コストコに公式通販ある?会員登録は必要?店舗購入とどっちがお得?

業務用サイズの食料品や生活用品などが安値で購入できるコストコは、大家族だと普通のスーパーで購入するよりも安上がりだったり、友達同士で購入後にシェアし合うのも人気なようです。

日本にも20店舗以上ありますが、自宅から遠くて行くのに交通費がかかったり、気軽に行くことが難しい場合は、年会費を払ってまで会員になるか悩んでしまいますよね。

今は楽天市場やアマゾンなど、ネット通販を利用する方が年々増えていますが、コストコに公式の通販サイトがあるかご存知ですか?

通販でコストコ商品を買いたいなと思った時に知っておきたい、通販サイトの仕組みやメリット・デメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

コストコの公式通販サイトはあるの?

日本含め世界各国に店舗を構えるコストコですが、公式の通販サイトはあるのでしょうか?

コストコ商品を取り扱う通販サイトはすべて非公式

コストコは、通販サービスを一切運営していません。そのため、ネット上でコストコ商品を購入できるサイトは、すべて非公式のものになります。

コストコの商品の仕入れは店舗で行うので、通販サイトで売っているのは本物のコストコの商品です。

そのショップにもよりますが様々な商品を取り扱っているので、店舗に行かなくても人気の商品を購入することができます。

コストコ商品を通販で買うと値段は高い?安い?

コストコの商品を仕入れ、ネット上で販売する通販代行業者(転売業者)は、手数料や人件費、利益や発送の際の送料を付加した金額で販売しています。

利益がなければ通販サービスをする意味がありませんし、送料がかかってしまうのも当然と言えば当然ですね。

上乗せする利益はその業者によって異なりますが、だいたい3割~5割くらい高い値段設定で販売しています。店頭で2,000円の商品が、3,000円弱くらい払わないと購入できないということです。

商品によっては、店舗価格の2倍や3倍で価格設定されている商品も…。これはちょっと驚きですよね。

「店舗より安く購入できるものは無い」と思って間違いありません。

コストコ店舗の価格より高く通販で売るのは違法じゃない?

店舗で決められた価格に大幅に上乗せして、利益がでるように転売するのは違法じゃないの?と疑問に思う人もいることでしょう。

コストコホールセール・ジャパンのHPに、このように書いてあります。

ビジネスメンバー(法人会員)

コストコホールセールのホールセールが卸売りを意味するように、コストコは、再販業や飲食業を経営している会員様にご満足いただける品々を揃えています。

少量からの購入が可能ですから、不必要な在庫を抱える事なく、新商品の販売を試す事ができます。
(一部抜粋)

引用:コストコホールセール・ジャパン「会員になるには?」

コストコには、個人会員(ゴールドスターメンバー)のほかに、法人会員(ビジネスメンバー)という会員種類もあり、仕入れ業者(再販業者)などの大口購入客も歓迎しています。

コストコホールセール・ジャパン(Costco Wholesale Japan)の「Wholesale」は「卸売り」を意味しています。

卸売り業者から仕入れた商品を、利益が出るように価格をつけて小売り販売するのは市場の流れとして何も問題はなく、違法な点はありません。

コストコホールセールで買い物をする利点

・ご家庭でご利用いただく商品も卸売価格でお買い求めいただけます。
(一部抜粋)

引用:コストコホールセール・ジャパン「コストコとは?」

このように、個人の一般会員に対してもビジネス会員と同じ卸売価格で販売することをサービスとしているので、一般会員の方が年会費が少し高く設定してあるのだと思います。

スポンサーリンク

コストコの商品を通販で買うとき会員登録や年会費は必要?

1章でご説明したように、コストコの公式通販というものは存在しません。

非公式の通販サイトは、コストコ実店舗の会員・非会員に関係なくどなたでも利用することができます。

取扱商品や価格、利用の流れ、送料については各ショップ・サイトで異なりますが、無料の会員登録が必要なところはあっても、年会費としてお金をとるところは私が調べたかぎりは見たことがありません。

どのような商品があるか、送料はいくら以上で無料になるかなど、1つ1つのサイトをしっかり確認したうえで利用することができるので、それを見るだけではお金がかかることはありません。

無料の会員登録をして、「やっぱり買うの止めた!」と退会するのも自由にできるので安心してくださいね。

コストコ商品の通販と店舗購入はどちらがお得?

コストコの通販サイトは何ら違法ではなく、安心して使えるものであること、しかし価格設定が高くなっていることはわかっていただけたと思います。

では、それぞれのメリットやデメリットを比較すると、どちらがお得なのでしょうか?

コストコ商品を店舗で購入するメリットとデメリット

メリット

*卸売価格で、1個当たりの単価が安い商品をまとめ買いできる

*輸入ものの食品やオーガニックのものなど、他で手に入りにくい商品も豊富

*未使用・使用問わず返品OKで、全額返金してもらえる

*新商品を見つけたり、広い倉庫(店舗)内を見て回る楽しみがある

*フードコートで食べられる食事が安くて美味しい

デメリット

*年会費(個人会員は4,400円、法人会員は3,850円)が必要

*混雑時は、大きなカートを持った人たちで店内・レジが混雑する

コストコ商品を通販で購入するメリットとデメリット

メリット

*たくさん、重いものを購入しても自宅まで届けてくれるので楽ちん

*年会費がかからない

*コストコが近くになくても人気商品を使う・食べることができる

*欲しい商品を自宅でゆっくり選ぶことができる

デメリット

*手数料や利益分、送料がかかるので価格が高い

*不良品の場合以外(購入者都合)による返品・返金対応はしていない

*元々コストコの商品は賞味期限が短めなので、届いたときには賞味期限が過ぎていることもある

コストコ商品を通販で購入するのがオススメな人は?

・行きやすい場所にコストコ店舗がない

・家族の誰も車を運転できないので、行くとしても公共交通手段

・一緒に連れて行ってくれる、会員になっている身内や友達がいない

・1年間で1回しか行かず、少量しか購入するつもりがない

このような方は、年会費を払ってでも会員になるというメリットがあまり感じられないと思うので、通販サイトを利用するのも良いと思います。

比べるポイントは【年会費+店舗までの交通費】と【通販サイトの送料】ではなく、【年会費+店舗までの交通費】と【通販サイトの送料+店舗価格との差額】になります。

あとは、コストコに行ってみたいか、行かなくてもいいので商品を自宅に届けてほしいかの違いですね。

スポンサーリンク

まとめ

一度行くと、目新しい商品やその圧倒的なボリュームに心奪われ、遠方だけど会員になってしまう…という人も多いのがコストコです。

私も決して北海道のコストコは近くないのですが、タイヤを格安で購入したり、一種のイベントとしてコストコに行くのを楽しみにしています。

コストコは、1年間以内に退会すると年会費が返ってくるサービスも行っています。一度行ってみて、そのまま継続するか、その場で退会してくるかを決めても良いのではないでしょうか。

コストコの会員について詳しくは、「コストコの年会費は戻ってくる?会員にならずに4人以上で入る方法」をお読みください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする