?」とそのまま譲りました。

ドラッグストアや西松屋などのベビー用品店で取り扱っているスキナベーブは、ほとんど500mlボトルだと思います。

実はこれは大きいサイズの方で、小さいサイズ(200ml)も存在しているんです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スキナベーブ(200mL)
価格:1023円(税込、送料別) (2019/9/27時点)

楽天で購入

↓このブログに書いてあったのですが、よく見かける500mlボトルを買ってしまうと、1日1回の使用で3か月以上も使えてしまうとか…

>>「スキナベーブどのくらい使う?500mlなら何回分?小さい容量取扱店は?」

なので、私もネットで200mlを購入したんですが、生後1か月で沐浴卒業のときにちょうど良く使い切れたので、200mlを選んで正解でした★

スポンサーリンク

スキナベーブの評判や効果は実際のところどうだった?

育児雑誌やネット上では、オススメという意見をよく見かけるスキナベーブですが、中には否定派の産院もあるようです。

よく見かける意見は

・代謝が活発な赤ちゃんは、せっけんなどを使って洗わないと汚れがたまってしまう

・特に夏場は暑くて汗をかきやすいので、毎日せっけんなどを使うべき

というような「スキナベーブでは洗浄力が足りない」というものです。

この評判が気になる場合は、自分が出産予定の産院の助産師さんに「沐浴剤(スキナベーブ)を使おうと思うんですけど、ボディソープとか最初から使ったほうがいいですか?」と聞いてみると安心できますよ。

あとは、生まれた赤ちゃんの肌質&体質によって合う合わないがあるはずなので、赤ちゃんの肌の様子を見ながら、サンプル→本製品へ切り替えるのも良いと思います。

スキナベーブを使う効果やメリットは見えないところにも…

スキナベーブの一番の魅力、それは”楽”なことです♪

出産後の節々がバキバキに痛い体で、何もかもふにゃふにゃな赤ちゃんを沐浴するのって、最初のうちは本当に大変です!

オムツを取ったタイミングでシャーッと飛ばされたり、沐浴中にミルクを吐き戻したり、ハプニングも多数(笑)

そんな中で「あ!目に入っちゃった!」「泡で赤ちゃんが滑っちゃう~!」「掛け湯に使う桶、出しておくの忘れた!」なんてバタバタもよくあるんですよね。

そう考えたら、用意するものはベビーバスだけでパパパッと準備から入浴までを終わらせられるスキナベーブは、とっても”楽”で”安心”でした。

産後のボロボロな心と体には、少しでも楽ができるアイテム、安心できるアイテムは有難かったですよ♪

スキナベーブで肌荒れはしなかった?

「スキナベーブで沐浴していたら乳児湿疹が出ちゃった…」とネットに書いている人もいますが、私はその逆でした(笑)

時期的なものもあるかもしれませんが、スキナベーブの使用を辞めて、ベビーソープでお風呂の洗い場で洗うようになった生後2か月の半ば。

顔の頬と背中に湿疹が出てきたので皮膚科へ行くと、乳児湿疹だと言われました。

ただし、この時期は赤ちゃんの肌に油分が増え始めてくるので、湿疹が出る人の方が多いくらいだということを聞き、安心したのを憶えています。

ちなみにベビーソープの使用についても聞いてみましたが「ベビーソープが合わないことによる湿疹だったら、もっと全身に症状が出る気がします。」と言われました。

「スキナベーブで沐浴していたら肌荒れが…」という人は、もしかしたらですがちょうど乳児湿疹が出始めるタイミングだったということもあるんじゃないかな?と、今なら冷静に思います。

とはいえ、お肌に合う合わないには個人差があるので、もしスキナベーブを使い始めてから肌荒れや湿疹が目立つようになった場合は使用を辞めて、皮膚科で相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

スキナベーブはいつまで使うものなのか、使った感想などを私や友人の実体験を交えてご紹介しました。

個人的には【出産前後で買ってよかったものランキング】で上位にランクインするものですし、きっと第2子が生まれてもスキナベーブを買うと思います。

もちろんその時も、大容量の500mlではなく、安い&使い切りサイズの200mlですね。

それぞれ何回くらい使えるか?も、↓この記事に書いてあったので、参考になりました♪

>>「スキナベーブどのくらい使う?500mlなら何回分?小さい容量取扱店は?」

フォローする